スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    一向に減らない夏の宿題と,どんどん減っていく夏休み(。-∀-)

    さて7月も最終日。
    いよいよ明日から8月ですね!
    受験生のみなさんはあと20回ぐらい日曜日を迎えたら受験です!(^O^)



    って言ったらとんでもなく焦っていました(笑)
    日数にすると150日ぐらいあるのですが,
    日曜日が20回と言われると途端に危機感が出る。
    ま,そんなものです。


    というわけで,昨日の中3の勉強時間はなかなかすごかったようです。
    大体12~15時間ぐらい!
    やればできるじゃないか(・∀・)

    ま,時間をかければいいわけではなく,
    テストで点が取れなければ意味がない。

    というわけで,時間やろうが完成度の低い宿題だった子はお説教(。-∀-)

    やっても怒られ,やらなくても怒られ…
    とある塾の方には「そんなに追い詰めたら可哀そう…」と言われましたが,
    ちゃーんと目的があるのです。



    今の中3が抱えている問題。
    それがマイペース,危機感の薄さ,諦めの早さ
    これらは入試が近くなるにつれて間違いなく悪影響を及ぼします。

    それを回避するためには,入試直前に伸びる実感を与えること。
    そして時間の使い方を学ぶこと。

    この子達は今まで勉強優先ではなく,部活優先で来ています。
    そのため,あまりに勉強に対する時間感覚が乏しいのです。


    時間はかければいいものではなく,効率的に使うべきもの。
    というわけで,時間を使おうとしなければ叱りますが,
    時間をかけても中身の薄い,うわべだけの勉強をしている子も叱ります。

    もう8月なんだけどなー(笑)



    ちなみに中1の昨日の宿題はこんな感じ。

    中1の宿題


    これは数学だけですが,こんな感じで個別にやるべき場所に付箋を貼って指示しています。
    学校の宿題自由研究以外を今日中に終わらせて,
    来週提出の宿題
    です。
    終わらない終わらないって言っていますが,
    中1は何だかんだで終わらせる子も結構いそうな気がします(笑)

    この写真の子も「マジか―」って顔をしながら持っていますが,
    無理ですとか,減らして欲しいとか言わずに
    「はーい,やってきまーす。」
    って言って持って帰りました。

    やっぱり早い内にやるのが当たり前ってすり込めている子は強いなぁ(・∀・)
    ま,中1なのでおそらく手を抜いてくるでしょうから,
    そこは来週の出来具合でどうするか決めましょう。


    ではみなさんも効率の良い時間の使い方ができますように!





    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    コメント,メッセージもお待ちしております(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村



    スポンサーサイト

    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    夏休みの宿題の計画の立て方とやらせ方

    さて,7月も明日でもう最後。
    もう学校宿題はケリが付き始めていますか?(笑)
    8月に入ってしまうとあっという間に過ぎ去って学校が始まりますからね。
    やはり計画を立てることは大切です。

    受験一筋!


    というわけで,今回は優先順位の話をしましょう。
    PHIの中3の場合,かなりやる事が多いため,
    そもそも学校宿題をやっている時間はなかなか取れません。
    もちろん学校宿題をやる期間は考慮してありますが…
    まぁ現実的に回らないので仕方がない。
    頃合いを見計らって学校宿題用の時間を確保しています。

    一応PHIの中3の勉強時間は1日11時間宿題の量を計算してありますので(笑)
    だからゆっくりな子が取り組むと15時間ぐらいは普通にかかってしまいますし,
    子供によっては終わりません。

    一応ここ数日の勉強時間は,学校説明会などがあっても10時間程度な様子。
    んー時間的にみるとまぁまぁですが,実際中身がまだまだだったりするので,
    時間数に対する到達度がまだ低い所が課題です。


    ちなみに10時間程度の勉強時間なら,中3ではなくてもやっている子がいます。
    中1,中2でも2~8時間。
    小学生はバラつきがあるものの,やっている子は中学生以上にこなしています。



    さて,そんなPHIではどのように物事の優先順位をつけさせているのかと言いますと,
    夏休みの宿題に関しては,終わりのハッキリしているものを真っ先に片付けなさいと言っています。
    例えば計算,漢字練習,プリント,ワーク,作文など
    これらは中身の質を問わなければ,ゴールがハッキリ見えています。

    子供ゴールが見えないものは手を出すのを嫌がるんですよ。
    だからゴールが見えているものから真っ先に片付けさせます。
    ゴールが見えていれば

    「やりなさい。」

    でやらせることができますからね。
    7月も終わろうかと言う現状で全く手がついていない子の場合は,
    縛り付けてでもやらせるべきですね。
    自主性に任せてなんて言っていたらいつまで経ってもやりません。

    ただし,強制する時は,ゴールがハッキリと見えているものにして下さいね。
    ゴールが見えていないものを強制すると逃げ方を覚えてしまいます。



    そしてゴールがハッキリしているものを片付けたら,
    いよいよゴールが不明瞭な自由研究や調査レポートなどの課題,
    人によっては作文などです。



    これらの課題は「やりなさい!」ではやりません。
    やり方がわかりませんから。

    そこで重要なのが,完成形をハッキリさせることです。
    自由研究ならば,何の研究をどのように進めて行くのか,
    具体的に子供が何をすればいいのかが見えるようにしていきます。

    これは子供だけではできませんから,何かしらの形で大人が関わってあげましょう。


    PHIでは方針作りのアドバイスをして,
    子供たちが自由研究などをやりやすいようにしています。
    答えや結果は教えず,あくまで方針作りのサポートです。


    しかし方針がちゃんと立てば,いつやろうという計画も立てられるようになります。
    これはやはり家族で協力してあげて,子供自由研究をやろうとしている日は,
    子供が自由に動けるように予定を調整しておいてあげるといいでしょう。

    割とありがちなのが,親の予定に振り回されて研究が進まないケース(笑)
    自由研究には突然材料が必要になったりという事も多々あります。
    それも含めて,親の協力は不可欠です。
    親も一緒になって自由研究のために予定を空けたとなれば,
    子供もやらざるを得ません。
    その決めた日はしっかりと研究に打ち込むことにしましょう。



    ちなみに夏の予定に関する考え方なのですが,
    子供の予定と親の予定を別のものとして考えるとあまりうまくいきません。
    親が子供の予定を把握している事は当たり前ですが,
    子供も親の予定を把握している必要があります。

    親の予定を知らない子供は,大抵親の予定に振り回されることになり,
    受動的な時間管理しかできなくなるためです。


    大人の予定も子供の予定も,ちゃんとみんなで共有して,
    子供にも時間管理,予定管理の責任を持たせて生活して下さいね(^^)/






    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    コメント,メッセージもお待ちしております(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村




    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    小4が「考える」ってことを楽しんでくれるようになってきかたも♪

    最近やたら暑くなりましたね。
    しかし相変わらず空には雲がたくさん!
    まぁ晴れには違いないのですが,星が見えないんですよね(^^;)
    夏休みは流星群が3つもあるのになぁ…とか思います。


    さて,ここ最近の小学生の授業
    小4は夏でも相変わらずのんびりやっておりますが,
    考えるっていうことにちょっと乗ってきたかなーって感じです。

    地球儀で勉強

    これは地球儀を見ながら考えているところ。
    まだ世界地図を覚えて間もないので,まだくるくる回しながら探しています。
    見ているこっちも楽しくなてしまうくらい,ニコニコしながら考えていました(*^_^*)

    いいんです,小4ですから!
    どこにあるかわからない国名だけ覚えさせられて勉強するよりも,
    1つ1つ実感しながら覚えていく方が,のちのち大きな資産が作れます。

    算数のノート

    こちらは算数のノート
    この子はちょっとめんどくさがりで,すぐに手を抜こうとする子。
    そしていつもは米粒よりも小さな文字を書く(笑)

    それが今回はノートいっぱいに表を書いて,
    しかも新しい分野を自分で規則性を見つけて解くことに成功!


    これ,先生なーんも教えていないんです!
    勉強の仕方のヒントを教えて,最後にわかったかどうかの確認をしているだけ!

    小4は最初に「あたりまえ」を植えつける事にとにかく時間がかかりますが,
    それがやっとちょっとずつ花開いてきたようで嬉しくなってしまいました\(^o^)/



    中1歴史で7世紀の桓武天皇あたりに入ったのですが,
    楽しいと言ってくれる子が多く,我々も教えがいがあります(^^)

    歴史が楽しい!

    なんかこう目を輝かせて聞いているんですよ(笑)

    「それでそれで?」

    みたいな。
    中1のこの時期から食いつきがいいと,この先がとても楽な予感♪

    そして自由研究のネタをみんなから聞いてみたのですが,
    中3よりしっかりしているようなww

    まぁ中3は受験との兼ね合いもあるから題材選びが難しいんですけどね(笑)
    聞いたどの自由研究も,掘り下げると奥が深い世界が広がっているので,
    どこまでみんなが掘り下げて考えてくるか楽しみです。


    ちなみにPHIでは重い宿題はお盆まで,
    軽い宿題は基本的に7月中に終わらせる
    ように指示しています。

    もちろん進捗状況は確認したり,詰まっていればアドバイスしたり。
    今のところ,みんな後回しにしようという気持ちが感じられず,
    ちゃんといつやるか計画を立てていました。

    ちゃんと目標通り終わらせられるといいなぁ(*^_^*)


    計画は崩れるから立てないのではなく,
    何をやるべきかをハッキリさせるために立てるもの。
    みなさんも頑張って計画的に(^^)/




    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    コメント,メッセージもお待ちしております(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村




    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    秘密の特訓の効果と結果

    夏休みもあっという間に4分の1が終わってしまいましたね。
    計画通りの夏休みを送れていますか?



    放っておくと大抵だらけるので,ちょっと強制したりして締めていくのですが,
    PHIでは今年は意外と夏でも変わらずちゃんとやってあったり(*^_^*)
    ま,予想通りやらなくなる子もいましたが(笑)



    さて,先日の土曜日の秘密特訓講座
    強制的に机に縛り付けてじっくりと行動観察していたので,
    みんなの素性や秋以降,入試直前の行動予測が大分見えた講座となりました。
    よかったよかった(笑)

    とりあえずほとんどの子が何かしらの実感を得られたようなので,
    あとは今後それをどう使ってくれるかが楽しみですね♪

    満点取れた!
    ちなみに最初はみんな泣き言を言っていました(笑)
    実際に限界に直面して泣き出した子も数名(^^;)
    テンションが上がって来て一気に乗ってくる子も。
    乗ってきた子はものすごい勢いで吸収していきました(^o^)
    うまくいった子は自信がついたようです。


    何の講座でどんなことをやっていたのかは秘密です(≧ω≦)
    でもこれで勉強の仕方がガラッと変わる子もいるので効果は絶大!
    何人かは講座の中ですでに頭の使い方がかわった様子が見られたので,
    手を抜かない限り,きっと伸びてくれるでしょう。

    ではみなさんも効果が得られる夏休みになることを願っています(^^)/





    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    コメント,メッセージもお待ちしております(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村






    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    「勉強しなさい!」と言い続けて勉強させている方へのアドバイス

    いつもは子供に無理矢理勉強させるのは,あまり望ましくないという話をしていますが,
    本日は無理矢理勉強させる方法についてお話ししてみましょう。

    脳みそ硬い

    ランナーズハイという言葉はご存知でしょうか?
    マラソンなどをしている時に,本当は辛いはずなのに,
    ある時を境に突然楽しくなってきたり,快感に感じてきたりするあれ
    です。

