まとめる子とまとめない子の差。

    まとめの差


    これは新中1に

    『葉と茎のつくりについて説明して』

    と言って書かせたものです。
    もちろんテキストやノートは見ずに書いてもらいました。

    1つの画像になっていますが,
    左と右は別々の子のノートです。

    左の赤で囲んだ子のノートは宿題でもよくまとめていた子です。
    右の青で囲んだ子のノートまとめが甘く,
    ザーッとテキストに書いてある事を写しただけの子
    です。



    ノートまとめはただ綺麗に見えるだけでは意味がないと今までも何度も話してきていますが,
    まとめる内容についても同じなんですね。

    ただテキストの文章をコピーするだけではに入らない。

    このブログを読んで,子供に真似させている方も多くなってきたようですが,
    「うまくいかないのですが,どうしたらいいですか?」
    という相談も結構受けるようになってきました。

    その大きな原因の1つがこれ。
    多くの子がPHIまとめを見よう見まねでうまくいかない原因の1つです。



    どうすればいいのかと言いますと,
    文章を真似するのではなく,
    自分の言葉で書くことが大切なのです。

    その文章が正確でなくてもいいのです。
    別に辞書作りしているわけではないのですから(笑)

    今しているのはイメージを作り上げる事です。
    それも完成度の高いイメージではなく,
    初期イメージです。

    そのため,正確でなくてもいいので,
    自分の言葉に直して書くことが大切なのです。
    細かい所は後々修正していけばいいのです。



    ではどのようにまとめればいいかと言いますと,
    とりあえずテキストを読んだら,
    一端テキストを閉じてノートにまとめていくようにすると,
    一度に入れた事をアウトプットする事になり,
    最低限を通した勉強ができます。


    PHIのやり方を真似してみている方は試してみて下さいね(^^)/


    スポンサーサイト

    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    解答写しはなぜバレる?先生が見る所の種明かし。

    始まって間もない新中1ですが,
    早速解答写しが出始めましたね。

    このノートをご覧ください。
    解答写し

    一見よく頑張ってるなーと思えそうなノートですが,
    これ,全部解答写しです。



    「別の計算をしているのでは?」



    いえ,これは全部解答写しです。

    なぜ解答写しだと断定できるのでしょうか。
    今日はその種明かしをしてしまいましょう。



    どこを見ているのかと言いますと,
    流線なんですね。

    計算というのはリズムがあるので,
    ペースに乗っている時の鉛筆の流れと,
    ペースに乗っていない時の鉛筆の流れは異なる
    のです。


    スキャンした画像では見えにくいですが,
    このノートの流線は途切れることなくほぼ全部つながっています。

    途中計算を他のに書いているとしたら,
    流線が途切れるはず
    なんです。
    そしてこの子にこの問題を暗算する力はない。



    案の定,2問ほど抜粋してやらせたら2問とも間違えました。

    「どういうこと?」


    と問い詰めると写していたことを白状して泣き出しました。

    反抗期には入っていないようで,まだ素直ですね。
    今のうちに何のために勉強しているのか考えてもらわないと。



    もし解答写しをしている子がいたら,
    反抗期を迎える前に直してしまった方がいいですよ。
    反抗期を迎えてからでは理屈が通用しなくなります。
    その際,写したことを責めるのは絶対にやめて下さい。
    写したことがいけないのではなく,
    わからない所をわかろうとしなかったことが問題なのです。
    叱る時はそこをしっかりと叱って下さい。



    さて最後に,ブログを見ているPHI生徒諸君
    君たちの先輩にあたる教え子のみなさんはわかっていることですが,
    手を抜いているのは全部バレていますからね?(笑)

    今回はその見破る方法の1つを紹介しましたが,
    それ以外にも手抜きを見破る要素はいくらでもあります。

    ずるがしこい所に頭を使わずに,
    本当に自分のためになる事に頭を使いなさい( ̄ー ̄)




    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    反抗期の子供をどうやって勉強させるか?

    毎年の事ではありますが,
    どんなに素直ないいだったでも,
    反抗の度合いに差はあれ反抗期は来るものです。
    特に男の反抗期はなかなか手に追えなくて困ってる方も多いみたいですね。
    PHIでも数件この手の話を聞いております。



    さて,そんな反抗期でも勉強はさせなければなりません。
    でもやれと言ってもやりません。
    どうしましょうか?



    とりあえず色々な話を聞いていますが,
    こういう反抗期時期勉強しなさい!」
    と言って勉強するようになったというケースはまずありません。
    返ってやらなくなることの方が断然多いのが現状です。



    ということで,反抗期を迎えてしまったには
    「○○しなさい!」
    とは言わない方が無難です。
    もちろん勉強しなさい!」も。



    「言わないと勉強しない!」
    と思うかも知れませんが,
    どうせ言ってもやらないのです。
    無駄な労力を使うよりも,
    この時期しら見られない他の事を色々見てあげる方がいいと思いますよ。
    供の成長なんてアッという間ですからね(^^)



    ちなみに勉強しなさい」と言わずにどうやってやらせるか,ですが,
    昨日お話しした通り,
    当たり前にしてしまえば勝手にやってくれます。

    その当たり前を作るためには,
    当たり前」になっている環境に入れてしまうのが手っ取り早いでしょう。
    例えばはその典型ですね。
    勉強する子達が集まっていますから。
    そして中学入試をするメリットもまさにここにあります。
    レベルがそろっている子達が入学して来ますからね。



    それでもやらなかったら…

    それでも放っておきましょう(笑)
    反抗期は反抗させなければ一時的なもので済みます。
    最終的には勉強に反抗しなければ,
    一時的に成績が落ち込んでも挽回出来ます。

    勉強そのものに反抗心を燃やすようになってしまっては,
    挽回もできません。


    言いたくなるお気持ちはお察し致しますが,
    勉強以外をよく見てあげるように心がけて下さいね(^^)/



    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    カレンダー
    02 | 2015/03 | 04
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング