スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    教えられるようになって初めて本当に理解している証拠

    先日ちょっといいお話がありました。
    進学塾PHI 蘇我若草教室に通っている子が,クラスメイトに数学を教えてあげたところ,
    とてもわかりやすく,いつも苦手だった数学で点が上がったとの事でした。

    一見ただ生徒同士教えあっただけなのですが,
    PHI生徒にとってこれは大きな意義があります。

    PHIでは

    「教えられるようになって初めて本当に理解している証拠」

    「人に教えて初めて本物の学力になる」

    と話しています。
    そのため,子どもたちは教える事をためらわず,積極的に教え合っている珍しい塾です。

    実はPHI生徒に教えてもらうとわかりやすい」という話自体はよく聞く話なんです。
    しかし今回は学校で,男の子が女の子に,他塾に通っているライバル的なクラスメイトにも関わらず教えてあげたということで非常に驚きました。
    学習の場を通じて精神的にも大人になって行ってんだなと感じ,非常に嬉しく思いました。



    さて,本題に入りましょう。

    なぜ教える事が自分の勉強になるのか?

    そして

    なぜPHI生徒教え方はわかりやすいのか?

    実はただ教えるだけでは勉強にならないのです。
    多くのよく見かける生徒同士教えている光景の場合,ただ一方的に分かっている子がわかっていない子に話しているだけなので,自分の知識を再確認しているに過ぎないんですね。
    もちろんこれはこれで大きな意味があるのですが,教えられている方は大抵よくわかっていない事が多いのです。
    これじゃ教えた事になりません。

    PHI生徒たちは教える時に

    「その子がどうしてそういう間違いをしているのか」

    を考えているからわかりやすいのではないかと思います。
    PHIでは間違えた問題の解き直しを徹底しており,
    その中の1つに

    「なぜ間違えたのか考える」

    という直しがあります。
    そのため,間違えた問題を見たときに

    「なんで間違えたんだろう?」

    考えるクセがついているんですね。

    それゆえ,友達に教える時も自然とどうしてそういう間違いをしているのか考えて,
    そこを解決するように教えるからわかりやすいと感じる
    のだと思います。



    ではそれがなぜ自分の勉強にもなるのか?

    まず先ほども出たように,教える事は自分の知識の確認につながります。
    自分がよくわかっていなければ教えられないので,教える事により本当に理解しているか試せるという事ですね。

    実際生徒を二人並べて一人に教えらせると,途中で教えながら

    「で,いいんですよね?先生」

    と振ってくる子が結構います。
    これはその部分が教える側もあいまいな証拠です。


    そしてもう一つ。
    「どうして間違えたのか」を考えながら教えている子は,

    「違う理由,正しい理由を説明する力がつく」

    のです。
    これは非常に大きな力ですよ。
    たとえば選択問題などを解く時,

    「これは○○だから違う。これは○○だからあってる。」

    といった感じで正解・不正解の根拠を見つけられる力になります。
    つまり,適当に選ばないので,外す確率が減ります。



    これらの理由から,PHIでは「教える事」を推奨しています。
    教え方を見ていればその子の理解度もわかりますしね(^^)



    最後に上記を踏まえて保護者の方へのアドバイスをひとつ。

    子供勉強を教えて喧嘩になるという話をよく聞きますが,
    教えるよりも,教えてもらう方がいいですよ(笑)

    理由はもうわかりますよね?

    親が教えればそれは親の知識の確認になっているだけ。
    子供に教えらせれば,子供が自己解決力を身につける。

    親が子供勉強を教えようなんて思わなくていいんです。
    「私バカだったので…」
    とかそんなのも関係ないんです。
    子供に説明させて,子供から教えてもらうようにした方が子供は伸びますよ(^^)/

    コメント,相談もお待ちしております。
    学習法指導塾PHI 切替

    ↓ポチっと応援お願い致します(^^)
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 効果的な学習法など
    ジャンル : 学校・教育



    部活と勉強の両立

    新中1となった子はそろそろ部活も本格的に始まりだした時期でしょう。

    運動部に入ると早速体力的にキツくなり,疲れも見え始めているのではないでしょうか。

    さて,長年教育の現場に立っておりますと,

    部活勉強両立ができていないのですがどうすればいいですか?」

    という相談をよく受けるのですが,どのようにすれば部活勉強両立ができるのでしょうか。



    まず,中学1年生の4~5月。

    多くの方がは様子を見てから考える」と言います。

    しかしよく考えてみてください。

    この時点で部活優先の生活が決定してしまっている
    のです。

    だってそうでしょう?

    部活が始まって,生活に部活が馴染んでから勉強の事を考えてるのですから。

    中学2,3年で「なんで両立ができないんでしょう?」と相談されても,

    それを認めて来たんですから当たり前ですねとしか言いようがありません。




    ではどうすれば部活と勉強両立がしやすいのでしょうか?

    もしまだ小学生,もしくは中1が始まったばかりなら簡単です。



    勉強優先の生活を身につけさせてから部活に馴染ませる。



    のです。

    勉強優先だと両立じゃないんじゃないか?と思うかも知れませんが,
    そもそも部活と勉強はやる場所が違うので,平等には比べられません。
    しかしながらこれだけはハッキリしています。

    部活のストレスは半端じゃない!

    ということです。

    肉体疲労もさることながら,精神的疲労も非常に大きなものになります。

    そんな子供たちにとって,家とはどういう場所でしょう?

    くつろぎの場所になりますよね?

    それなのに家に帰ると親に「勉強したのか?」「勉強しなさい!」と言われる。

    誰の目も気にせずくつろげるはずの家がストレスの場所に変わる瞬間です(笑)

    そしてますます子供は勉強が嫌になりやらなくなる。

    結果部活と勉強の両立に失敗する。


    だから家で勉強する事が当たり前になっていないと勉強の両立はできない,

    つまり部活の生活に馴染む前に勉強する事を優先しておく必要があるのです。




    ではどのようにすれば勉強が当たり前の生活になるのでしょう?

    実はこれも簡単な事なのです。

    「勉強する時間を親が確保する事」

    です。

    勉強しなさいというよりも,親が勉強する姿を見せる。

    これに尽きます。

    勉強と言っても子供と同じ勉強をしなさいというわけではないですよ?

    親は親の思う勉強をすればいいのです。

    子供に机に向かわせる勉強をさせたければ,親も机に向かう時間を作る。

    本を読ませたければ,親も読書の時間を作る。

    新聞を読ませたければ,親も新聞を読む時間を作る。


    ただこれだけです。

    簡単でしょ?(笑)



    え?

    親には親のやるべき事があるからそんなことやる時間がない?

    ならばを活用しましょう。

    は勉強するのが当たり前の環境が整っています。

    とりあえずに行く間だけでも勉強時間は確保できます。

    とにかく大切なのは,自宅でやるにせよに任せるにせよ,

    部活が本格化する前に家庭での勉強を当たり前の環境にしておく

    事が重要なのです。



    指導してきた生徒の実例をあげてみますね。

    中学1年生の最初から入った子と中学1年生の冬に入ってきた子の差です。

    中1の初めに入っていた子は部活に入る前か入ったあとすぐの子だったので,

    部活があっても宿題もやるのが当たり前という意識が根付き,

    先生が宿題を出し忘れると「宿題は?」と自ら聞いてくるぐらい当たり前になっています。

    しかし冬から入ってきた子はやはりどうしても部活優先の習慣が抜けず,

    なかなか宿題を完結させる事ができませんでした。


    これはこの例だけの例外ではなく,わりとよくあることなのです。

    それゆえ,もし部活と勉強の両立を考えているのなら,

    部活が馴染む前,できれば部活が始まる前から勉強の習慣をつけさせる
    ようにして下さい。




    中2・中3の生徒はどうすればいいの?

    という声が聞こえてきそうですが,正直部活優先になってしまった生活を変えるのはそんなに簡単な事ではありませんから,今度別の機会にお話し致します(笑)


    コメント,相談もお待ちしております(^^)/
    学習法指導塾PHI 切替

    ↓ポチっと応援お願い致します(^^)
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村



    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中高生の親
    ジャンル : 学校・教育



    「魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えよ」

    「魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えよ」
    「授人以魚 不如授人以漁」

    老子の言葉です。



    これはどういう意味かと言いますと,

    食糧に困っている人に魚を与えるのは簡単です。
    ですが与えられたものを食べるだけでは,
    また魚をもらわないとこの人は生きていけません。


    ではどうすればこの人を本当の意味で生かせるのかと言うと,
    魚の釣り方を教えてあげることでしょう。
    釣り方を覚えれば,自分で魚を釣って生きていける事になります。