    これを勉強に応用する事ができるんですね。
    要するに,強制的に勉強させ続ければ,
    ある時を境に勉強が快楽となってやめられなくなる
    のです。

    「そんなバカな事があるわけない!」

    という方も多いのですが,コントロールが難しいだけで,
    日常的に割とよくあること
    なんですよ(笑)
    現にPHIの子供たちの内,実に8割以上の子が勉強しなさいとは言われていません。
    保護者の方々いわく,勝手に勉強しているそうです。

    でも元々は全然勉強してなかったという子も多かったですからね(笑)
    だからうまくコントロールさえできれば勉強を快楽に変えることもできるのです。



    ポイントは,

    ・やらざるを得ない状況に追い込むこと。
    ・やり出すまで妥協せずに追い詰めること。
    ・追い詰めた後も監視し続けること。
    ・勉強に楽しさを見出せる布石を打つこと。
    恐怖心を与えること。


    この5つです。
    これだけ見ると拷問でもかけているのではないかという感じの恐ろしさを感じますが,
    私から言わせれば,感情に任せた追い詰め方の方が余程恐ろしい。
    子供を自殺に追い込んでしまう可能性もありますからね。

    上記はあくまでコントロール下に置いた状態でのみできる方法です。
    こうしたらこうなるという予測の元,計画的に追い詰めていくのです。
    コントロールから外れたら,サッと手を引きます。
    危ないですから。



    ちょっと専門的な話になりますが,
    追い詰めると言うのは,βエンドルフィンという脳内麻薬を放出させるための手段なのです。
    βエンドルフィンというのは楽しい事や嬉しい事など,感情が動かされた時に放出されるものです。
    この物質が快感を感じる元となります。

    つまり,追い込むとは,勉強以外でβエンドルフィンを感じさせないように隔離する作業であり,
    勉強中にβエンドルフィンが放出されなければランナーズハイにはならないのです。

    そこで重要なのが勉強に楽しさを見つけられる布石なのです。
    これがなければせっかく勉強に打ち込ませてもβエンドルフィンは一向に出ません。
    だから楽しみを与えるところまでを計画して追い込まなければならないのです。

    そして一度失敗するとしばらくは使えません。
    だからチャンスは1年に一度っきりと思って徹底的に妥協せずに追い込むのです。



    そして最後のツメが追い込んだ後の恐怖心
    これは何なのかと言うと,ノルアドレナリンを分泌させるために必要となります。
    βエンドルフィンは快楽を与えると同時にリラックス効果を与えてしまうのです。
    マラソンならそれで構いませんが,
    勉強においてリラックスは集中力の低下と記憶力の低下を招きます。

    そこで恐怖心を与える事により,
    ノルアドレナリンを放出させ,集中力記憶力を高めるのです。



    いかがですか?
    一見簡単そうに見えると思いますが,
    相当子供の事をしっかり見ていないと仕掛けられません。

    PHIでもこの夏に何人か仕掛けるつもりですが,
    半年ぐらいかけて計画を練っています(笑)
    そしてどれだけ時間をかけた計画でも,
    途中で外れればアッサリ手を引かなければなりません。

    「勉強しなさい!」と言うのは簡単ですが,
    勉強に追い込むというのはそれだけリスクも伴う教育でもあるのです。



    さて,明日は年に一回限定の秘密の特訓講座(中3)をやります(^O^)
    小学生や中1,中2はのんびり時期を見ながら仕掛けられますが,
    中3は時期を読んでなんて悠長な事は言ってられず,強制的に仕掛けないとなりませんからね。
    丸々一日かけて,徹底的に追い込みます。
    子供にとってはあまりに衝撃的な内容となるため脱落する子もいなくはないですが,
    これをきっかけに爆発的に能力開花する子も現れるのでちょっと楽しみ♪

    去年は残念ながら何名か受けられない子がいたのですが,
    やはり受けた子と受けられなかった子の差が過去問の点数にもハッキリと現れて,
    どんどん差がついていましたね。

    今年は裏の公園でお祭りがある日にかぶってしまったので,
    お祭りに行きたいという気持ちが相乗効果になる事を期待(笑)



    ではみなさんもうまく子供を追い込んで見て下さいね(^^)/
    ただし,無計画で感情的な追い込みはダメですよ!





    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    コメント,メッセージもお待ちしております(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村






    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    夏を制すとはどういうことか?

    社会のまとめ


    いよいよPHIでも期講習が始まりました。
    中3は吹奏楽部以外は部活も終わり,受験体制に入りました。

    吹奏楽部は演奏会が遅い関係で,どうしても他の人よりも受験体制に入るのが遅くなります。
    また,強い吹奏楽部,練習がキツイ吹奏楽部は休み明けまで演奏会が続くところも少なくありません。
    中1,中2の吹奏楽部の方は,
    「中3のから受験モード!」
    などという甘い考えは持たず,今から日々時間を大切に過ごすことを心がけておいて下さい。

    ちなみに千葉には強いにも関わらず,
    毎年難関と呼ばれる学校へ進学する生徒が多い公立中学校の強い吹奏楽が存在します。
    強いので当然勝ち進み,秋も練習が続きます。

    顧問がいいのか,学校としての風潮なのか,地域の風潮なのか,
    様々な要因があるとは思いますが,
    いずれにしても勉強ができる公立中は存在するのです。
    実際この学校の生徒達を何人も見て来ていますが,
    やはり時間の使い方は相当訓練されていますね。
    勉強に関しても,部活優先という心構えではありませんでした。
    部活があるから勉強ができないという言い訳をする子はほとんどいないのです。
    中1も中2も,もちろん中3も。
    だからメリハリがしっかりできたのでしょう。



    さて,PHIの中3は一応勉強に打ち込む姿勢ができているのか,
    宿題の量が一気に莫大な量になったにもかかわらず,
    「無理!」とか「できない!」という子は1人だけでした。
    全員言わなかった!となるとカッコいいのですが,
    残念ながら1人は相変わらず言っていました(^^;)

    でもいつもはみんな口をそろえて「そんなにやれない」とか「やる時間がない」
    など言っていたので,何とかどこかでやろうと計画表と格闘している姿に成長を感じました。
    気のせいじゃないといいのですが(笑)




    と,いう事で,受験生である子も,そうでない子も,
    みーんな休みがスタートしました!

    「明日やろっ!」

    を40回言えばは終わります!
    暑さに負けず,時間を有意義に使えるように頑張りましょう(^^)/




    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    コメント,メッセージもお待ちしております(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村




    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    そんなに大変ではない自由研究の題材の探し方

    暑い日が続いてますねー。
    そして夏休みが始まりましたね!
    さて自由研究どうしましょ(笑)


    PHIでは自由研究の質問も受け付けているのでみんなから質問の嵐!
    でもPHIが教えるのはあくまでヒントであって、手伝ったりはしません。
    あくまで研究とは何か、どう進めていくのがいいか、などの指南。
    手伝ってしまったら自由研究ではなくて誘導研究になってしまいますからね(笑)



    というわけで、今回は子供への自由研究の指南の仕方についてお話しましょう。
    これは特別な知識なんてなくても、お母様方で十分できてしまいますので、
    子供が困っているようでしたらぜひやってみて下さい。



    まず大切なのは研究とは何か?
    自由研究を通して何を学ばせたいのか?

    毎年やることに意味のなさを感じながら文献を写したり、キットを使ったりしている人も少なくないようですが、
    やっぱりそれは勿体ない!
    まぁ点数が絡んでしまう以上、ある程度しょうがないかも知れませんが、やっぱり活かして欲しいところ。


    ズバリ自由研究の本質は、疑問を道筋を立てて解決していく事にあります。
    つまり、疑問に思い、それを自分であれこれ検証しながら解決していけば、どんな題材であれ立派な自由研究になるのです。



