またまた出ました、学年1位!高校数学でごぼう抜き(≧ω≦)

    数学楽しい

    今度のテストは定期テストとは違うテストですが、
    学科やコースに関係なく、
    学年で統一の問題を使ったテストで1位

    を取りました!
    特進の子を抜き去って(笑)






    他の科目はここまで目立った結果は出ていないものの、
    ほぼ順調です。
    いや、彼の場合英語だけが…(笑)


    でも彼は英語から逃げている訳ではなく、
    かなり前向きに立ち向かっています。
    英語がへこんでるとはいえ、平均切ったりはしていませんからねww







    正直な所、

    PHIでは一般的な予備校のように教える授業はしていません。
    ほとんど学習のポイントの指導です。
    メインは数学と英語ですが、

    特に教えられない科目もないので、
    単元に応じて臨機応変に必要な教科を指導しています。
    ただそれだけ。


    もちろんみんな運動系の部活に入っています。
    つまり大きな差が生まれているのは家での勉強のやり方!
    家でやる勉強の効率がこれだけの差を生むってすごいと思いませんか?(*^^*)




    《来年度に向けての学習法相談会》 ※無料
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
    来年度に向けての学習法相談を実施致します。
    入るかどうかもわからないけれど、
    相談だけはしてみたい
    という方はぜひご利用下さい。
    また、人数が集まるようでしたら、出張による合同セミナーを開催致します。

    なお、来年度の募集人数

    新小4~小6 : 曜日により数名空きあり。
    新中1 : あと6名
    新中2 : あと3名
    新中3 : あと3名
    新高校生 : PHIの卒業生のみ


    となっております。

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


    スポンサーサイト

    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    トップレベルの進学校の中でもトップレベル!!!

    またまたPHI高校生がやってくれました!

    今回は県内トップレベル進学校に通う生徒です。



    成績表



    ちゃーん!

    ベネッセの全国模試です。

    校内順位、三教科総合で35位!

    数学は18位!




    繰り返しますが、県内トップレベル進学校、です。

    入学当初は「ヤバいヤバい、赤点取るΣ(゚д゚;)」

    って言っていましたが、

    定期テストは徐々に伸びてきて、

    全国模試ではこのような結果を出してくれました(*^_^*)







    PHIってすごく難しい問題解くんですか?」



    という問い合わせが時々ありますが、

    そういうわけではないんですよね。

    よくある塾や予備校のように

    難問という問題をかき集めて練習するなんて事はしません。



    どちらかというと「基本」です。

    いや、正確には「本質」というべきでしょうか。





    例えば解の公式。

    「覚えろ!」

    って教えている先生も多いですが、

    PHIでは導けなければ教えません。



    二次関数。

    これもどういう原理なのかは常に考えさせながら解かせます。

    そのため、中学生ではやらないはずの二次関数の接線、

    最大値、最小値などの問題も解けてしまう
    んですね。





    とはいえ、実際やってみるとそう簡単な事ではありません。

    教え子の2人の先生が素晴らしいのはもちろんですが、

    勉強している本人とて考える、追求する事が習慣化していないとできません。



    みんなよく頑張ってくれています。

    今後も楽しみです(^^♪







    ちなみにPHI高校生の新規受付は致しておりません。

    ご相談ぐらいには乗って差し上げられますが、

    基本的にはPHIの卒業生と特別な方によるご紹介のみ指導を承ります。



    なぜなら高校生勉強やり方を教えていくのは非常に負担が大きいからです。

    PHIの卒業生ならやり方もよく知っているのですぐに飲み込めるのですが、

    1から教えるとなると、あれこれその子に合わせたカスタマイズをしなければなりません。



    という事で、小学生、中学生の保護者のみなさん。

    勉強やり方を改善するなら今ですよ!

    高校生になるとあたふたしちゃってそんな余裕ありませんから(^^;)



    いかに早い時期に正しい勉強法を「当たり前」として刷り込むか。

    これが鍵です(^^)/

    ま、早すぎてもいけないんですけどね(笑)





    《学習法相談会のお知らせ》 ※無料
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
    好評につき、一般の方の無料受付は終了致しました。
    今後はご紹介の方のみ承ります。
    また、人数が集まるようでしたら、出張による合同セミナーを開催致します。

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    久々にこんなダメダメなやり方を見ました…

    TEL帳

    これは全国高校入試問題正解という過去問を実施している所です。
    数学の問題を解いているのですが、
    これはノートを見るまでもなく伸びない勉強の仕方とわかります。

    どこがいけないかおわかりになりますか?



    私が一番驚いたのは、問題の横についている横棒です。
    PHIでは間違えたところはチェックをつけさせているので、
    問題集の方もチェックしているのですが、
    このチェックは見た事ありません。


    何なのかと思い本人に聞いてみると、
    「何回間違えたかわかるように正の字を書いた。」
    との事でした。


    いやーありえないですね。
    何回やってもできないような直しをしていると、
    自分で認めているということです。


    「一度間違えたら二度と間違えない。」
    そういう意気込みで解き直しをしていたら、
    こんなチェックのつけ方にはならないはずです。




    次にちょろちょろっと空白地帯に書いている計算メモ
    この手の書き方をしている子は天才型か勉強できないかのどちらかです。

    天才型は計算を書く量が少ないのでちょろちょろで済んでしまうのですが、
    勉強できない子がこれをやっているのはただ面倒臭がっているだけです。
    実際、天才型の子は書く量が結構ある場合にはノートに綺麗に整理して解くことができます。

    よってこのようにちょろちょろと空白地帯に書く子はある程度できても、
    それ以上は伸びません。
    限界が生まれてしまいます。



    最後に解き方
    これは見てお分かりにはならないと思いますが、
    この子の解き方PHIで先生が教えている解き方ではありません。
    教えられた解き方が使えないようでは入試での戦略に影響が出ます。



    このように、問題を見ただけでもその子の伸びの見込みがわかるんですね。
    ぜひお子様の問題を見てみて下さい(^^)/

    あ、ちなみにこの子は解き直しをやり直して明日の朝、再提出ですww



    《学習法相談会のお知らせ》 ※無料
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
    好評につき、一般の方の無料受付は終了致しました。
    今後はご紹介の方のみ承ります。
    また、人数が集まるようでしたら、出張による合同セミナーを開催致します。

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――



    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    カレンダー
    10 | 2014/11 | 12
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング