スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    今まで何も考えずに勉強してたんだなーってよくわかりました。

    夏休みが終わって早2か月。
    あっという間に次の試験が始まりますね。

    蘇我では2週間後に中3の中間テスト
    4週間後には中1,中2の中間テストがあります。

    夏前から入会した子も次第に直しがうまくなってきました。
    学校のワークの直し

    これは学校ワークの直しですが,
    正しい答えを導くためのポイントがちゃんと書けるようになってきました。

    学校ワークは,ただ解いて答えを赤で記入して提出してしまう子も多いため,
    直しをちゃんと出来ている子は,提出物のポイントが上がります。
    些細なことですが,稼げるポイントは稼いでおくに限ります。
    もちろん,ちゃんと直すことで理解度も上がりますので一石二鳥です。
    学校ワークは使いにくいという方も多いのですが,
    学校の試験対策にはやはり学校ワークが一番です。



    こちらはPHIで指導している社会勉強方法の1つ

    テキストを見ないでまとめ

    この子はPHIに入会する前まで大手の塾に通っており,
    ただひたすら問題を解かされていた子でした。
    もちろん先生は手厚くフォローしてくれて,教えてくれていたそうです。

    しかし,社会は主に一問一答形式の問題ばかり勉強して来たようで,
    そのため試験を重ねる度に成績が下がり続けてしまい,
    勉強方法改善のためにPHI来ました。

    このノートは何も見ずにある単元を説明させたものですが,
    教えた当初は全く書けずに手が止まっていました。
    当然口頭で誘導しようにも,わからな過ぎてだんまりな事も多かったのですが,
    半年ぐらい経って,最近は何も見ずにここまで書いて説明できるようになりました。
    もちろん社会成績はどんどん伸びています。
    社会成績って簡単そうで実はそんなに簡単に伸びないんですよ?
    その子がこんなことを話してくれました。


    「今まで何も考えずに勉強してたんだなーってよくわかりました。
    今の勉強と比べたら,あんなのはただ記憶力に頼っていただけでしたね。
    最近は勉強した分だけ頭に入る感じで楽しくなってきました。」



    受験生もそうでない人も,
    ここからはあっという間に次の学年まで進んでしまいますよ!


    『勉強時間成績の伸び』
    ではありません!



    闇雲に勉強している方は,
    そろそろ来年度へ向けて勉強のやり方を見直してみませんか?


    PHIの募集状況に関してはこちらをご覧ください(^^)/

    PHI 蘇我若草教室の募集に関して



    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    コメント,メッセージもお待ちしております(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村





    スポンサーサイト

    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    成績が伸びない丸付けとその対策

    今日は

    子供勉強なんてこんなもの。』

    という例を紹介しましょう。

    適当な丸付け

    これは中1の子のノートの抜粋なのですが,
    何かお気づきになりますか?



    そう,実は丸になっていますが,間違っているのです。
    間違っているのに丸してしまっている。

    これって多くのの先生が頭を抱える,
    一番厄介な勉強の仕方なのです。

    なぜ厄介なのかと言いますと,
    先生は丸をしてあると正解したと思ってしまうからです。
    仮に親がノートをチェックしていたとしても,
    丸がついていればほとんどの方が見逃します。

    つまり,実は出来ていないにも関わらず,
    誰にも気づかれないままに負債を抱えていってしまう
    のです。
    それゆえ,
    勉強はしているハズなのに成績が伸びない」
    という事態を招くのです。



    もちろんこの状態に気付いて子供から解答を取り上げ,
    親や先生が丸付けをするというケース
    も多いのですが,
    実はこれはこれで大きな落とし穴があります。

    よくあるケースとしては,親が取り上げて親が丸付けをするケースですが,
    確かに採点ミスは減ります。
    しかし同時に子供の自主性も失っていきます

    丸付けというのは自分で解いた問題に終止符を打つ作業です。
    この作業を奪ってしまうという事は,
    子供
    「自分の責任で完成させる」
    という事をいつまでたっても覚えられない事になります。

    しかもそれに加えて親の責め立てる言葉が雨あられのように降り注ぐ。
    これでやる気を失わない子供がいるわけありません。
    いつまで経っても勉強をやらされているという感覚が抜けず,
    反抗期を迎えた頃から勉強嫌いに向かっていきます。


