スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    「28点。こんな点数を取っても何とも思わなかった。」

    28点。
    普通に考えると衝撃的な点数です。
    しかしこの子はこんな点数を取っても
    「ふーん?」としか思わなかったそうです。


    今ではこの子も変わり、70点台
    目標は全教科80点の400点。
    信じられない事に70点台に危機感を感じ、
    「ヤバイヤバイ!」
    と言いながら頑張っています。

    同じ子供でこの差。
    一体何が原因だと思いますか?



    色々な要因がありますが、
    やはり一番大きいのは意識の変化でしょう。



    例えば小学生の時は90点~100点は別に珍しいことではなかった。
    それが中学校に入った途端、60~70点になる。
    テストの目的がそもそも異なるので平均点が下がるのは当たり前ですが、
    実際にその点数を取って、初めて
    「ヤバイ!」
    と認識します。



    ところがそれも回数を重ねるに連れて、
    周りのみんなもそういう点数だと言う事に気付き出し、
    「まぁこんなものか。」
    となります。
    要するに、危機意識が薄れたのです。



    冒頭の30点未満を取ったこの子も、
    当時は完全に意識が薄れていたので全く何も思わなかったのです。



    ここで注意したいのは、
    この意識は周りがいくら指摘した所で気付けない
    という事です。

    よく「何この点数!?もっと勉強しなさい!」
    というセリフを聞きますが、
    本人には全くその意識がないので理解できないのです。



    ではこの子がどのようにして変わったのかといいますと、
    色々あの手この手は使っていますが、ザックリ言うと、

    放置

    です。

    あまり知られていませんが、
    実はPHIでは席順も意識しています。
    適当に子供に好きな席を選ばせている訳ではありません。
    時々自分達で選ばせたりもしますが、
    大抵はマジシャンズチョイスと言う手法で、
    自分で選んだかのように思わせてこちらの思い通りに座らせてしまいます。


    このようにすることで、

    「周りを意識する環境

    をあえて作り出します。
    子供周りから言われるとやりたくなくなりますが、
    何も言われないと、周りを見て自分がどうするかを決める子も結構います。
    そのため、このように気付きやすい環境にしてあげることで、
    うまい具合に意識が変わってくれる事があるのです。



    子供って意外と色々考えているものですよ。
    言って聞かせるのは一番お手軽な方法ですが、
    子供をよく見て(放置して)、
    「ここだ!」と思うタイミングで必要なもの(言葉)を与えてあげる。
    こちらの方が限界を越えてポーンと伸びたりするものです。

    最も、いつ変わってくれるタイミングが来るかはわかりませんが(^^;



    スポンサーサイト


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    「一生懸命教えてくれているのはわかってる。でもこれじゃ私は変われない。」

    PHIに入って変わった!

    最近来年度に向けての問い合わせと入会が相次いでおります。
    冬期講習目前という事もありドタバタしている所ではありますが、
    色々と考えて下さるのは嬉しい限りです。


    さて、本日はとあるから転して来た子が言っていたセリフです。

    その子は前のでも割とよく見てもらっていたようですが、
    全然成績が上がらず、四苦八苦していたとのこと。
    の先生はもちろんあれこれ相談に乗ってくれて、
    テスト勉強も割とよく見てくれたとの事。

    それでも成績が下がってしまい、
    PHIではやっている『あること』をやってくれと、
    その教場長に直接お願いした
    そうです。



    『あること』って何だかわかりますか?


    そう、答案分析です。
    するとその先生は、答案を見て

    「漢字は取ろうね。」
    「計算ミスしちゃったか。」
    「宿題をちゃんとやっておこうね。」


    という話をしてくれらそうです。
    その時、その子は

    「なるほど。よし、頑張ろう!」

    と思ったそうです。



    そしてそのまましばらく続けてみたものの、
    やっぱりシックリ来ない。
    いつもと変わらない気がする。



    そこでその子は

    「やっぱりPHIに行ってみよう!」

    と思ったそうです。
    PHIのうわさや話は聞いており、
    気にはなっていたとの事。

    こうしてPHIに面談を申し込むことを決意したそうです。



    PHIで面談が終わった後、
    その子もも相当衝撃を受けたそうです。
    同じように答案を見て、これだけの事を見抜けるのかと言って下さいました。
    に入れていれば成績が伸びると思っていたけれど、
    そうじゃないんだって事が身に染みて理解できた
    そうです。

