スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    テスト直前の徹夜,意味ある?

    勉強に限らず,仕事で終われて,家事に追われて,子育てで…
    などなど,仕方なく徹夜した事もある人は多いのではないでしょうか?
    徹夜する理由は人それぞれですが,
    今回は子供のテスト勉強のための徹夜に絞って考えていきます。



    テスト前の徹夜,経験した事ある方はどれくらいいるでしょうか?
    私はよくやっていました。
    今となっては反省点ですが,やはりテストまでにテスト範囲の勉強が終わり切っていないとどうしてもやらなきゃって感じになっちゃうんですよね。

    でもですね,絶対やらない方がいいです。
    確かに範囲が終わっていないのは大問題ですが,
    寝ていないとも働きません。
    が働いていないとどうなりますか?
    そう,テストで点が取れません。
    せっかく徹夜して頑張った事も思い出せません。



    そもそも人間が寝なくていい生き物なら,進化の段階で睡眠時間はなくなってきているはずなのです。
    でも睡眠しない生き物って何がいますか?

    菌類・細菌類
    まぁこれらは寝ないでしょう。
    夜は活動しないから腐らないとか聞いた事ないですからね。

    微生物
    これも寝ません
    でも体を休める事はあるそうです。

    昆虫
    これは寝るそうです。
    寝ると言っても動物みたいな感じではなく,
    活動を休止するといった感じみたいです。
    面白い事に,疲れさせると活動を休止する時間が長くなるそうです。


    寝ます。
    原始睡眠と呼ばれる睡眠で,
    体を休める睡眠に近いようです。
    いわゆる動物のような熟睡とは違うので,
    泳ぎながらでも寝られるようです。

    トカゲなどの爬虫類
    これも寝ます。
    中間睡眠と呼ばれているようです。
    魚よりは進化した睡眠という感じです。


    寝ます。
    インコなどを飼った事があればわかると思いますが,ちゃんと目を閉じて寝ます
    ニワトリは朝起きてコケコッコーとやりますしね。
    ちなみに鳥は種類によっていくつか寝方があるそうです。
    の片方だけ眠らせる半球睡眠と,
    飛んでいる間でも一瞬だけ寝るというのを繰り返す睡眠です。

    そして哺乳類
    一見寝てなさそうな馬とかイルカなども寝ています
    哺乳類の寝方は環境により様々で,
    馬みたいに草原でいつ襲われるかわからないような生き物は
    基本的に立ったままうたた寝します。
    イルカはを半分ずつ休ませます。
    両方休んだら溺れてしまうからですかね(笑)



    さて,生物の進化と睡眠の関係を見てきましたが,
    何が言いたいかお分かりになりましたでしょうか?
    人間は寝る必要があるから睡眠を取る生き物として進化してきた
    という事です。
    よって睡眠を取らないという事は,人間としての活動ができなくなる事を意味しています。

    人間としての活動というのは,まさに””です。
    人間はを活用するようになったから,
    その脳の処理能力を維持するために睡眠が欠かせないのです。
    よって1日ぐらいと思うかも知れませんが,
    たった1日でも脳は疲れてどんどん複雑な事ができなくなっていきます。
    つまり難しい事を考えられなくなる。



    結局のところ,理想を言えば試験前でもちゃんと睡眠を確保するのが一番いいという事です。
    終わりきらないのはしょうがない!
    そもそも完璧な状態で試験に挑める人なんてそうそういません。
    「完璧な状態=満点を取れる」
    という事ですから。
    つまり満点を取る人,狙っている人以外は全員どこかで妥協している訳で,
    満点を取れなかった人は結局のところ終わりきらなかった事になってしまう。

    テスト前に範囲を全部終わらせようとするのは達成感と自己満足に過ぎないのです。
    出る問題がハッキリしているテストなら話は変わってきますけどね!
    そうではないなら,今までやったものをできるようにして試験に挑んだ方がいいでしょう。
    終わりきらない事が嫌なら,次の試験では終わりきるようにして下さい。
    そんな付け焼刃なやり方でやっていてはいつまでたっても成績は伸びませんよ?

    どうしても徹夜になってしまうという方はコメントどうぞ(^^)/
    学習法指導塾PHI 切替

    ↓ここまで読んで下さった方へ
    ↓クリックすると投票されます。
    ↓やる気の源なので応援お願い致します(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト

    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 効果的な学習法など
    ジャンル : 学校・教育



    音楽を聴きながらの勉強は大丈夫?

    よく「音楽を聴きながらの勉強はいいの?」と聞きますが,
    果たしてどうなのでしょうか?



    実は音楽を聴いていたら絶対にダメ!
    とは言えません。

    まず最初に音楽がいいか悪いかよりも,
    勉強の効率が上がるのか下がるのかという視点で考えてみましょう。



    パンクやロックなどのジャカジャカした曲はどうでしょう?
    これを聞くと勉強への集中力が上がるという人はいますか?
    ほとんどいないと思います。
    つまり,テンションが高い,ハイテンポな曲は向かないという事になります。



    ではバラードみたいなゆっくりした曲はどうでしょう?
    これは人によるんじゃないでしょうか。
    ただ聞き流す事が出来る人もいれば,
    聴き入ってしまう人もいるでしょう。



    では歌を歌いながら勉強できますか?
    できる!と言い張る生徒が何人かいましたが,
    実際に歌を歌わせながらテストを解かせたら,
    全員点数が下がりました!(笑)

    よって例外なくダメです!
    集中できませんし,しているとも言えません。



    ではカラオケはどうでしょう?
    自分が歌わなくて友達の歌を聴いているだけの状態で勉強できますか?
    おそらくほとんどできません。
    まず歌詞云々の前に,が大きすぎて集中力がそがれますよね。



    ではクラッシックやヒーリングミュージックは?
    クラッシックも曲調がゆったりしたのからハイテンポな曲まで様々なので一概には言えませんが,
    歌がないという所から考えても聞き流す事ができる人は多いと思います。
    レストランなどのバックグラウンドミュージックに使われやすい所以ですね。
    歌があるとお客様の会話を阻害しちゃいますから(笑)



    ではお経は???
    これですね,実際に試してみた事があるのですが,
    まー集中力がそがれますね(笑)
    というよりも,独特な雰囲気でそわそわしちゃう?
    みたいな感じです。
    しかしそれもしばらく続けていると違和感を感じずに勉強できるようです。
    お葬式に何かしらの強い思い入れがなければ,
    ほとんどの人が意味を理解できないでしょうから,
    聞き流しやすい方ではないでしょうね。
    むしろあの抑揚のない程に眠気を感じる人も多いのでは?



    という訳でどうでしょう?
    このように見ていくと,完璧に絞れないまでも,
    ある程度どういう音楽が良くてどういう音楽がダメか絞れてきませんか?

    人によって違うのであくまで一般論ですが,

    ・ハイテンポ,ハイテンションの曲よりは,
    ゆったりした曲の方が集中しやすい。

    ・歌詞はない方が集中しやすい。

    ・歌詞があっても理解できなければ集中しやすい。

    ・音量は軽く聞こえる程度が望ましい!


    と言えると思います。



    次に条件です。

    音楽がある方が集中力が高まる条件とは何でしょう?
    これは

    周りの音がうるさいとき

    です。
    完全に消す効果はさすがに難しいにしても,
    選挙の声,蝉の声,兄弟姉妹の遊ぶ声,テレビの音,工事の音など,
    いわゆる多くの子が勉強の時に邪魔だと感じる音に関しては,
    音楽を流す事である程度緩和されます。

    逆に音が全くない無音の状態だとどうでしょう?
    実はこれはこれで不安を感じる人が多いみたいなんですね。
    よって完全に無音の状態の時も何かしら音がある方が落ち着けると言えます。

    つまり,ちょっとした音が聞こえてくる,
    その程度がちょうどいいという事になります。
    川とか風の音とか,小鳥のさえずりとか,そういう自然の音は集中力を高めます
    逆に甲高い音や重低音,衝撃音や破壊音などは不快感を与えて集中力を途絶えさせます

    ということは…
    こう言っては何ですが,
    「夫婦喧嘩をしている隣で勉強なんてできる訳がない」
    ということになります。
    実際夫婦喧嘩と子供の学力にはある程度相関性があるというデータもありますしね。
    どうしても夫婦喧嘩をする時は,カラオケボックスでするか,
    「チュンチュンチュンっ!!!」
    「ピーチクパーチクっ!!!」
    って可愛い生き物の声で喧嘩して下さい(笑)



    さて,以上の事を踏まえますと,音楽を聴きながら勉強するのが大丈夫かわかってくるはずです。

    結局のところ,
    音楽を聴きながらで集中しているならOK!
    集中できていないならダメ!

    という事です。
    周りの環境がうるさいなと感じるなら音楽を聴きながら勉強するのもありでしょう。
    そうでない場合は単に音楽が好きだからという理由になっている可能性があります。
    好きで聴いていると聴き入ってしまいやすくなるので,あまり望ましくありません。



    ちなみにテレビ,ラジオは基本的に不可です。
    これはどちらも見てる,聴いている人を引き付けるために工夫して制作しているものなので,
    一時的に集中できてもちょろちょろと注意をひきつける仕掛けが飛び込んできます。
    そのたびに集中力がそがれます。
    よって基本的に不可です。

    基本的にと書いたのは,時々例外的テレビっ子がいるんですよ。
    正確にはテレビが好きというより,テレビをみんなで囲んでいるのが好きという場合が多いのですが,
    いわゆるお茶の間の団欒というやつですね。
    そういう子は本当にテレビを見ている訳ではないのですが,
    テレビの音が流れていると安心するらしいです。
    こういう子はテレビがついている方が集中できるそうです。
    まぁ,主に精神的にお子ちゃまな甘えん坊に多いスタイルですが(笑)



    最後に1/f ゆらぎについてお話しておきます。
    別名ピンクノイズとも呼ばれる”雑音”ですが,
    自然現象に多く存在する音とされています。

    それゆえこの効果をうたった商品は沢山あるのですが,
    実は科学的な証明はされていないそうです。

    しかし証明はされていないくても実際に集中力が高まる効果は認められたり,
    リラクゼーション効果も認められているようです。
    プラシーボ効果というのも大きいかもしれませんね。
    子供に「これを聴きながら勉強すると集中力が上がるみたいだよ。」
    と言ってCDを渡せばきっと喜んで
    「集中力が上がった気がする!」
    と言ってくるでしょう。

    それでいいんです(笑)
    思い込みから本当に効果が生まれてきますから。

    ちなみに私はモーツアルトが好きなので,こんなのを聞いてました。

      

    こういうCDの類はただ適当なクラッシックを流すのとは違って,集中力を切らさない曲を集めているので,
    勉強しながらの聞き流しにはちょうどいいですよ(^^)/

    コメント,メッセージ,遠慮なくどうぞ(^^)/
    学習法指導塾PHI 切替


    ↓ここまで読まれた方ポチっと応援お願い致します(^o^)
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 効果的な学習法など
    ジャンル : 学校・教育



    暗記の仕方

    暗記法は20年くらい前はひたすら書く,ひたすら読むといった方法が主流でしたが,
    暗記法も今では多彩になってきました。
    最近ではただ眺めるだけの暗記法なども出てきて,
    保護者の方の中には戸惑いを覚える方も少なくありません。

    1つずつ順を追って見ていきましょう。



    まずがむしゃらに書く暗記

    これは漢字や英単語などでよく使われる方法ですね。
    本当に根本的な,なんでそうなのかとかそういう事よりもまず覚えてしまわなければ話にならないような場合には,
    この方法が有効です。
    たとえばなんで「あ」は「あ」って読むの?
    とか,
    どうして「車」という字は「くるま」って読むの?
    とか。
    そんなのは雑学の域で合って,知ってても知らなくても入試に影響は出ません。
    そういうものは書きなぐって覚えてしまうの越したことはありません。

    この暗記法の欠点は,
    手に覚えさせるのが大変な上に,繰り返さないとどんどん忘れてしまう事です。



    次に単語カードなどをめくりながら覚える方法
    これは二つの単語を結びつけるのに非常に有効です。
    何度も繰り返しやすく,順番の入れ替えも容易なので,
    比較的早く覚えられます。
    基礎的な英単語,歴史の年号などに効果があります。

    この暗記法の欠点は,
    カードを作るのに時間がかかることと,
    ワンパターンな問題,覚え方しかできなくなる事です。

    例えば”apple”という単語は通常「リンゴ」ですが,
    ”The Big Apple”とするとニューヨークの事を指します。
    ”moon”という単語は「月」という意味以外に,
    「ぼーっとする」という動詞としての使い方もあります。

    こんな感じで1つのものに複数の答えが入ってくるものに対して応用力が生まないという欠点があります。



    語呂合わせという手法もあります。

    語呂合わせは賛否両論あるところですが,
    ひと固まりにして覚えるためには非常に有効な暗記法です。

    有名どころだと歴史の年号のゴロ合わせがあると思いますが,
    示準化石の覚え方の
    「古い財布空き地でしなびた」
    岩石の種類の
    「硫安飲んでゲップして,河川氾濫世は闇だ」
    不完全変態の
    「飛ばせゴキブリかまこちゃん」
    など,あるグループをひとくくりに覚えるためには非常に有効な暗記法です。

    欠点は,ゴロ合わせの意味に影響を受けすぎて,本来覚えるものが変わってしまう場合があることです。
    ルート5の覚え方で
    「富士山麓にオーム鳴く」
    の「に」って2だっけ?
    無視するんだっけ?
    と言った感じです。



    ここまでがよくある覚え方で,今もまだよく使われる覚え方です。
    ここから先はここ最近,世代が変わって出てきた覚え方です。



    フラッシュカードというものがあります。
    これは一瞬だけ見る事により,
    脳に意味ではなく映像を焼きつけて覚える方法です。

    動物は本来文字ではなく映像で記憶しておくものなので,
    この方法は非常に理にかなった覚え方と言えるでしょう。

    一度一瞬見るだけですが,その一瞬で映像が思い出せれば,
    その映像から芋づる式に思い出せるという利点があります。

    欠点としては,映像化できなければ使えない,
    繰り返さないと記憶が定着しない
    といった事があげられます。



    記憶という方法もあります。
    これも映像化して脳に焼き付ける点においてフラッシュカードと原理は同じなのですが,
    割と過激な想像を掻き立てるので,一度覚えると忘れにくいという利点があります。

    欠点としては,誰でもすぐにできるようになるわけではなく,
    想像力を鍛えるための訓練が必要ということです。



    大量読み流し記憶というものもあります。
    根本原理はプラッシュカードに近いのですが,
    フラッシュカードとは違い,カードにはせずにそのまま読み流していきます。
    これは繰り返し読み流し,映像を頭の中に定着させようとする方法です。

    欠点としては,読み流しは繰り返しやらなければ効果がないことと,
    読み流しなので意味をちゃんと理解していなければ,睡魔に襲われる可能性が高くなることです。



    原理原則を利用した記憶というのもあります。
    これはPHIが一番得意としている記憶法なのですが,
    丸暗記ではなく,原理原則を理解する事により,
    理屈で知識と知識をつないで覚えていく手法です。
    関連したものを覚えていくので,忘れにくく,応用が効きやすいというメリットがあります。

    欠点としては,やはりある程度訓練が必要
    そして1つの単元を覚えるのに時間が非常にかかるということです。



    他にも色々あるのですが,今回はこれぐらいにしておきます。
    要は一つの手法で全ての暗記を押し通すのではなく,
    「うまく組み合わせて最善の結果を出せるようにする事が大切」
    という事です。
    何もやらないようならとりあえずひたすら書かせて練習させるのも手ですが,
    できれば内容に合わせて効率的な覚え方ができるようになった方が,勉強の負担が楽になります。
    うまく使いこなせるようになると効果絶大です。
    ぜひ使い分けを意識して見て下さいね。

    コメント,メッセージ,遠慮なくどうぞ(^^)/
    学習法指導塾PHI 切替


    ↓ここまで読まれた方ポチっと応援お願い致します(^o^)
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村



    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 効果的な学習法など
    ジャンル : 学校・教育



    正しい塾の選び方

    少子化時代にも関わらず,は多様化を進めており,
    多くのがある中,どのを選ぶかも重要なポイントとなってきました。
    今回はざっくりと大まかなポイントをお話致します。

    まず初めに,
    「誰にでもベストなは存在しない!」
    という事は覚えておいて下さい。

    大手だから安心とか,個別だから成績が伸びやすいとか
    そんなことはないのです。
    そののシステムとの相性が良ければ伸びる
    ただそれだけです。



    ではどのように探せば相性のいいを探せるのでしょうか。

    まず塾の指導は大きく2つに分かれます。

    集団指導型(少人数指導
    個別指導型(家庭教師指導


    最近は少人数というのもはやっていますが,
    少人数個別ではないので,集団に属するといっていいでしょう。
    家庭教師は通常一人なので個別に分類されます。
    以下のメリットデメリットを元に,
    まずお子様がどちらの指導形態が合っているか考えて見て下さい。

    集団指導メリット》
    ・カリキュラムにみんなで乗って行くので,流れに乗りやすい。
    ・周りの子供たちと自分を比較しやすい。


    集団指導のデメリット》
    ・カリキュラムについていけないと落ちこぼれる。
    ・周りの視線が気になる人は居心地が悪い。


    個別指導のメリット》
    ・自分のレベルにあった進み具合にできる。
    ・苦手な場所をピンポイントで指導してくれやすい。


    個別指導のデメリット》
    ・比較対象がないので自分に甘くなりやすい。
    ・先生が変わるとペースが崩れる。




    人の性格は十人十色なので,あくまで参考として例を挙げますと,

    ・学校で友達も多く,輪の中でみなと同じ事ができる子 ⇒ 集団指導
    ・どちらかというと一人でいる方が好き ⇒ 個別指導


    がいいと思います。
    塾の実績がどうのという以前に,子供の性格と合わない塾を選んでしまうと,
    慣れるまで時間がかかりますし,慣れた後も何かちょっとしたきっかけで崩れる事になりかねません。



    次に指導方針。

    ①入試を見据えた進学塾型カリキュラム
    ②定期テストを見据えた補習塾型カリキュラム


    ①の進学塾型のカリキュラムは,学校よりも先行して教えていくことが多く,
    早期に入試問題に着手できる分,入試に強くなります。

    ②の補習塾型カリキュラムは,学校の進度に合わせる事が多く,
    定期テストや内申対策に強くなります。

    多くの方が勘違いしている事が多いのでお話しておきますと,

    進学塾=レベルが高い
    補習塾=レベルが低い


    というのは間違いです。
    補習塾でも優秀な子は優秀です。
    逆に進学塾でもできない子はできません。
    あくまで「何を目指して塾に入れるか」を基準にお考えください。

    例えば,行きたい学校はすでに決まっている。
    そこへ向けて対策したい!
    というのならば進学塾型がいいでしょう。

    とりあえず内申点を上げたい!
    という事なら補習塾型の方がいいでしょう。

    また,
    一般的に,進学塾型カリキュラムは,入試が近づくにつれて伸びが大きくなります。
    補習塾型カリキュラムは即効性があるので,すぐに結果を出すのに優れています。
    そのあたりも踏まえて子供にあった戦略的な塾選びをする必要があります。



    ちなみにPHIの中学部の指導では

    クラス授業 : 少人数
    補講 : 個別または少人数


    進め方は

    通常期 : 進学塾型カリキュラム。
    定期テスト前 : 補習塾型カリキュラム。


    というシステムを採用しています。

    一見全てを網羅してそうですが,これにも欠点はあります。
    「指導時間が足りない!」
    のです。
    だからPHIでは学習法指導に力を入れ,
    指導時間の不足分を家庭学習で補えるようにする事を目指しています。

    本来勉強は家でやるものですし,
    どれだけ長時間拘束の塾でも,学校の授業時間にはかないません。
    それに中学・高校・大学への進学後の事を考えても勉強のやり方というのは
    一度身につけてしまえば一生ものの宝になります。
    そのポリシーの元,上記のような指導形態を取っています。



    最後に費用についての裏話を。

    塾の費用は大きく下の5つの要素で決まります。

    ①一人の先生が指導する人数。(多い方が安い)
    ②指導力(結果を出せる塾は高い)
    ③ブランド力(特化した指導ができると高い)
    ④指導時間(長い程高い)
    ⑤バックグラウンドでの生徒管理のための時間


    時々塾を価格で決める方がいらっしゃるのですが,
    塾の価値というものは,合うか合わないかで決まります。
    どれだけ安くても,目的が達成できればそれはその人にとっていい塾だったという事です。
    逆に高くても目的を達成できなければ,いい塾だったとは言えないでしょう。

    しかしですね,
    現状の子どもの状況に対して目標にズレがあるほど金額は高くなる
    と思っておいて下さい。

    なぜなら塾選びは新品の鞄選びなどの買い物とは異なります。
    すでに何年も生きてきて,今になって足りない学力をこれから挽回しようという目的で塾に預ける訳ですから,
    どちらかというと病気を治す医者や修理に出すのと同じ感覚の”投資”です。
    現状が悪ければ悪いほど,思い通りにならなかった期間が長ければ長いほど時間がかかると思って下さい。

    つまり,現状と目標が乖離している場合は時間もかかるので,
    なるべく早く何とかしたければ質の高い指導を受ける必要があるのでお金がかかるという訳です。

    入試というタイムリミットがある以上,
    この金額の方程式はほぼ絶対
    です。

    最初に「安いところでいいや」と良く考えずに入れてしまって合わなかったために,
    後々目標達成のために大きな金額がかかってくるか,
    目標を諦めざるを得なくなるか,
    どちらかになるケースが非常に多いという事は念頭に置いておいて下さい。


    塾選び相談,承ります。
    コメント,メッセージで遠慮なくご相談下さい(^^)/
    学習法指導塾PHI 切替


    ↓ここまで読まれた方ポチっと応援お願い致します(^o^)
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村



    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    やってみせ、いって聞かせて、させてみて、 褒めてやらねば人は動かじ

    「やってみせ、いって聞かせて、させてみて、
    褒めてやらねば人は動かじ」


    第二次世界大戦時代に活躍した海軍軍人,
    山本五十六の名言の一つです。
    この言葉には続きがあるのですが,
    海軍だった彼が部下を育成するにあたり心がけていた事と思われますので,
    子育てに関してはこの言葉までで十分かと思います。

    ちなみに続きは

    「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
    やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。」


    です。
    子育てに使えなくもないですが,やはりメインとなるのは1つめでしょう。

    子供は親を見て育つ生き物です。
    哺乳類である我々人間は特に。
    人類は言葉というものを獲得しましたが,
    言葉を持っていない哺乳類はみな親の姿,行動を真似して育ちます。
    つまり,親が見せて子が覚えていくというのは一番自然な子育てなんですよね。



    さて,何が言いたいかお分かりになりましたか?
    子供にあれしなさいこれしなさいというお父さんお母さん,
    ちゃんと子供にその姿を見せていますか?

    特に「勉強しなさい!」とよくいうお母さん。
    子供の前で勉強している姿を見せていますか?

    「本を読みなさい。」というお母さん。
    子供の前で本を読む姿を見せていますか?