    つまり,親や先生が丸付けする事が通用するのは,
    反抗期を迎える前の小5~6ぐらいまで
    です。


    ちなみに小5~6ぐらいでも,親が丸を付けて子供成績が伸びたという話は,
    残念ながら聞いたことがありません。
    一時的に伸びたように見えても,限界が生じてしまい,
    それ以上伸びなくなる
    のです。

    やはり,丸付けを親や先生がするというのは,
    最低限の基礎学力のみをつける時に限ると思います。
    この方法では中学受験や中学生に関しては平均も見込めないでしょうから。



    PHIでも正直なところ,このように丸付けがいい加減な子は手こずりますが,
    そうだとわかっている子に関してはマークしておき,
    子供に丸付けを自分でさせた後に先生の方でチェックしていきます。


    子供がどうして丸付けをミスするのかにもよりますが,
    不注意やめんどくさがって適当に丸を付けている場合には,
    丸付けを全部やり直しさせます。


    に来てまで丸付けの指導かと思うかも知れませんが,
    上記の理由があるので丸付けは侮れません。

    ズルして適当な丸付けをしても,
    後で面倒な事になるだけ
    だということを身を持って学んでもらいます。

    その上でどこで間違えたのかをただの計算ミスに至るまで直してもらい,
    ここで初めて丸付け終了となるのです。
    こんな感じですね。

    間違い直し

    正直この方法ではすぐには改善しません。
    地道に地道に指摘して,丸付けの仕方を教えていきます。

    解答を取り上げて先生の方で丸付けしてしまう方が楽ですし,
    成績が伸びる可能性は高くなります。
    しかし,やはり自分で丸付けをさせる方が,自主性は育ちやすいため,
    最終的には伸びる可能性が高くなります。


    実際PHI同様に解答を生徒に渡して丸付けをさせるように変えたがいくつか見てきましたが,
    やはり解答を子供に与えた当初は丸付けが酷く,
    先生側の管理の手間が増大したそうです。
    しかし丸付けの指導を徹底していく事により,
    最終的には手間が減り,
    子供がやり出した時の伸びが良くなった
    と話して下さいました。


    丸付けの雑さは成績の伸び,自主性に影響する大きな問題です。
    心当たりのある方は,丸付けの仕方を根本から見直ししてみてはいかがでしょうか?(^^)/




    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    コメント,メッセージもお待ちしております(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村






    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    船橋で教育論のセミナーをやらせて頂きました(^^)

    船橋市のイオンで行われた福祉まつりというイベントの中で,
    教育論セミナーをさせて頂きました(^^)

    テーマは子供勉強しなさいと言わずにさせる方法

    教育論セミナー


    前回のセミナーでは

    子供勉強する土俵に誘導する方法

    を中心にお話しさせて頂きましたが,
    今回はイオンという買い物をする場であった事から

    『考える子供にする方法

    をお話しさせて頂きました。
    普段の買い物での子供との接し方を変えるだけでも,
    子供はどんどん考える子になっていく
    んですね。

    セミナー後に声をかけて頂いたり,お話しさせて頂いたりと,
    大変嬉しく,楽しい時間を過ごすことができました。

    セミナーをする場を提供して下さったイオンさん,
    福祉まつりの実行委員並びに参加者のみなさん,
    本当にありがとうございました!



    みなさんとお話しさせて頂いて,
    やはり漠然と悩みや問題を抱えていて,
    今何が問題となっているのかが見えにくいのではないかと感じました。

    子供
    「何がわからないのかわからない。」
    という事がありますが,
    それと同じような状況なのだと思います。

    私が直接運営をしている学習法指導PHIのある千葉市蘇我はもちろん,
    船橋市川松戸柏市浦安市特にへの依存度が高く,

    勉強 = 

    という潜在的な思い込みが強い事も原因の1つではないでしょうか。

    本来勉強は誰でも,どこでも出来るもの。
    何をどうやって勉強していくのかが差を生むのです。

    そしてその根底となる「考える力」は,
    普段の生活の中ではぐくむことができる力
    です。



    夏明けに小学生へ地図帳を与えました。
    特に特別な地図帳ではなく,
    普通に小学生が使う地図帳です。

    その何の変哲もない地図帳を,
    子供たちはニコニコしながら指でなぞりながら見ています。

    ニュースの話や会話の中で出てきた場所など,
    話しに出てきた場所を地図帳を開いてずーっと探しています。

    小学4年生はまだ大人しいので自分たちから物申したりはしませんが,
    先生が地図中で場所を教えてしまおうとすると,
    あからさまに悲しそうな,さびしそうな表情
    をするのです。

    だからヒントに留めて自分たちで探させると,
    見つけた時に満面の笑みでにぱーっと笑い,
    印をつけ始める
    のです。

    本当は教えちゃう方が早いんですけどね(笑)
    でも子供って夢中になっている事には本当にいくらでも時間を使えるのです。
    そして夢中になって探した答えは大抵しっかりと記憶に結びつきます。
    一発で。



    子供ってすごくないですか?(笑)
    見守ってあげているだけでもちゃーんと学んで育っていくんですよ。

    また1人でも2人でも,子育てのお役に立てるようでしたら,
    セミナーを開催していきたいと思います(^^)
    出張も致しますので,ご興味を持っていただけた方は
    お気軽にご相談下さい(^o^)


    株式会社 学習法指導PHI
    担当 切替
    電話 043-375-6137





    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    コメント,メッセージもお待ちしております(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村






    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    2015年10月21日の未来を描いた物語

    2015年10月21日16時29分。

    わかる人にはわかるこの時間。
    バックトゥーザフューチャーという三部作の映画で、
    過去から30年後の未来に来たその到着日時が今日のこの時間でした。
    そろそろマーティーが30年前の過去から来た頃ですね。


    という事で、当時映画で設定されていた未来が現実にどうなっているのかをサクッと見てみましょう(^^)



    ・空飛ぶ車

    無くはないみたいですが、その辺を普通には飛んでいませんね。


    ・秒単位の天気予報

    秒単位とまてまではいかないまでも、分単位での予報は実現しつつあるようです。


    ・ホバーボード

    地面から浮いているスケボーのようなもの。
    車を作っているあのレクサスが見事作り上げたようです。
    まだ今年出来たばかりなようで、市販もされてませんけどね(笑)


    ・タイムマシン

    映画の描写でもまだドクしか作るのに成功していなさそうです。
    そして現実にもまだまだ。


    ・画面から飛び出る立体映像

    3Dメガネをかけなければならないとはいえ、
    普通に映画や家庭用テレビでも立体映像が楽しめるようになりました。
    また、メガネをかけなくても3Dに見える画面はニンテンドウのゲーム機、
    3DSなどで実用化されています。
    ま、映画で出てた程ダイナミックには飛だして来ませんけど(笑)


    ・すぐに乾く服

    形は違えど、乾きやすい服は実用化されていますね。


    ・自動で体にフィットする服

    これはまだのようですが、いずれ出来てもおかしくなさそうな雰囲気です。


    ・ばらまかれたLD

    LD事態を知らない人も多いのではないでしょうか。
    たしか2000年頃には消えて,DVDに置き換わったものです。
    録画もできなかったので,家庭で録画するためにはVHSが使われていましたね。
    という事は,これは映画の時代背景の技術よりもはるかに先行していそうですね。



    サクッと思い付くままに書いてみましたが、どうでしょうか?
    そのままとはいかないまでも、割と現実にも出来そうなものもありますよね。


    私は25年前のニュートンという雑誌を持っているのですが,
    ここに20年後の未来の世界について,
    何が実現しているかという予想を書いてありました。


    そこに書かれている未来は,実現しているものと実現していない物が半々
    その半分の実現されていないものの現在を調べて見た事があるのですが,
    ほとんどが費用面から研究や開発が中断されていました。
    まぁこの雑誌が発刊された当時は世界的にも景気がいい時代でしたからね(笑)
    その後だれがあんな世界的大不況が来ると予想したことか。
    研究と開発にはやはり莫大な費用がかかるということでしょう。


    もちろん研究が間違った方向に進んでいる事がわかり,
    中断された研究
    もありました。
    いずれにせよ夢見た未来が着実に現実のものになっていっています。

    思えば今の子供たちは電話はスマートフォンや携帯電話が当たり前で,
    ダイヤル式の電話の使い方を知っている子もいるくらいです。
    テレホンカードを知らない子もいます。
    テレビも薄いのが当たり前で,ブラウン管というものを知っている子も少なくなりました。
    ヒートテックも初めて来た時は驚きましたね。
    今ではヒートテック的な技術は普通に衣類に導入されており,
    冬も大分楽に過ごせるようになりました。
    ジェネレーションギャップというやつですね。



    これらのものはみんな想像する事から実現してきました。
    こんなのがあったらいいな,あんなのがあったらいいなという所から生まれています。
    子供じみた発想から生まれたものも多々あります。

    ま,要するに子供想像力や発想力をバカにせずに鍛えてあげましょうということです。
    今はバカみたいな事に聞こえる事も,
    話していくうちに次第に現実へと姿を変えていくものです。
    昔の人が無理だと言ってきた事を,
    次の世代の人々が実現して技術は発展しています。

    最近子供たちから
    「無理」
    とか
    「できない」
    といった言葉をよく聞くようになってきたので書いてみました。

    これらの言葉をどこから覚えて来たのかは分かりませんが,
    その原因の多くに周りのいる大人たちによる影響があると思います。
    子供たちは大人と違って考え方が柔軟ですから,
    大人たちの偏見で子供たちの想像する未来に制限をかけないようにしたいものですね(^^)






    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    コメント,メッセージもお待ちしております(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村






    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    勉強は机だけじゃない!千葉市無料開放日を有効活用しよう!\(^o^)/

    国語楽しい


    10月18日は「ふるさと千葉市」への愛着と誇りを持っていただくため,
    「市民の日」と定めているとのことです。

    という訳で,本日は市の施設がいくつか無料開放されます!
    いくつかご紹介致しますと,

    千葉市美術館

    これはきぼーるの近くにある美術館で,
    昔に書かれた作品などが展示されています。
    ほとんどの作品が見慣れない物だとは思いますが,
    中には資料集に載っているような有名なものもありますので,
    「あ,これ見た事ある!」
    と言った程度には知識に引っかかるかもしません。
    写楽とか富岳三十六景の神奈川沖浪裏などはほとんどの方が目にした事があるはずです。



    千葉市科学館

    言わずと知れた,千葉市のシンボル,きぼーるです。
    これからの冬は千葉市でも星が見える季節。
    いつもは入館料とは別に料金がかかるプラネタリウムも無料に!
    ぜひプラネタリウムをご覧になって下さい。

    なお,科学館は通常ハッキリ言って子供が理解するのは難しいのですが,
    ここは説明してくれる人が展示エリアごとに配置されており,
    また人数も多めで比較的よく説明してくれます。
    のんびりと納得が行くまで見てみるといいかと思います(^^)



    千葉市ポートタワー

    これまた千葉市のシンボルタワー!
    展示室が無料となるので,高い所から普段住んでいる街並みを見て見るのも面白いですよ!
    私の個人的なオススメはやはりJFE(笑)
    アリオなどで買い物をする方は入口は見た事があるとは思いますが,
    JFE奥がどうなっているのかまでなかなか見ることもないでしょう。

    無料ではありませんが,ポートタワーから歩いていける距離に,
    JFEの裏側を見られる遊覧船もあります。



    ●千葉市動物公園

    風太くんで一躍有名になった動物園(笑)
    遊園地部分はなくなってしまったものの,
    動物園としてのクォリティは意外と高い!
    千葉市内ですし,気軽に行けますから,
    全部を見ようとするよりも,
    動物の生態をじっくり観察してみるといいのではないでしょうか。

    ちなみに私はハシビロコウをただただ眺めているのが何気に好き(笑)



    ●三陽メディアフラワーミュージアム

    稲毛にある植物園
    そこまで広くはないものの,なかなか綺麗に見えるように見せています。
    小学生,中学生で植物の勉強をしていれば,
    それなりに区別しながら見る事で,実物に触れた勉強になると思います。
    知識として知っているのと,実際の植物を見るのとは意外と違いますよ(笑)


    その他,他の運動施設なども無料開放されています。
    詳しくは市のHPに載っています。

    http://chiicomi.com/special_page?p=shimin_muryou_hyou


    ではでは,せっかくの機会ですから,ぜひフラッと足を運んで見て下さい(^o^)
    勉強は机の上だけでするものではありませんよ!(笑)




    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    子供の限界値はどこに存在するのか?


    缶コーヒー

    わーい,子供から缶コーヒーもらったー\(^o^)/
    しかもメッセージ入り!!!
    「先生最近顔色悪いから,体調悪いのかなって思って。」
    って(≧ω≦)
    こうやって気にかけてくれた些細なプレゼントって嬉しいですよね(*^_^*)


    あ,ちなみに体調が悪かった原因は風邪などではないのでご心配なく。
    子供たちの分析やら戦略やらが終わらなくて,
    寝られず睡眠時間が崩れているせいだと(。-∀-)
    うつらないので大丈夫です(^^;)



    さて,今日は子供限界について。

    この時期になるとよく限界という言葉を耳にしますが,
    子供の伸びに限界はあるのでしょうか?