    また、その子も今まで自分がやってきた勉強がなんだったのかわからなくなったそうです。



    も子も数週間悩んだそうです。

    は指導料が高い事を。
    子はPHIでついていけるのかどうかを(笑)




    その子は相変わらずの先生には良くしてもらっていたのですが、
    とうとうにこう言ったそうです。



    「今の塾の先生が一生懸命教えてくれているのはわかってる。
    楽しいし、わかるまで教えてくれるし。
    でもこのままじゃ私は変われないと思う。
    それに、今のままだとPHIの子たちの、
    あの勉強やり方に勝てる気がしない。




    これを聞いて、もPHIに通わせる決意を固めたようです。

    子供からこのように言ってくるってすごいですよね。
    私も感動してしまいました。



    面談で必ずお伝えしているのですが、
    PHIは親が無理矢理連れてくる場合には入会させません。
    子供が頑張りたいと言っている場合のみ応援します。

    これは一つのけじめです。
    子供は自らの意思で決定し、
    親がその意思を尊重し、認める。

    だから子供にも責任感が生まれますし、
    頑張ろうとする気持ちが強くなります。
    焦らず、慌てず、子供の変化を待つのも大切
    というのはこういうことです。
    勉強に限らず、ですよ(笑)


    《来年度に向けての学習法相談会》 ※無料
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
    来年度に向けての学習法相談会を実施致します。
    入るかどうかもわからないけれど、
    相談だけはしてみたいという方はぜひご利用下さい。
    また、人数が集まるようでしたら、出張による合同セミナーを開催致します。

    なお、来年度の募集人数

    新小4~小6 : 曜日により数名空きあり。
    新中1 : あと5名
    新中2 : あと1名
    新中3 : あと1名
    新高校生 : PHIの卒業生のみ

    となっております。

    ⇒ 詳しくはこちら
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――




    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    始めて見た時はワラかと思った(@_@;)

    数学やばい

    学校の数学がわからなすぎる子。

    もちろん今では平均点超えしていますが、

    PHIに来るまでは平均点に届いたことはおろか、

    いつも平均点を大きく下回っていた子でした。


    その子がこんな事を言っていました。



    「学校の数学がわけわからなすぎるんです。

    xとかyとかまでは何とかわかったんですけど、

    zとかwとか出て来はじめて、

    最初ワラとしか見えなかったですww」


    ワラっていうのはwwの事です。

    どうやらこの子はあまりにわけわからなくなりすぎて、

    文字式や方程式がゲシュタルト崩壊でも起こしたのでしょうか、

    単なる記号としか見えなくなったようです。


    不等式の時も

    「何この顔文字!?」

    とか言っていましたしね(^^;




    こういう子って数学の式に意味を感じていない場合がほとんどです。

    意味がわからないから単なる記号として認識する。

    だから解けない。



    一見数学が出来ていそうな子でも、

    これに当てはまってしまっている子は結構います。

    中学生くらいまでの学校の試験なら、

    学校のワークをそのまま覚えてしまってもある程度点になってしまいますからね。



    学校のテストでは点が取れるけど、模擬試験では点が取れないとか、
    中学までは数学ができたのに、高校に入ったらできなくなったとか、
    それらはこのタイプの可能性があります。


    ぜひ子供のつぶやきには耳を傾けてみて下さいね。
    勉強ができないヒントが意外と隠されているものですよ(^^)/



    《来年度に向けての学習法相談会》 ※無料
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
    来年度に向けての学習法相談会を実施致します。
    入るかどうかもわからないけれど、
    相談だけはしてみたい
    という方はぜひご利用下さい。
    また、人数が集まるようでしたら、出張による合同セミナーを開催致します。

    なお、来年度の募集人数

    新小4~小6 : 曜日により数名空きあり。
    新中1 : あと5名
    新中2 : あと1名
    新中3 : あと1名

    新高校生 : PHIの卒業生のみ


    となっております。

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――



    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    私の点数と向き合ってよ

    疲れた


    とある女のがぼやいてました(笑)

    この曰く、の望みが高すぎてついていけないと。
    なるほどなーと思いました。


    おそらくほとんどのに言える事ではないでしょうか?

    である以上、子供期待するのは当然の事です。
    当然発破もかけるでしょう。
    しかし、その期待子供がついていけないとこのようになります。



    このはこう言っていますが、
    決して諦めている訳ではないですよ?
    つい本音が出ちゃった、みたいな感じで話していましたが、
    そうは思いつつも頑張っています。

    私が「よし、次は100点行こう!」
    とか言うと
    「無理無理!そんな頭良くないし!」
    などと言っていますが、
    そうは言いつつも
    「先生、先生」
    とよく聞いてきます。



    ま、認めてもらう事に飢えてるって感じです。
    きっと気付いていないだけで、どのもみなそうですよ。

    期待や理想を描くのもいいですが、
    その子点数と向き合い、
    その子の視点で努力を認めて
    あげて下さいね(^^)/




    来年度に向けての学習法相談会》 ※無料
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
    来年度に向けての学習法相談会を実施致します。
    入るかどうかもわからないけれど、
    相談だけはしてみたい
    という方はぜひご利用下さい。
    また、人数が集まるようでしたら、出張による合同セミナーを開催致します。

    なお、来年度の募集人数

    新小4~小6 : 曜日により数名空きあり。
    新中1 : あと5名
    新中2 : あと1名
    新中3 : あと1名

    新高校生 : PHIの卒業生のみ


    となっております。

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――



    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    今までみんな褒めてくれたのに、PHIの先生には怒られた。

    文法

    とある生徒がPHIに来た時の事を話してくれました。

    その子は今までいくつもに通って来ているのですが、

    それぞれの



    「Aちゃんは良くできるから大丈夫。」

    「この成績なら志望校にも行けるよ。」




    と言われ続けていたそう。

    特に英語は本人も自信があったようで、

    自分もできると思っていたし、

    今までのの先生にも



    「このままで大丈夫」



    と言われてきたとの事。





    ところが成績は下がる一方。

    そこでPHI学習法相談で分析してビックリ!

    自信があった英語にまさかのダメ出し!



    「この点の取り方、全然ダメだね。

    これじゃ中3になって足元救われるよ?」




    と。

    本当は本人が言われた事をよく覚えていて、

    もっと詳しく話してくれたのですが、

    どんな分析をしているのかは企業秘密なので割愛(笑)







    「ありえないと思ったんですよ。

    得意だし、自信もあった英語でなんでこんな事言われるんだろう。

    って悲しくなったんですよ?

    でもよく考えてみたら勉強のやり方とか指摘された通りだし、

    思い当たる節もあったし。」








    他にもこんなことを話してくれました。







    「普通って、ぜひ来てください!みたいに話すじゃないですか。

    今まで見てきたはみんなそんな感じで誘われたんですよ。

    でも先生覚えてます?

    紹介もあったし、歓迎してもらえるかなって少しは期待してたのに、

    散々ダメ出しされた挙句、やるなら来い、やらないなら来るな、

    みたいに言ったんですよ。

    私ちょー怖かったんですから。」







    結局彼女はPHIを選びました。

    散々ダメ出しされた得意だった英語は、





    「こんな事もわかってないのに点数が取れて喜んでた自分がバカみたい。

    今なら先生がこんなんじゃ話にならないって言ってたのがわかる。」






    といいながら頑張ってます(笑)

    《来年度に向けての学習法相談会》 ※無料
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
    来年度に向けての学習法相談を実施致します。
    入るかどうかもわからないけれど、
    相談だけはしてみたい
    という方はぜひご利用下さい。
    また、人数が集まるようでしたら、出張による合同セミナーを開催致します。

    なお、来年度の募集人数

    新小4~小6 : 曜日により数名空きあり。
    新中1 : あと6名
    新中2 : あと2名
    新中3 : あと2名

    新高校生 : PHIの卒業生のみ


    となっております。

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――




    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    カレンダー
    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。