    おそらくほとんどの方がやっている姿を見せていないのではないでしょうか?
    現代社会は生き方も複雑になっていますからね。
    そんな時間がないというのもよくわかります。
    しかし先ほども話した通り,本来の教育とは「やって見せて学ばせるもの」なのです。

    いくら言葉が話せるとはいえ,子供にはまだまだ言葉で理解するのは難しいのです。
    山本五十六は軍人にすら,まずやって見せる事が重要だと言っているのですから。

    コメント,メッセージでのご相談,お待ちしております(^^)/
    学習法指導塾PHI 切替


    ↓ここまで読まれた方ポチっと応援お願い致します(^o^)
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    ケアレスミスはどう減らす?

    ケアレスミスと言っても色々な種類があります。

    ・答えるものが違った。
    ・計算ミスをした。
    ・解き忘れた。
    ・解答欄を間違えた。
    ・答えを1つしか書かなかった。


    これらは全部一般的にケアレスミスと呼ばれるものです。
    このケアレスミスはなくす事はできないのでしょうか?

    答えは「できません」です。
    どんなに注意しても人である以上必ずミスをします。
    ミスをしない人間なんていません。
    仕事ではヒューマンエラーとも言われますしね。

    しかしミスの種類によっては「減らす」事はできます。
    例えば解答欄を間違えたなどというものは,最後に見直す時間を取れば簡単に解決できます。
    解き忘れたのも最後に見直す時間を取れれば解決できます。
    答えるものが違ったのも最後に見直す時間を取れれば解決できます。
    もっと言うと,計算ミスだって最後に見直す時間を取れれば…

    どうでしょう?
    1つのポイントに絞って見直せばそのミスは減らせますが,
    どこでどんなミスしているかもわからないミスを探すのは実はなかなか大変なのです。
    結果どれかに注意してミスをなくしても,他の所でミスしていたりと,結局ミスがなくなる事はありません。

    そこで「ミスをなくす」のではなく,
    「ミスを減らす」
    事が重要になってきます。

    ではどうすればミスを減らせるのでしょう?
    これは「どういうミスをしているか」を探る所から始めます。
    学校のテストはそうですし,塾のテスト,小テスト,ワークや問題集など,
    自分が解いてミスした問題をかき集めてきましょう。

    どれがミスした問題かわからない場合は,今後問題を解く時は,
    ミスした問題がすぐにわかるように印をつけていくようにして下さい。

    そして,
    「どんなミスだったのか」
    「どうしてミスをしたのか」

    を詳しく分析していきます。
    ちゃんと調べて書きならべていくと,ある程度傾向が見えてくると思います。
    計算なら「分数が混じった計算の時にミスが起きやすい」とか
    国語なら「選択問題の時にミスをよくしている」という感じです。

    ある程度傾向が絞れてきたら,テストの時はもちろん,普段もその部分に気をつけながら問題を解いて練習していきます。
    それでも他のミスがポロポロ出てくる場合もありますが,
    確率的にミスを起こしやすいものに絞って気をつけるようにする事により,
    テストでの点は取りやすくなります。



    そしてもう一つ。
    数学のケアレスミスに関しては,
    単なるミスというよりも練習不足のために起こるミスの方が多いのが現状です。
    例えば大人になった今となれば,簡単な九九の計算はほとんどミスしないでしょう。
    でも九九を習ったばかりの子はミスします。
    こういうミスが単純に慣れていないために起こるミスということです。
    これらは時間を測って,同じ問題を何度も繰り返す事によってミスが減らせます。



    最後に,やたらミスが多い人というのが確かに存在します。
    どれだけ練習してもミスが減らない,
    ミスのパターンがバラバラというケースは,
    もはや性格に起因している
    と言わざるを得ません。

    これらの子のミスを減らすのは正直かなり難しいのですが,
    強いて言うならば,同じ問題を制限時間内にミス無く解く練習を繰り返す事により,
    ある程度ミスを減らせるようにはなってきます。
    要はどこに注意して解く,という以前に,注意力が無さすぎるので,
    集中力をつける訓練と勉強を合わせてしているようなものです。



    ミスはあまりお説教じみた指摘するとプレッシャーになり,
    かえってミスを誘発しやすくなることもあります。
    温かい目で見守ってやり,
    「これが取れていれば5点も上がってたねー」
    といった感じで自分で何とかしようという方向に持って行ってあげて下さいね。

    コメント,メッセージでのご相談,お待ちしております(^^)/
    学習法指導塾PHI 切替


    ↓ここまで読まれた方ポチっと応援お願い致します(^o^)
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 効果的な学習法など
    ジャンル : 学校・教育



    ピグマリオン効果とゴーレム効果

    ピグマリオン効果

    教育業界にいてこの言葉を知らない人はいないでしょう。
    保護者の方でもご存じな方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。
    と,いうくらい有名な心理学用語ではありますが,
    知ってはいても実際には有効活用されている例はほとんどありません。



    まずピグマリオン効果とは何か説明しましょう。

    ピグマリオンという名称は、ギリシャ神話を収録した古代ローマのオウィディウス『変身物語』第10巻に登場するピュグマリオン王の恋焦がれた女性の彫像が、その願いに応えたアプロディテ神の力で人間化したと言う伝説に由来する。
    1964年春、教育現場での実験として、サンフランシスコの小学校で、ハーバード式突発性学習能力予測テストと名づけた普通の知能テストを行ない、学級担任には、今後数ヶ月の間に成績が伸びてくる学習者を割り出すための検査であると説明した。しかし、実際のところ検査には何の意味もなく、実験施行者は、検査の結果と関係なく無作為に選ばれた児童の名簿を学級担任に見せて、この名簿に記載されている児童が、今後数ヶ月の間に成績が伸びる子供達だと伝えた。その後、学級担任は、子供達の成績が向上するという期待を込めて、その子供達を見ていたが、確かに成績が向上していった。報告論文の主張では成績が向上した原因としては、学級担任が子供達に対して、期待のこもった眼差しを向けたこと。さらに、子供達も期待されていることを意識するため、成績が向上していったと主張されている。この詳細がまとめられた報告書は、Rosenthal, R. & Jacobson, L.:"Pygmalion in the classroom",Holt, Rinehart & Winston 1968として刊行された。
    以上 wikipediaより抜粋




    まぁ,細かいことはさておき,
    先生が期待すると,子供はその期待にこたえようと成長していく教育効果
    のことです。


    はたして本当に効果があるのでしょうか?

    あります。

    ではなぜ子供たちはうまく伸びてくれないのでしょう?

    所詮や教師も人の子だからです。


    何かしらの信念を持って教育をされている方達にはとても失礼な言い方になってしまいますが,

    自分が褒められずに育っているのに,
    子供を褒める方法なんて知っている訳もない


    からです。
    つまり,ハッキリ言ってしまえば褒め方が下手なんですね。



    そしてもう一つ,
    ピグマリオン効果の逆で,悪いイメージを持って接すると,
    その悪いイメージの方に向かって成長してしまう効果を「ゴーレム効果

    といいます。

    「あんたこんな問題もできないの!?」
    「いつになったらちゃんとした成績取ってこれるのよ!」
    「これじゃどこも合格できるところなんてないじゃない!」


    どこかで聞いた事ありませんか?(笑)
    まさにこれがゴーレム効果を起こす可能性が高い,有名なのセリフなのです。

    つまり,いくら先生が期待を込めて応援しても,
    ご家庭でゴーレム効果を発揮して,打ち消してしまえば,
    伸びは期待できなくなっていく
    んですね。。。


    もちろんこれは保護者と連携がうまくとれていない先生側にも原因はあります。
    しかしながら,保護者としても,どのような言葉が子供を伸ばし,
    どのような言葉が子供を潰していくのか

    考えた上で子供に声をかけて頂けたらと思います。

    どこぞのCMのように「やる気スイッチ」をぽちっと押せばいいなんて単純なものじゃないんです。
    いくら先生がスイッチを入れたって,
    家に帰ってOFF
    にされていては意味がありません。



    ちなみに!

    ゴーレム効果が絶対に悪い訳ではありません。
    PHIでは戦略的にゴーレム効果を使う事も多々あります。

    例えば負けず嫌いな子,粘り強い子,右から左へ受け流す子など。
    こういったタイプの子はゴーレム効果を利用しておき,
    うまくいった時に褒めまくる。
    こうするとピグマリオン効果が倍増するんですね。
    スポコン漫画などで良く見る手法です。

    ただこれらは専門家が利用するから効果が期待できるのであって,
    素人さんが真似しようとしても,褒めるタイミングを間違えたり,
    褒め方を間違えたりして悪影響だけを残す場合も少なくないので,
    一般的には保護者の方がゴーレム効果を及ぼしそうになる手法を利用する事はお勧めしません。



    さて,最後に「今さらピグマリオン効果を期待して褒めても意味があるのか?」
    という質問にお答えしておきましょう。

    結論から申し上げますと,
    早いも遅いもありません。
    褒めればほぼ間違いなく効果は出てきます。
    ただ,年齢が上がれば上がるほど受験までの期間は短くなるので,
    効果が出てきても受験に間に合うかどうかはわかりません。

    また,ピグマリオン効果勉強だけに使うものではありません。
    勉強ではなく,得意分野を伸ばすために活用する方法もあります。
    今は職業が多種多様化していますからね。
    その子の得意分野を伸ばして,得意分野で食っていけるようになれば,
    それもまたありではないでしょうか。



    ちなみにPHIでは半数以上の保護者の方が

    勉強しなさいって言わなくなった。」
    勉強しなさいっていう必要がなくなった。」
    「今まで全く勉強してなかったのに,今は寝る間も惜しんで勉強してる。」


    とおっしゃってくれています。
    もちろん勉強を頑張り出した子供たち自身の努力の結果でもあるのですが,
    保護者の方の褒め方,タイミングなどが良かったのは言うまでもありません。

    今からでは遅いなどと言う事はありません。
    今まで叱っていた時間を,ぜひ褒める時間に変えるように努力をして見て下さい。
    子供も勝手に伸びていきますし,子育てのストレスも減ってくると思いますよ。


    褒め方については遠慮なくコメントやメッセージでご相談下さい(^^)/
    学習法指導塾PHI 切替


    ↓ここまで読まれた方ポチっと応援お願い致します(^o^)
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    親の言う事はどうして聞かない?

    先日のマジックワードの記事に1つご質問を頂いたので答えさせて頂こうと思います。

    先日の記事
    子供を操るマジックワード



    「同じ言葉でもの言葉は聞かないのに,
    他の人が言うと聞くのはなぜですか?」


    という質問です。
    確かにこれは非常によくある事で,小中学生ぐらいのになれば誰しも経験する事ではないでしょうか。

    これはですね,自分が子供だった頃を思い浮かべてよーく考えて見て下さい。
    時代も環境も違いますが,大元の原因は大体同じようなものです。

    どうですか?
    原因はわかりましたか?
    答えはだから」です(笑)

    答えになっていませんか?
    でもよーく考えてみてください。
    だから」っていう理由だけで嫌っていませんでしたか?

    ではもっと深く突っ込んでみましょう。
    なぜだからという理由だけで嫌われてしまうのか。

    という存在は,子供にとって一番安心して頼れる「居場所」なのです。
    それゆえ子供は親に対しては他人に抱く感情以外に色々な感情を抱きます。

    褒めて欲しい
    ・一緒にいて欲しい
    ・聞いて欲しい
    ・ご飯欲しい
    ・部屋が欲しい
    ・親を超えたい


    一見ただの甘えじゃないかと思われる事も入っていますが,
    それも親だから甘えられる事ではないでしょうか?

    そんな親だからこそ,子供は満たされないと感じると反発するのです。
    「じゃあ甘やかせばいいの?」
    そういう事ではありません。
    しつけるべきところはしつけて下さい。

    そして褒める所は褒めて下さい

    多くのご家庭を見てきていますが,
    一番足りていないと感じるのは「褒める」という事ですね。

    通常タブーとされていますが,ハッキリ言ってしまいます。
    一般的によく言われる,いわゆる「優秀な子供」の親は,
    学力があまり高くない子の親より良く褒めます。

    そして褒め方がうまいですね。

    学力に現れなくても,良く褒める親の子供は,
    音楽や美術など,何かしら秀でた得意分野を身につけています。
    つまり,現時点で子供に何も秀でている物がないと感じている方は,
    褒めるチャンスをことごとく見逃してきた,という事になります。



    今回はピグマリオン効果の話ではないので,話を戻しますね。
    どうして子供は親の言う事は聞かないのでしょう?

    色々な理由がありますが,ほとんどの場合,
    「頑張っても褒めてもらえないから言う事を聞かない」
    のです。
    ではなぜ親は褒めないのでしょう?
    それは「親だから」です(笑)
    親になられた皆様ならこの理由でもうお分かりになりますよね?

    赤の他人様は自分の子供じゃないので簡単に褒められるんですよ。
    それゆえ子供は親の言う事は聞かないのに他人の言う事は聞くのです。



    良くも悪くも子供は単純ですから,褒めてもらえる事に対して非常に頑張ります。
    特に親が褒めてくれる事に関しては,他人様が褒めてくれるよりも頑張ります。

    もし親の言う事を聞く子にしたければ,その方法は非常に簡単です。
    子供と約束した事,子供にするように言った事,それらを頑張った時に必ず褒めるようにして下さい。
    しつけるのはまず褒めてからにしましょう。
    それだけで効果絶大です。

    え?
    今からで間に合うのかって?

    そんなことはわかりません。
    わかりませんが,言う事を聞くようにしたければ根気強く続けていくしかありません。
    かかる年数は褒めてこなかった年数に比例すると思って下さい。

    どうしても親として無理なら,学校や塾の先生に代弁してもらうのがいいですよ。
    PHIでは褒めるも叱るも勉強以外の事でも保護者様からお耳にすれば代弁していますが,
    これがまた結構効果あるんですよ。
    子供の教育は一人で抱え込むものではないですからね,
    協力できる人に協力,役割分担をしてもらって,うまく子育てして下さいね。

    コメント,相談もお待ちしております(^^)/
    学習法指導PHI 切替


    ↓ここまで読まれた方ポチっと応援お願い致します(^o^)
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    手放せない携帯をどうするか?

    これは色々な方から質問を受けるのですが、
    本当になかなか難しい問題ですよね…

    一番効果的なのは渡すときにルールを決めて、
    それを守る事が当たり前になるようにしつける事です。
    そのために重要な前提として、子供に携帯は与えない事、です。

    与えないというのは所有権を与えないという事であり、
    あくまで一時的に貸しているだけ、とする事です。

    貸すと与えるとは似ているようで全然違います。
    一番重要なポイントは、携帯の使用に関して一切の決定権を与えないという所です。

    子供はあれこれ言い訳してきます。
    それでも親の決定が絶対であるという事だけは譲らないようにして下さい。



    次のポイントはルール作りです。
    ルールで一番重要なのは、ロックはかけない、
    もしくは暗証番号は親に知らせておく事
    です。

    極端な例ではありますが,ちょっと考えて見てください。
    子供の犯罪はどこで起きるものなのでしょう?

    ほとんどの子供による犯罪は,親が知らないところで起きている,
    もしくは親が容認している事で起きている事がほとんどです。
    親の前で堂々と犯行するのはもはや手後れの段階なので別のお話。

    要は携帯のロックがかかってると、子供は見えないと思って色々な事をやらかしてくれるということです。
    それを阻止する一番の方法は親が暗証番号を把握し、目を光らせていることをアピールすることなのです。

    子供が「人のものを勝手に見るのはよくない!」と言ってきたら、
    「貸してあげてるだけ。嫌なら使うな。」
    と言いましょう。
    越権行為は絶対に許してはいけません。

    そして実際に最低週1,2回は子供の携帯を子供の見ている前でいじって下さい。
    本当にチェックする必要はありません。
    見ているよってアピールが出来ていればそれで十分です。
    出来れば一言二言メールやラインの内容について触れるといいでしょう。
    怒られずに話してもらえれば、見られる事に対する嫌悪感は薄れていきます。

    なお、親によってはそういうことはしたくないと思う方もいらっしゃると思いますが、
    信用するのと放任するのは,問題になるかならないかの紙一重の差だと言うことも知っておいて下さい。
    何か問題を起こした時点で、それは信用ではなく放任していたに過ぎなかったという事になります。


    次のルールは利用時間や場所のルールです。
    使っていい時間帯、場所を決めておきましょう。
    基本的に貸してあげている訳ですから、家にいるときに親の前以外で使わせるべきではないでしょう。

    そうすると子供は緊急だったとか、今じゃなきゃダメだったとか言いますが、取り合う必要ありません。
    「本当に緊急なら私の携帯、もしくは家に電話するように言っておきなさい。」
    これでOKです。
    携帯の便利さは親とてよくわかっているとは思いますが,
    ルールが守れないうちに便利さに手を出すと身を滅ぼします。
    一昔前は携帯がなくても連絡を取り合っていました。
    方法がないわけではありません。
    便利さに甘えて他の手段を考えなくなっただけです。
    子供の身の丈(成熟度)に合ったものを与えるように心がけましょう。



    最後にルールを破った時のルールです。
    これが甘いために携帯に振り回されるケースも多いので、
    親としても鬼になってルールを守る必要があります。

    罰には色々なものが考えられますが,罰を与える理由は
    「携帯に振り回されているから」
    この1つに尽きると思います。

    つまり,「携帯に振り回されなくなるような罰」
    すなわち「携帯をとりあげてしまう」
    が一番いいのではないでしょうか。
    夜の外出などで安全面の確保のために携帯を持たせているケースもあるでしょうが,
    今は指定した連絡先としかやりとりできないようにできる設定や携帯もあります。
    携帯がなくても,例えば塾なら帰る時に塾の電話を借りてかけさせてもらうなど,
    方法はいくらでもあります。
    携帯は便利なツールの一つにすぎず,携帯だけが全てではありません。

    この際,期限付きで取り上げる方がいらっしゃるのですが,
    期限付きにすると,期限が来て再度与えた途端に欲求が爆発し,
    より強い中毒にかかりやすくなります。
    酒やたばこ,麻薬を期限付きでやめる人なんていませんよね?
    我慢させるのではなく,諦めさせる事が目的ですから。
    もし取り上げるなら,無期限での取り上げです。
    再度与えるのは約束だからではなく,親の裁量で与えるだけです。
    欲しなくなった頃合いまで待つくらいが理想でしょう。

    もしその前にどうしても渡さなければならない事情があるならば,
    携帯を初期化してしまうのも一つの手です。
    今のこのご時世、消えて一生困るデータなんてたいしてありません。
    でも携帯に振り回されたら一生困る可能性が出てきます。

    強いて言うなら写真などは大切な思い出でしょうから,
    バックアップしておいてあげるくらいでしょう。



    その他のルールに関しては,ご家庭の事情に合わせて付け加えて下さい。
    使用時間に制限を課したり,
    使用していい時間帯を決めたり,
    ゲームの使用は禁止したり,
    色々ありますね。



    最後になりますが,決めたルールは必ず紙に書いておいて下さい。
    紙に書いておかないと親も子供も曖昧になっていきます。
    参考までに,携帯のルールのフォーマットを置いてきます。
    好きなように加工してご利用下さい。

     ・携帯使用に関するルール(wordファイル)

    コメント,相談もお待ちしております(^^)/
    学習法指導塾PHI 切替


    ↓ここまで読まれた方ポチっと応援お願い致します(^o^)
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    子供を操るマジックワード

    マジックワードという言葉をご存知でしょうか?
    ここぞという時に使うことにより効果のある,まるで魔法にかけたように相手を動かす事ができる言葉です。
    特に教育業界の言葉という訳ではないのですが,教育にも活かせるマジックワードはいくつも存在します。

    例えば
    「好きにすれば?」
    これだけ聞くと「何それ,酷い」と思われる方が多いようですが,
    使い方さえ間違わなければこれは効果絶大です。

    どういう時に使うのかと言うと,
    子供が宿題多い!」「やりたくない!」
    などと言った時です。

    多くの方は宿題はやらなきゃならないんだぞ」
    とか成績上がらないよ?」
    などと言ったりしますが,
    PHIでは「好きにすれば?」と突き放します(笑)



    なぜ突き放すといいのでしょう?

    子供は基本的に帰属意識を持ちやすいものです。
    特に女の子はグループを作ったりしますし,みなと一緒にいる事に安心するものなのです。
    一見1人ぼっちで教室の片隅にいるような子でも,信頼する誰かがそばにいれば必ず安心するものです。

    「好きにすれば?」
    という突き放したマジックワードはこれを利用しています。

    ちょっと想像して見てください。
    特に数名いる時の方が効果が大きいのですが,
    宿題を多く出した時に子供たちがざわついて
    「えー無理ー!」
    「多いー!」

    などと言った時に,一番声が大きかった子だけを冷たい視線で真っすぐ見つめて
    「やりたくないならやらなくて結構。好きにすれば?」
    と冷たく言い放ちます。
    その後の教室の雰囲気はどうなると思いますか?

    しーんと静まりかえり,
    言われた子供は
    「え…?あ…」
    という感じで周りを見渡すと,
    周りの子はみんな自分を見てる。

    そこですかさずたたみかけます。
    先生 「やらないなら写す必要もないだろ。さっさと帰れ。」
    生徒 「いえ…やります…。」
    先生 「先生はどっちでも構わない。好きにしろ。」

    ここで重要なポイントは,必ず「やります」と答える子に言う事です。
    声が大きい子は大体そう答えてくれるので例として使いましたが,
    声が大きくても「絶対やらない」と言い張る子はダメです。
    また,そういうプレッシャーに弱い子もダメです。

    さて,教室がこのような雰囲気になった時の子供の心理はと言いますと,
    「やらないと見捨てられる!」
    となります。
    好きなようにしていいよって言ってるだけなんですけどね(笑)
    でも雰囲気からそう感じるのです。

    先ほども言った通り,子供は帰属意識を持ちやすいものです。
    みんなの輪の中にいるという事に安心感を覚えるものなのです。
    それゆえ,「見捨てられる」という事は「輪の中から外される!」
    という事を意味すると感じるのです。

    このマジックワードにかかった子供たちが宿題をどうするのか。
    もう想像つきますよね?
    ほとんどの子がちゃんとやってきます(笑)
    まぁ中にはやれない子もいますが,やってある所までの出来栄えを褒めます。
    ここで「なんで終わってないんだ!」って叱ってしまったら,
    それこそ本当の恐怖政治になってしまいますから(笑)



    今回は「好きにすれば?」
    を例にあげましたが,教育に使えるマジックワードは他にも多数あります。
    また,全体にかかるマジックワードもあれば,
    その子にしかかからないマジックワード
    もあります。
    ぜひお子様に使えるマジックワードを探して見て下さいね。
    とても楽に子供を変えていけますよ!



    最後に一つ重要な注意点があります。
    あくまでマジックワード,魔法なので,使う場所や状況を選びますし,
    得られる効果も使い方次第で変わってきます。

    薬と同じですね。
    薬は症状に合わせて用法,用量を守って正しく使いますよね?
    マジックワードもそれと同じです。

    PHIでの指導においては,その環境を作り上げた上で,計画的に使用しています。
    上記のように,「すきにすれば?」ひとつ言うにあたっても,多数の計画的演出を施しています。
    マジックワードは多用すればいいものでもありませんし,必ず同じ効果が得られる訳でもありません
    相手は心を持った人ですから。
    あくまで条件さえしっかり揃えれば,こうなりやすいという参考としてお考え下さいね。

    コメント,相談もお待ちしております(^^)/
    学習法指導PHI 切替


    ↓ここまで読まれた方ポチっと応援お願い致します(^o^)
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    カレンダー
    04 | 2014/05 | 06
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。