スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    コンビニやスーパーで学ぶきっかけを与える!

    子供と一緒にお買いもの。
    よく行くかどうかはわかりませんが,
    子供が一緒に買い物に行くだけで学ぶこともあります。


    子供だけでコンビニやスーパーに行くと興味があるものしか目につきませんが,
    と行くと離れる訳にはいかないので,意識せずとも色々なものが目に入ってくるのです。
    それをうまく活用すると,特別な事をしなくても社会科を学ぶきっかけになります。


    例えば特産品などがそうです。
    最近ではどこを見ても産地を書いてある商品が並んでいます。
    鹿児島産だとか宮崎産だとか,お米だって魚沼産のコシヒカリなどと,
    食品は何から何まで産地と品名が書いてあります。



    これを使わない手はないでしょう!

    特に難しい事をする必要はありません。
    単に買う時に産地と品名を読み上げながら買い物をすればいいのです。

    「フィリピン産のバナナとメキシコ産のマンゴー,どっちにしようかなー。」
    「オーストラリア産の和牛でいいかなー。」


    ま,子供の耳に何となく入っていれば何でもいいんです。
    もうちょっと意識させたければ,子供に選択させたり,とって来させたりすればいいのです。

    「宮崎産の鶏肉があれば持ってきてくれる?」
    「北海道産のジャガイモと長崎産のジャガイモがあるけどどっちがいい?」

    子供に選択権を与えれば,必ず少しずつ意識に植え付けられます。
    もし子供が

    「どっちがいいかわからない。」

    と言って来たらしめたもの!
    余裕があるようなら,みんなで食べ比べすれば必ず色々と産地を意識し始めます。



    もちろんこれが直接テストの点数に結びつくわけではありません。
    でもテキストで初めて聞いたことがあるのと,
    どこかで聞いたことがあるのとでは雲泥の差です!


    ちなみに先日の授業でサトウキビの話が出たのですが,
    サトウキビについて正しい知識を持っていたのは実際に食べた事がある子だけでした(笑)
    それ以外の子はみーんな砂糖が取れるんでしょ?」と言った程度のイメージ。
    ま,沖縄に行ったことがあったりしないとあまり実物にお目にかかる機会も少ないものですが,
    でも地理では小学生からよく名前が登場するものなんですよね(^^;)

    折角話題にもなりましたし,今度実際にサトウキビを調達して,食べさせてみようと思います。
    子供と一緒に買い物に行った時には,ぜひちょっと産地を意識して見て下さい(^^)/


    スポンサーサイト

    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    東と西の間違いでまさかの別人に(笑)

    昨日は小学生が1人,公立中高一貫用の模試を教室で受験しました。
    外部模試なので成績表はまだ出ていないのですが,
    答案をコピーして自己採点させてみると,

    「ヤバーイ!全然できなかった!!!」

    文系の試験はほとんど作文やら記述やらなので未採点ですが,
    理系部分の点数はザックリ25点!
    ま,今まで受けた事がない形式の試験なので,当然そういう事もあります(笑)
    今日は直しをやるので,どうして出来ていなかったのか分析しようと思います。



    小5地理の総復習テスト
    世界の国々に関する内容と,日本の47都道府県に関する基礎知識の確認。
    基礎とは言っても,中学受験レベルなのでそれなりです。

    結果は1人は全部90~100点!
    さすが,小4の初めからずーっとPHIでやってきてるだけの事はあるなーなんて(笑)
    もう1人は若干落とした地域があるものの,ほぼ90~100点!
    こっちの子はそもそも途中から社会を始めた子なので十分立派です(^^)

    2人とも宿題ノートもたびたび紹介していますがとにかくすごい!
    家でセルフ授業している様子が思い浮かぶような出来です!

    セルフ授業

    復習は始まったばかりですが,夏あたりまでで一通り完成を確認できれば,
    秋には小6の単元を先取りできてしまいそうです。



    中1全員テストの結果が良かったからか気が緩んでしまった子も。
    前回お説教したら,昨日はしっかりと取り組んで来ました!
    まだまだ素直だからよく聞いてくれます(笑)



    中3はテストの分析をしていたのですが,
    衝撃的なミスを発見!


    東條英機
    【西條英機】と書く大失態!


    東と西が違うだけで全くの別人じゃないですかΣ(゚д゚;)
    ま,西條秀樹は漢字も違うのですが,発音だけなら一緒ww

    本人は顔を真っ赤にして恥ずかしがっていましたが,
    普段できていても,本番で東と西がわからなくなってこういうミスをやらかす子もいるわけです(^^;)
    試験って難しいですね(。-∀-)
    ま,こういうミスをして恥ずかしいだとか,悔しいだとか実感すれば忘れないでしょう(笑)




    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    ヤモリ見つけました(笑)

    ちょうど先日の授業でヤモリについて語っていたのですが,
    昨日ヤモリを見つけました。

    ヤモリ見つけた!

    まぁだからなんだという話ですが,
    タイムリーなヤモリの発見にちょっと嬉しくなっただけです(笑)



    先日授業で教えていても感じたのですが,
    やはり子供たちは教科書やテキストで名前だけ知っているだけで,
    実物を知らない事が多い
    んですよね。
    やっぱり実際に見た事があるのと,ただ名前を知っているのとでは大きな差がありますから,
    やはりこういう身近な動物や植物は見て知っておいて欲しいなと思うところです。



    ま,かといってこのヤモリを捕まえるのも気が引けたので写真に留めましたが(笑)
    今の時代は生き物から遠ざかっているとは言いますが,
    探して見ると意外に身近にいたりするものです。

    先日の毛虫の話でもしましたが,これから色々な生きものが出て来る時期ですから,
    色々な生きものや植物と出会って欲しいところですね(*^_^*)

    もし身近で見つけられなくても,動物園水族館,博物館などに行けば簡単に出会えます。
    理解できるかどうかはともかく,やはり子供にとって見た事があるって大きいですよ!
    先日も

    「魚のウロコってなに???」
    カメは魚じゃないの?」
    サメ肌ってなに?」
    サメとクジラって何が違うの?」


    って言っている子がいましたから(笑)
    ちなみにサメとクジラの質問には

    サメは歯があるんだよ!」

    って自信満々に答えている子がいましたが,全然違います!
    アザラシアシカの違いなんかもきっと見て見なきゃわからないと思います。
    ぜひ水族館で見比べて見て下さい(^^)/


    ちなみに私は水族館大好きなのですが,
    千葉周辺でのオススメ新江ノ島水族館鴨川シ―ワールドです。
    千葉から近くてにイベントが盛りだくさんで年齢に関係なく楽しめるのでオススメ♪
    他の水族館がダメってわけではなく,それぞれ楽しむポイントや学習させやすいポイントがありますから,行く前に連絡をくだされば教えますよ(笑)



    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    覚える関数と考える関数の差

    数学できた!

    昨日は中2の授業で一次関数の2回目
    前回の1回目はすっかり忘れていた入ったばかりの子も、家でちゃんと練習して追い付いて来ていました。

    傾きと変化の割合についてやったのですが、ここはやっぱり中1の時に丸暗記していた子はわからなくなっていました。

    ただただ問題ばかりこなしていると、「そうやって解くものなんだ。」って覚えるだけになってしまって、忘れた途端に使い物にならなくなるんですね(^^;

    関数は中3でも二次関数としてまた出てきますので、今からしっかり
    「なぜそうなるのか?」
    「どうしてこう解くのか?」

    を考えさせます。


    実際中3になった時に、PHIに通っていた子といなかった子の差はハッキリと表れます。
    先日もお話した通り、中1から通ってた子は理解が早く、途中からでもアッサリ理解していました。

    教え込んでしまうのが楽ですが、じっくり時間をかけて考えさせます。
    PHIの子って比較的関数図形に強い子が多くなるのですが、これは考えてるか、覚えてるだけなのか、ここに大きな差があるんですね。


    さて今日は中3の数学
    果たして月曜日に出した宿題をちゃんとやってきているかどうか。
    蘇我部活の追い込み、かつ体育祭目前なので練習が色々とハード!
    ここで遅れを取ると後が皺寄せで辛くなるから何とか踏ん張ってほしい所です(^^;



    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 高校受験
    ジャンル : 学校・教育



    テストの結果が出そろいました!

    ありがとうございます

    蘇我前期中間試験が終わりましたので,
    PHIの子供たちの結果をご報告致します。

    今回は中1にとっては初めての試験
    中2,中3にとっては前年度の範囲も出題されるので,
    どれだけ効率よく勉強しているかがカギになりました。



    まず中1。

    初めての試験だったので試験範囲も少なく,
    どれだけミスをせずにテストするかが課題でした。

    PHIの子供たちにとっては宿題も多く,どれだけ部活と両立できるかが大きなカギに。
    でもみんな多い多いと言いながらも,5月の段階ですでに宿題の量にも慣れてきており,
    試験勉強のための勉強量は特に増やさなくても,いつも通りの勉強で挑んだ感じとなりました。

    結果は平均順位が75位
    蘇我中の中1は約340人いるので,上位22%を占めている事になります。
    この中には小学生の時から通ってくれている子もいるのですが,
    もちろん上位22%以内に入っています。
    この子は小学生の時は算数はミスが酷く,国語も全然できない状態だったのですが,
    中学生までにかなり改善してくれていました。
    決して上位22%に入れるような子ではなかったので,よく頑張ったと思います。

    ちなみにトップは3位
    このブログでも時々紹介しているとても丁寧な勉強をしてくる子です。
    3位でも嬉しそうではありましたが,やっぱり1位を取りたいそうです(笑)



    中2と中3は64%の子が成績アップ致しました。

    中でも中2は2人が自己ベスト更新。
    しかもその更新の仕方がすごい(笑)

    1人は入会前から86位アップ!
    もう1人も入会前から90位アップであっという間に50位以内達成!
    2人とも合計点も100点近くアップしていました\(^o^)/

    ちなみに中2の平均順位は88位。
    上位28%の位置を確保しています。



    中3は伸びた子と残念だった子が半々。
    中1から通ってくれていた子社会ずーっと40点台だったのですが,
    中2半ばから徐々に成績が上がって来て,今回は69点
    前回も70点越えたので,大分社会の勉強も身についてきて,自信が出てきたそうです。

    この子の場合は社会が嫌いとかそういうレベルではなく,小学生の時からの常識レベルが出来ていなかったので,70点近く取る事はとてもすごい事なのです。
    なにせ中1の間は地図でオーストラリアがどこかもわからないという状態でしたから(笑)

    こういう子はテストで山掛けしても点が取れないので,
    根本的な勉強の改善を地道に続けて来て,やっと実を結んで来ました。
    もちろん5教科でも成績アップしています。

    入会前に50番台だった子も,自己ベストを更新し続けて今回はなんと1ケタ目前まで来ました。


    残念ながら5教科ではうまくいかなかったのですが,3教科の順位は上昇した子もいます。
    もちろん5教科伸びるに越したことはないのですが,この子の場合はまず英数を何とかしておかなければ後から挽回できないレベルだったため,受験戦略を考えれば英数で取れたのはよかったと言えるでしょう。


    他の下がってしまった子は他に優先したいものがあったため致し方ない部分もあったかと思います。
    PHIは基本的に勉強を強制しません。
    本人が他にやりたいことがあると言えばそれを応援します。
    もちろん単に勉強したくないからやらないという子は許しませんが,
    勉強よりも優先すべきことがある子は,我々もそれを優先させます。
    その関係です。

    ちなみに平均は上位40%となっております。



    概ね想定通りにみな伸びていますが,
    それぞれ学習法の課題が見つかった事も事実です。
    1回伸びたからと言って全然安心できません。
    PHIは山掛けをしていませんが,それでも安心して勉強しなくなれば成績は簡単に下がります。
    伸びた子もそうでない子も,現状に合わせて勉強法をカスタマイズし,
    続けていく事が大切
    です。
    これができるかできないかで,際限なく伸びるかどうかが決まります。
    成績なんて,ちゃんと勉強法が回り出して,負債を解消できた時に勝手にドカンと伸びるものです。

    という訳で,近々学習法相談会の告知をしたいと思います。
    募集予定も近々発表致します(^^)/




    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 高校受験
    ジャンル : 学校・教育



    毛虫は何になる?

    毛虫が出てくる時期になり、学校でも毛虫が発生して子供が騒ぎ出すシーズンになってきました。

    そこで、生徒が質問。


    「毛虫って何になるの?」


    単に害虫だと考えていて、それが何なのかよく知らない事ってよくあるものです。
    それを疑問に思うところから学習が始まるんです。



    さて毛虫ですが,
    日本の場合,基本的に毛虫はガになります。
    そして芋虫がチョウになります。


    ただし,これは絶対ではありません。
    というのも,チョウとガは同じ種類の鱗翅目(りんしもく)という生き物なのです。
    遺伝子の違いで細分化されているだけで,見た目や生態は似ているものも多いのです。


    よく日中飛ぶのがチョウで,夕方から夜にかけて飛ぶのがガと言われますが,
    これも絶対ではありません。


    チョウは羽を閉じて止まるが,ガは羽を広げて止まる。
    これもある程度当てはまりますが,絶対ではありません。


    チョウはカラフルで,ガは地味。
    これも逆のチョウとガが存在します。


    おそらく見た目では一番的確だろうと思われるのが触角の違い。
    触角がまっすぐになっているものがチョウで,
    マスカラみたいな櫛状になっているものがガ。


    これから色々な生きものが姿を見せてきますから,
    毛嫌いせずに興味を引き出せるといいですね(^^)




    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    子供の疑問:「こと」,「コト」,「事」って使い分けるのはなぜ?

    とある中1の疑問がなかなか奥深かったのでご紹介。

    子供の疑問

    こと」,「コト」,「」って使い分けるのはなぜ?



    素朴な疑問ですが,
    これをまともに考えていくと,
    日本語のルーツにまで発展する内容になります。



    まずそもそ日本語はどこから来たのか?

    おそらく中国から伝わってきたと思っている人が多いとは思いますが,
    中国から伝わったのは「文字」という文化であり,言語ではない!
    というところに「こと」,「コト」,「」のルーツがあります。



    実は日本語のルーツはよくわかっていないんですね(笑)

    といいますのも,日本語はあったのですが文字という文化がなかったため,
    記録が残っていない
    のです。

    ではなぜ日本語があったことがわかるのかというと,
    中国語日本語は文法が違うためです。



    まず日本が漢字に出会った時,日本人は文法も中国語で文章を書いていました。
    元々は中国語だったので,それをそのまま使ったという訳です。

    しかし,それも次第に日本語と中国語を使い分けて書くことに不便さを感じたのか,
    日本語の発音と同じ発音の漢字を当てて使うというをし始めました。
    いわゆる当て字です。
    これを万葉文字と言います。
    この頃には漢字は使っていても,文法は日本語なので,
    中国語とは別に日本語があったがわかります。



    ところがそれでも漢字は書く数が多く,時間がかかることから日本語の意味と該当する漢字をリンクさせていきました。
    たとえば,「川」という漢字中国語で「セン」。
    これをそのまま「かわ」と読むにしていったのです。
    これが訓読みの原点です。

    つまり,中国語の読みにあたるのが音読みで,
    それに該当する日本語を当てて行ったものが訓読みというわけです。



    これでもまだ漢字だらけで時間がかかる。
    そこで思いをそのままさらさら書いていく中で,
    次第に文字が崩れてひらがな
    が出来て行きました。

    この代表が源氏物語
    源氏物語は紫式部という女性が書いたことからわかる通り,
    ひらがなは女性の文化の中で発展していったものです。

    その頃男性はと言うと,漢字の読みを漢字の一部分から抜き出してカタカナを作成
    こうして平安時代には漢字,カタカナひらがなが全てそろっていたようです。



    ちなみにその後,特に鎌倉時代あたりに武士は漢字をカッコいいものとして憧れ,
    漢字文学が見直されました。
    ここから熟語が出来てきます。
    この熟語は本家の中国でも人気が高く,
    逆輸入されて今では中国でも使われています。
    例えば「中華人民共和国」という中国の国名。
    この「人民」,「共和国」という部分は日本語から逆輸入された熟語です。



    そして公家では都言葉という品がある言葉の文化が出来て行きました。
    これが謙譲語とか尊敬語とかという分類につながっていきます。



    つまり,ひらがなは女性的な柔らかさを持ち,
    漢字は大人的なカッコよさ
    カタカナ当初発音を早く文章にするために利用されましたが,
    現在では日本語以外の言語の読みを記すためにカタカナを使っていきます。
    このことから,日本語としてカタカナを使う場合でも,
    異質のものを表現するためによく使ったりします。

    例えば,「今どこにいるの?」と書くのに比べて,
    「イマドコニイルノ?」
    と書くと,ホラーめいたちょっとひんやりした印象を持ったりしませんか?

    なお,戦後間もなくまでカタカナが多用されていたのは,
    まだ日本語の序列として,漢字が一番格が上で,
    ひらがなよりもカタカナの方が序列が高かったことが原因です。



    そして方言ですが,これは戦国から江戸時代にかけて関所が発達し,
    国の行き来が簡単ではなくなったために,その地方独自の言葉が生まれていきました。
    これが方言ができたきっかけです。


    さらに標準語に関しては,
    明治時代に地方によって方言がきつく,理解できない言葉があったため,
    議会などでもみんなに通じる話し言葉として標準語を選定していき,確立させたものです。

    たとえば,「おとうさん」,「おかあさん」という言葉は実はもともと関西の方言なのです。
    江戸では「おっとぅ」,「おっかぁ」が標準でしたからね。
    つまり今標準語とされているものは,どこかの方言から拾って来て標準語としたものばかりなのです。



    ちなみにこの標準語の確立からは明治時代から。
    わずか150年くらい前のことなんですね。
    それまでの日本語について,外国人は

    ひらがな,カタカナ,漢字と同じ言葉に3種類の文字を使い,
    読み言葉も話し言葉も違い地域によって言葉も違う。
    尊敬語,丁寧語,謙譲語など場面によって使い分けもしているため,
    日本語を習得することは超難解な技。」


    と言っていたそうです(笑)



    そういわれればそうですよね。
    英語はもちろん,他の国の言葉は基本的にアルファベットのように決まりきった記号しか使いません。
    しかし日本語に関してはひらがな,カタカナだけで92文字。
    さらに漢字に至っては全て知っている人はほぼいないぐらいの量!



    なんでこんなに複雑な文法を操る日本人が,何年英語を勉強しても話せないんですかね(^^;)





    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    凄すぎる家でのセルフ授業Σ(゚д゚;)

    昨日は小学生の宿題が面白い事になっていたのでご紹介。

    凄いセルフ授業

    もはや家でセルフ授業をしている状態(笑)

    しかもこれ,実に50ページ以上にわたる宿題ノートの見開き1ページです。
    もちろん問題を解いているページもあるので,全てがこのようなページではありませんが,
    間違えたところのまとめはこんな調子でまとめがしてありました。

    うーん,すごいww
    相当時間がかかったことと思いますが,
    おそらくやっていた本人は楽しくて仕方なかった事でしょう。


    もちろんちゃんとテストで点が取れないといけないのでチェックテスト
    そうしたら正答率はなんと80点以上!

    ただ写したわけではない事がよくわかります。
    社会でもこれができれば,理解が早まることでしょう。
    今後が楽しみです(*^_^*)



    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    中1から通ってるってやっぱりすごい!(笑)

    蘇我は試験も終わったので,早速次の単元に入りました。
    試験が終わったからと言って休ませません(笑)

    さて,昨日は中3数学の授業だったのですが,
    二次関数に入りました。

    学校は平方根に入ったばかりの所ですが,
    中3の場合,いかに早く未習分野をなくすかがカギです。
    なぜなら,未習分野が無くなった時点で過去問に取り組め,
    入試までの期間をひたすら演習に充てられるため
    です。



    「進みが速すぎる!」
    「ついていけない!」


    と塾の先生でもおっしゃる方がいらっしゃいますが,そんなことはありません。
    まだ順位こそ出ていないものの,今回のテストも割といい感じに伸びた子が多いようです。
    勉強のやり方さえ間違えなければ,
    早くてもちゃんと実力アップにつながる
    のです。

    二次関数を自力で解く!

    これは昨日の2次関数の授業のノートです。
    この子は入って半年ほどの子なのですが,
    見事に中1中2の単元は抜けております。

    最初は「全然わからない!」と言って全く手が動いていませんでした。
    それが基本事項を確認して,テクニックを教えたところ,サラサラとまでいかなかったのですが,いきなり入試問題まで解けてしまいました!


    ちなみに昨日の授業,事情により中3の1人がかなり遅れて来たのですが,
    全く見た事もない問題なのに,来るなり今みんなが解いていた問題を誰よりも早く正解してしまいました(笑)

    さすが中1から通っているだけあって,単純化が身についているんですね。
    飲み込みの速さに驚くと共に,中1から通っている事による差がハッキリ見られてとても嬉しくなりました(*^_^*)

    この子は小学生の時から社会苦手で,
    中1の時のテストは40点台ばかり
    だった子。
    それが今ではどんどん伸びて80点に迫る勢いです。

    社会苦手な子って,通常進むにつれて理解できない事が多くなって成績は下がる一方なんですよ。
    山掛けをすれば点数は一時的に上がりますが,こういう子は点数のアップダウンが激しく,
    結局入試では弱点科目として残りやすくなってしまいます。
    そのため,ちょっと頑張ったからと言って,すぐに成績が上がるものではありません。

    英語も90点台に乗りましたし,今後が楽しみです(^^)




    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    選挙権が18歳からに変更!大人は子供に何を教えるべき?

    選挙権18歳からに変更されましたね。
    1945年に25歳から20歳へ変更されてから、実に70年ぶりの変更ですね。

    折角ですから,選挙権の変遷を見ていきましょう。


    まずはその内容の歴史から。

    ―――――――――――――――――――――――――

    1889年 直接国税15円以上納める25歳以上の男子

    1900年 直接国税10円以上納める25歳以上の男子

    1919年 直接国税3円以上納める25歳以上の男子

    1925年 25歳以上の男子(国税要件撤廃!

    1945年 20歳以上男女(現在までの制度)

    2015年 18歳以上の男女

    ―――――――――――――――――――――――――

    このように,高い税金を納めていた貴族のみが持っていた選挙権は,
    年齢は若く,そして男性だけではなく,女性にも選挙権を拡大してきました。

    この年齢については色々な理由を考えて決めたものですが,
    やはりちゃんと社会の仕組みを理解できる年齢になってからというところです。


    次に時代の流れも一緒に確認しておきましょう。

    ―――――――――――――――――――――――――

    1889年 直接国税15円以上納める25歳以上の男子
          同じ年に大日本帝国憲法が公布されています。
          大日本帝国憲法は伊藤博文がドイツのプロイセン憲法をもとに作成したもの。
          つまり,江戸時代が終わり,西洋に追いつくことを目指した中で決められたものです。

    1900年 直接国税10円以上納める25歳以上の男子
          この年に義和団事件が起きていますね。
          つまり,日清戦争の後,日露戦争の前に当たる年です。

    1919年 直接国税3円以上納める25歳以上の男子
          これはドイツが全ての植民地を失ったベルサイユ条約の年。
          つまり,第一次世界大戦の後で,関東大震災の前に当たります。
          この頃はまだ国税を納めている人が対象だったんですね。
          ちなみにこの頃の3円はまだまだ敷居が高く,
          国民の5%程度しかこの条件を満たしていなかったそうです。

    1925年 25歳以上の男子
          関東大震災の後,世界恐慌の前に当たる年です。
          この時に初めて納税要件が撤廃されました。
          これはやはりごく一部の人にしか選挙権が与えられない事により,
          国民からの批判が高まったためです。

    1945年 20歳以上の男女(現在までの制度)
          これは広島,長崎の原爆の年であり,終戦後に決まったものです。
          翌年の1946年には日本国憲法が公布されています。
          男女関係なく,国民が政治を決められる体制となりました。
          これで大体人口の50%程度の人たちが有権者となりました。

          なぜ50%なのか?
          それはこの時はまだ若い人たちの人数が多かったためです。

    2015年 18歳以上の男女

    ―――――――――――――――――――――――――

    さて,ここからが子供たちに考えて欲しい問題です。
    なぜ20歳だった選挙権んを18歳にしたのか?

    ヒントも書いておきましたので,もうお分かりになりましたか?



    有権者の年齢がどんどん高齢化に偏っている事と,
    若い世代の投票率が低く,高齢者に有利な政策ばかりできてしまうためです。

    この間の大阪都構想の投票もそうでしたが,
    高齢者による反対の投票が多く,それが勝敗を分けたと言われています。

    最も若い世代が投票に行かなかった事も大きな問題ですが,
    やはり選挙で勝つ事を考えると,政治家も年配者の顔色を窺った選挙活動をしなければならなくなるのが現状なようです。



    ここまで子供と色々と選挙について話す必要はありませんが,
    少しでも社会の仕組みについて触れる機会は持って欲しいなとは思います。

    それは,法律は18歳からとなりましたが,
    現状の社会科教育は18歳に適応させるような教育をしていないため
    です。

    そもそも今の教育は,選挙について概要を教えられるだけで,
    社会に興味を持って,自分たちが選ぶんだという感覚が欠如しています。
    せっかく18歳に引き下げられても,それでは投票率がますます下がるだけだと思うのです。

    社会に対する興味関心は学校で教えられるものではありません。
    やはり実際の生活を通して,家庭で話をする中で学んでいく事が多いのです。
    この話題を機に,子供たちと選挙や社会の仕組みについて,
    ちょっとでも話して,子供に考えさせるきっかけにしていけるといいのではないでしょうか。




    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    カレンダー
    05 | 2015/06 | 07
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 - - - -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。