    有名な言葉ですし,言われれば「まぁそうだよな」と感じると思います。



    ではみなさんの周りの教育はどうなっていますか?
    お父さんお母さんは子供に教える時,

    「こうやりなさい。」
    「こうやるんだよ。」


    って教えていませんか?
    これは先ほどの魚の話にたとえるなら,
    『魚を与えている教育』になるわけです。
    もちろん初めは真似する事も重要です。
    しかし逆に「与えなければいけない教育」はそれほど多くはないのです。



    実は保護者の方が子供に勉強を教える時,
    このように『与える教育』をしているケースが多く,
    大抵の場合親子喧嘩に発展します。

    子供は本能的に『自立』することを目指していますから,
    『与えられる教育』に嫌気がさすんですよね。
    親からしてみれば「与えられないと生きていけないくせに」
    ってなるんですけどね(笑)



    ではどのような教育をするのが『釣り方を教える教育』になるのでしょう?

    簡単です。
    教えなければいいのです。

    こういう言い方をすると,保護者の方はもちろん,塾や学校の先生にすら
    「教えない先生なんていないのと一緒!」
    と言われるのですが,いなくていいのではなく,
    昨今の教育は教えすぎなのだと私は思います。

    我々が教えるべきは

    「疑問に対する答え」ではなく,
    「疑問に対して答えを見つける方法」


    ではないでしょうか?



    PHIで実際にこのようなやりとりがありました。



    生徒 「先生,なんで温暖前線は通過前に雨が降るのに,寒冷前線は通過後に雨が降るの?」

    先生 「さぁ?なんでだろ。どこか書いてない?」

    生徒 「見たんだけど,こうなるとしか書いてないんだよね。」

    先生 「あ,ほんとだ。こっちの図は見た?」

    生徒 「うん,見たんだけどよくわからない。」

    先生 「わかるところまで説明してみ?」

    生徒 「えーっと,こっちが温暖前線で,こっちが寒冷前線。」
       (↑前線面を指して前線と言っている。)

    先生 「本当に?これ前線?」

    生徒 「え?違うの?」

    先生 「前線を調べてみて?」

    生徒 「えーっと…地面と接している部分。あ,前線はここか!」

    先生 「そうそう。雲と雨は?」

    生徒 「雲はここにこうやってできて,雨はここに降る。」

    先生 「うん。で,前線はどっちに動くの?」

    生徒 「こっち。あぁ,だから温暖前線は通過前に雨が降って,寒冷前線は通過後に降るのか!」



    大体こんな感じで指導していました。

    どうでしょう?
    先生は「釣るべき魚」と「釣る方法」は与えていますが,
    「知識」は与えていません。


    これを先生が教えてしまうと,大体最後の雨の位置と動く方法で話が終わってしまいます。
    実際多くの子がつまづくのはこの部分ですから。
    でもこの子がわかっていなかったのは「前線と前線面の違い」なので,この説明をされても
    わかった気になるだけになってしまいます。


    この方法はご覧になってわかると思いますが,非常に時間がかかります。
    じっくり時間が取れないとできない指導というのが最大のデメリットではあります。

    しかしこの方法で学んだ生徒は,同じようなつまづき方をしたときに,
    自分で調べて学ぶ事ができる
    ようになります。
    もちろん一朝一夕でできるようになるわけではないので,
    何度もこの指導を重ねていく必要があるわけですが。

    でも一度身についてしまえば勉強方法は一生ものの財産になります。

    そしてこの指導は親でも十分できます。
    わが子であるという感情を抜かして,時間さえたっぷり取れれば(笑)
    でもできないわけではありませんから,教えるのがうまくいかないという方はぜひ試して見てくださいね。