    例えばこんな子がいました。


    掃除の時に汚れがなかなか落ちない事を題材にし、色々な手段で汚れの落とし方を研究した子。


    水回りの水垢を落とす方法を研究した子。


    ホコリが溜まりやすい場所を研究して、ホコリをたまりにくくする工夫について研究した子。


    よくメジャーかつ簡単過ぎるという理由で却下されたり、低い評価を受けやすいカビの研究を、かなり徹底して研究した事で高評価をもらっていた子もいました。


    他にも日傘を研究して、オリジナルの日傘を作った子。


    新聞の折り込み広告を研究して、どのような広告が広告が効果が高いのかを研究し、自分で広告を作ってみた子。


    部屋の空気の流れを調べて、効率的なエアコン、扇風機の使い方について研究した子もいました。


    変わったものとしては、親が喧嘩する時の傾向と対策なるものを研究しようとして、親に途中でボツをくらっている子もいました(笑)



    もちろん学校の先生により評価の仕方に差は出るので、これらの研究が必ずしも高評価を得た訳ではありません。

    題材として面白くても、中身が雑だったために評価が低かったものもあります。

    ただ、子供に考えさせるという意味ではどんな事でも題材になりうるということです。
    特にちょっとした面倒くささや問題を抱えているものに関しては、ほぼ間違いなく題材のヒントが隠されています。


    一番やって欲しくない事は、
    「そんなの研究になるの?」
    と決めつけてしまうことです。
    世の中の技術や発明はそういう些細な問題の研究から生まれてきているものも少なくありません。

    子供との会話の中でヒントに気付かせてあげて、解決の糸口を一緒に考えていくとそれなりにいい自由研究ができてきますよ(^^)/



    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    なぜノート指導は真似させるだけではダメなのか?

    最近このブログを見てからお子様のノートを見てみる方が増えてくれているようです。
    そんな方々からチラホラと

    ノート綺麗になってきたけど,になってない気がする。」

    というお話を聞くようになりました。
    実はPHIのやり方を真似して見ているとある塾からも問い合わせを頂きました(^O^)
    そこで今日はPHIで行っているノート指導の例をお話ししようと思います。



    ノート綺麗にとか,見やすくとはよく言われますが,
    PHIではノートで大切なのはどのように作成したかだと考えています。

    例えば以下のノートをご覧ください。
    これは間違えたところを中心にまとめを自分で行ったノートです。
    先生が教えた授業のノートではありません。
    ノート指導前

    一見すると綺麗で見やすいノートで,
    パッと見でこれを見せても

    「よくまとめられていますね!」

    って言って下さる方がほとんどです。


    でもこれではダメなノートなんですね。
    見る人が見ればわかるとは思いますが,
    このノート,実は理解していないという証拠がわんさかあるんです。

    その部分の理解度を試す質問をしていくと,
    案の定わかっていませんでした。
    そしてもう一度考え直して追加でまとめさせたのがこのノート

    ノート指導後

    些細な事のようですが,これはとても大きな違いなのです。
    この部分が理解できていないと,この分野の本質的な部分は理解できず,
    違う聞き方で問題が出されたら解けないのです。



    ただ単に「ノートをもっと綺麗に書かないと!」と言っても,
    やはり中身が伴わないと数には結びつきません。

    それにこれはPHIの十八番としている指導ですから,
    見た目は真似出来ても,質までは真似できません。
    武道と同じで,やはり実演が伴って初めて学べるものでもありますからね。


    もちろん見た目を真似していく事も大切です。
    そのにおいて,

    「もっと綺麗に書きなさい!」

    というのは大切です。
    参考となる見本のノートを見せるのもいいでしょう。

    しかしそれは単に地ならしをしたに過ぎません。
    そこに足場を組んで,初めて成績に結びつきます。

    ご自宅でノートをチェックして,ある程度綺麗にかけているようでしたら,
    ノートの中身を本当に理解しているかを聞いてみるといいでしょう。
    何も親がその勉強の内容を理解している必要はないので心配いりません。
    大切なのは,子供がちゃんと自分の言葉で説明できるかどうか,です。


    この夏,お子様と一緒に過ごす時間も増えるでしょうから,
    是非試して見て下さいね(^^)/


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    コメント,メッセージもお待ちしております(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村




    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    ケーススタディー:子供の締め方(・∀・)

    四角形の面積を自分で!

    これは四角形面積の求め方自分で考え出したノートです。
    やったことがない初めての単元ですが,
    自分で公式の意味を理解してしまっています(*^_^*)


    さて,今日は
    「どんな感じで子供を締めてるの?」

    というご質問を数件頂いたので,
    PHIの実際のケーススタディーをお話ししてみようかと思います。



    【ケース1】

    夏のしおりに書いてある1日の生活計画を見て。

    先生 「何この計画。」

    生徒 「計画なんてどうせこの通りならないじゃないですか,適当です適当!」

    先生 「で,実際はどういう生活をするの?」

    生徒 「ちゃんと勉強もしますよ!」

    先生 「何時間?」

    生徒 「2時間ぐらい。」

    先生 「アホか!この勉強時間と自由時間を交換しろ!」

    生徒 「えぇー!?無理です!そんなに勉強できない!」

    先生 「やれ(・∀・)

    生徒 「無理ですって…せめてこれぐらいに…」

    先生 「ダメ(・∀・)

    生徒 「わかりましたよー書き直しますよ。。。こんな感じでどうですか…?」

    先生 「うん,まぁいいだろ。じゃあこの分の宿題出すから,やらなかったら何があっても翌日提出な。お祭り行きたいとか許さないから。」

    生徒 「はーい。。。」



    この子は最初に計画なんてどうせ守れないから適当と自分で言っています。
    言っているにも関わらず,ウソでも勉強時間を増やした計画を立てる事を嫌がっています。
    でも書き直してきました。
    で,勉強時間が6~8時間ぐらいに増えてました!
    本当にやるかはともかくとして,少なくとも最初の2時間の計画よりはやると思いますよ(笑)





    【ケース2】

    夏のしおりに書いてある1日の生活計画を見て。

    先生 「なんで食事に1時間半もかけてるの?」

    生徒 「いや,なんとなく。」

    先生 「朝起きてからのこの2時間の空白は何?」

    生徒 「いや,なんとなく。。。」

    先生 「何となく1日どれくらい勉強するの?」

    生徒 「6時間ぐらいかな?」

    先生 「睡眠時間は何時間必要?」

    生徒 「6時間でいいと思う。」

    先生 「食事と風呂は?」

    生徒 「1回1時間もあれば十分かも。」

    先生 「自由時間とは他に必要なものは?」

    生徒 「んー特にいらないかな。」

    先生 「そう,じゃあ勉強時間は何時間取れるの?

    生徒 「えーっと…14時間ぐらい取れるかな。」

    先生 「この計画と全然違うけど…」

    生徒 「いや,よくわからないから適当に書いたんですよ!ちゃんと14時間目指して頑張るから大丈夫です!」



    ま,要するにこの子の場合はボーっとしてる時間が多いから計画にもそれが反映されてしまったのでしょう。
    実際14時間は現実的に相当切り詰めなければできることではありませんが,
    できない事もありません。

    お風呂にノート持ち込んで勉強する子もいますし。
    時間数が全てではありませんが,時間を大切に使えていない子は,
    時間がどれだけあるのかを意識させることも大切
    です。




    【ケース3】

    生徒 「暑くなってきたら集中できないんです!」

    先生 「そっかー,暑いと集中できないもんね。」

    生徒 「弟も邪魔してくるんですよ!」

    先生 「まぁ遊びたい年頃だしねー。」

    生徒 「だから夜やろうとするんですけど,終わらないんです!」

    先生 「そうだよねー夜は寝なきゃいけないもんねー。」

    生徒 「・・・」

    先生 「で?」

    生徒 「だから宿題終わらないんです。。。」

    先生 「終わらせたいけど終わらないの?」

    生徒 「終わらせようとは思うんですよ!」

    先生 「そう,なら終わらなかったら終わるまでここでやって帰っていいよ(^O^)

    生徒 「え・・・?」

    先生 「終わらないんでしょ?やっていっていいよ!終わるまでお迎えいりませんってお母さんに言っておくね!」

    生徒 「え・・・(@_@;) いや・・・それはちょっと・・・」

    先生 「大丈夫だよ,終わったらちゃんと迎えに来てくれるから!」

    生徒 「えー!?いやー・・・そのー・・・頑張ってやってきます。。。」

    先生 「うん,頑張って来てね!(^O^)」




    典型的な言い訳っ子をやらせたいならこの手ですね。
    基本的にあー言えばこー言うので,相手の言い分は受け入れてしまいます。
    でも,達成してもらいたいことをだけは確実にやってもらいます。
    有無は言わせません(笑)

    ちなみにこの子は宿題をやっていない訳ではなく,
    まとめが手抜きな上,点が取れていなかったのでこのような話になっただけです。
    こんな話をしていますが,普通の子よりは断然やってますよ!


    みなさんのお子様がうまく勉強する軌道に乗ってくれる事を願っています(^^)/



    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    コメント,メッセージもお待ちしております(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村





    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    夏直前!子供の気の緩みはすでに出ていますよ!

    最近,蘇我周辺のPHIのやり方を真似しだしているという話をよく聞きます。
    PHIのやり方が広まるのは嬉しいですね。

    入会される方にも心配して頂きましたが,
    大丈夫ですよ,通ってくれている人にしかわからない,
    PHIオリジナルの指導法が沢山
    ありますから。
    隠してるわけじゃなくてブログじゃとても書ききれないんです。
    PHIが一番伸ばせるだというポジションはそう簡単には譲りません(笑)
    でも危機感を持って,本家として負けないように頑張ります(*^_^*)



    さてさて先日の円を教えた小学生
    割と丁寧に書いて解けるようになったので,
    だいぶ一人で解けるようになっていました。

    円の通り道の面積

    こんな感じで,ノーヒントで解けるようになっています。
    教え込んじゃうとなかなかこうもいかないので,
    やはり何度も書き直しながら自分で導いた方法は強いですね(^O^)


    今日の小5は写真を撮り忘れましたが,
    休みを目前に気が緩みだしたのか,
    直しまとめも甘くなってきたので,ちょっと締め直しました。
    来週提出の宿題で手を抜かない勉強を出来ていなければ,
    PHI直しまとめができるようになるまでやってもらいます(笑)

    でもPHIの要求水準が高いだけで,普通の子に比べたらかなりやってますよ(^^)



    中1方程式の文章題が3回目となり,一通り全部終わりました!
    終わっただけで,まだまだ練習不足のため定着はしていませんが,
    比較的よく出来ているんですよね。

    やはり部活が始まる前にすでに宿題をやるのが当たり前になっていたのがよかったのか,
    最近やる量が減ってきたとはいえ,結構な量をやっているようです。
    ま,とはいえそろそろうまく手を抜く兆候も見られ始めたので,
    はいつもよりチェックを厳しくしていきます(・∀・)



    ちなみにPHIでは夏期講習だからといって,
    集中的に授業をするような事はしていません。

    今まで通り,コンスタントに授業があります。
    それはなぜか。



    集中的にやると勉強した気になるだけで,
    がない期間は全く勉強をしないからです(笑)


    私はコンサルの関係で色々なを見ていますが,
    集中的に授業がある子は,
    十中八九がない期間は勉強していません。


    「この期間に自由研究などの学校の宿題を!」
    などと言っている子もいますが,まずその期間はやっていません(笑)

    要するに夏期講習とはいえ,ペースを崩させないようにコントロールしないと,
    まず間違いなく楽な方に流れて終わるのです。
    子供を信用してあげたいのは山々ですが,
    信用すべきところと信用してはいけない所がありますからね!

    気の緩みがみられる子は,の早い時期に締めて下さい。
    ハッキリわかるぐらいだらけてから言い出しても修正ききませんよ!
    みなさんのお子様が,流されない休みになるよう応援しています(^^)/



    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    コメント,メッセージもお待ちしております(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村




    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    カレンダー
    06 | 2015/07 | 08
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。