    コメント,相談もお待ちしております(^^)/
    学習法指導塾PHI 切替

    ↓ポチっと応援お願い致します(^^)
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    はじめに

    はじめまして,学習法指導PHI 代表 切替と申します。

    このブログをご覧のみなさま。
    閲覧ありがとうございます。

    まずはじめに学習法指導PHIとは何か?
    についてお話していきたいと思います。

    PHIとは英語の「Why?(なぜ?)と
    ギリシャ文字の「φ(ファイ)」をかけ合わせて作りました。
    このφは空集合を表し,ゼロを意味します。

    この名称は,

    子供たちの「Why?(なぜ?)」を大切にし,
    φ(ゼロ・物の原点から)教えていく。


    そのような指導方針を表し名付けました。



    学習法指導PHIは実際に蘇我に教室を持っており,
    進学PHI」の名称で小・中・高校生達の指導にあたっております。
    また,遠方のお客様に対しての家庭教師,VODによる遠隔指導などを行っております。

    蘇我若草教室の立ち上げは2013年ではありますが,
    その指導に対する信頼と実績から,10~15kmもの遠方から,30~1時間もかけて
    電車通や保護者の方の送迎により通って下さる方もいるほど
    となりました。

    また,生徒の約8割の生徒が自己ベストを更新するなど,
    他では類を見ない伸び率を実現していることから,
    や学校関係者の方による指導法の相談やコンサルティング業務の依頼なども請け負うまでになりました。


    さて,そんな進学PHIですが,どのような指導をしているかと言いますと,

    『徹底した原理原則主義!』

    です。
    学年の垣根なんて関係ありません。
    子供が抱いた疑問はハードルが高かろうが入試に出なかろうが関係なく,
    勉強だろうが,遊びだろうが,人間関係だろうが,社会の理不尽さであろうが,
    子供が納得のいくまで,徹底的に疑問に付き合います。

    もちろん子供はきっかけを与えないと疑問を持ちません。
    その疑問を持たせる仕組み作りもPHIならではです。

    そして

    疑問に対して答えを与えない

    のもPHIならではの指導と言えるでしょう。

    答えを与えてしまうことは非常に簡単です。
    多くの指導者の立場の人は疑問に対して答えを与えて納得させている事と思います。
    しかしながら我々PHIは

    「疑問に対して疑問で答える」

    これも徹底しています。
    これにより,子どもたちは

    疑問を抱くだけではなく,自己解決する力

    まで身につけていきます。



    実際PHIの子供たちのチェックテストはかなり特殊です。
    ただ問題を解かせるだけのチェックテストではありません。
    白紙の紙が渡されます。
    それに与えられた主題を元に「まとめ」を作り上げていきます。
    もちろんテストなので何も見てはいけません。
    自分の頭の中にあることを,どんどん書き出してまとめを完成させていきます。

    このテストを見た保護者の方は大抵こう言います。

    「え?これ黒板写したんじゃないんですか!?」

    と。

    そうです。
    子供たちはまるで先生の授業を受けてきたかのようなノートを,
    家にいながら自分で完成させられるようになる
    のです。

    やってみていただければわかりますが,これは丸暗記ではできません。
    とても丸暗記できるような情報量ではありませんので。

    ではどうしてこのような事ができるのかと言いますと,

    「物事の本質」を理解していれば,
    それに派生や関連を付け加えていくだけ


    でできてしまうからです。

    当然これらは練習なくしてできることではありません。
    これができるようになるために,先生は勉強やり方
    も徹底的に指導します。
    ただやらせるだけでは子供たちはできるようになりませんから。
    それゆえ,勉強やり方は授業内容よりも重視して行います。
    多くの塾ではカリキュラムを重視しますが,
    それをストップしてでも勉強やり方の指導を重視します。
    その中身は見栄えの良さの指導から,間の取り方,図の描き方,
    場合によっては字の丁寧さの指導に至るまで,徹底してノート作りにこだわります。

    もちろんノートは綺麗であればいいわけではありません。
    頭に入らないような無駄に綺麗な売りに出せるようなノートではいけません。
    ちゃんと点にできるノート作りをさせる。
    ここにもPHIならではのこだわりとノウハウがあります。



    簡単ではありますが,このような指導をしているPHIが,
    もっと具体的に,どのような指導をしているのか,
    こういう時はどうするのか,親としてするべきことは何か,
    などを,学習法指導塾PHIとしてこの場でみなさまへお伝え,
    またご相談に乗る場として活用していけたらと考えております。

    どうぞよろしくお願い致します。


    コメント,相談もお待ちしております(^^)/
    学習法指導塾PHI 切替

    ↓ポチっと応援お願い致します(^^)
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    カレンダー
    03 | 2014/04 | 05
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。