    結論から言いますと,限界値はあります

    イメージで言いますと,車の運転が近いでしょうか。
    最近はハイブリッドや電気自動車などがあるため運転の仕方も変わってきてしまいましたが,
    イメージに合うのはマニュアル車です。


    マニュアル車というのは,
    発進の時に1速(トラックなどは2速)のギアに入れて,
    クラッチというものをつないで走り出します。


    そしてある程度速度が乗ってくると2速,3速へとギアを変えていって速度を上げます。

    しかしギアの選び方が適切でないと,エンストして止まったり,
    全然速度が上がらなかったりします。



    クラッチというのは踏み込み具合によって動力の伝達割合を変えます。
    緩くつなげば滑ってエンジンの力が伝わりにくく,
    しっかりつなげばエンジンの力がしっかりタイヤに伝わります。




    子供成績も同じようなものなのです。

    1速で走り出すべきところを,
    親が焦って3速を入れても動き出しません。

    子供が走り出したばかりの時に,
    いきなり5速を要求しても止まってしまいます。


    走り出していない子には1速の要求し,
    走り出したばかりの子には2速を要求しなければならないのです。

    これは勉強で言うならば,勉強時間や姿勢の話ですね。
    全く勉強しない子にいきなり勉強し続けることを要求するのは酷なのです。
    受験生においてはそれがかなりシビアに見られて,
    ちょっと食後にテレビをそのまま見てしまっただけでも,親に
    「時間を無駄に使ってる!」
    と言われてしまいます。

    しかしですね,今まで部活優先
    「疲れたー寝るー」
    とやっていた子や,
    部活や習い事を理由に家で勉強時間を確保してこなかった子に,

    「受験生なんだから時間を無駄に使うんじゃない!」


    などと言ってもできる訳がないのです。

    夏休みで初めて1速で走り出し,
    秋で2速,冬で3速,
    そして受験を迎える頃にやっと4速に入るか入らないか…
    これが現実
    です。
    つまり,時間の使い方については,
    中1のスタートの段階で限界値が決まってしまっている!
    と言っても過言ではないのです。



    次にやっているハズなのに伸びない子の限界について。

    これはギアを変えるべきタイミングで変えていない事が考えられます。
    勉強のやり方というのは,「これ!」という正解の形があるわけではありません。
    性格や目指すところ,
    猶予など様々な状況に応じて変えていく必要があります。


    例えば,英語の勉強で,30点ぐらいの子は単語を覚える勉強を徹底させる事が多いでしょう。
    これによって50点ぐらいまで取れるようになりました。
    同じ勉強を続けていれば70点取れるようになると思いますか?
    単語だけの勉強で70点まで行けるとは思えませんよね?

    つまり,次の段階に行くべきタイミングで,
    次の勉強方法に移行しなければならない
    のです。
    マニュアル車の場合,1速で思いっきり踏み込んでも,
    時速40~50km程度までしか速度が上がらないのです。
    それを途中で2速に変えるから,2速の限界値(時速100km程度)
    まで速度が出せるようになるのです。

    これは点の取り方を見て見なければわからないので,
    親が自分で判断するよりは,専門家に任せて診断してもらいましょう。
    PHIでは入会するしないに関わらず相談を受け付けていますので,
    お気軽にご相談下さい。




    そしてどこまで引っ張るかが効率を表します。

    2速で100kmが出るからと言って,高速道路を2速で走る人はいませんよね?
    車にもよりますが,5~6速で走るはずです。
    なぜ同じ速度で走るのにギアを上げるのでしょうか?

    ま,燃費ですね(笑)
    同じ時速100kmで走行するために,2速で走行すると5速で走行するよりもエンジンを沢山回すため,
    燃料を大量に消費します。

    勉強も同じで,2速の勉強法で70点を取った子は,
    それを2速のまま70点を維持するためにはとてもエネルギーを使います。
    すると,力尽きて来ると60点,50点と下がっていってしまいます。

    そのため,2速で70点取ったら,3速へ移行しておかないと維持が難しくなります。
    また,80点を取るのも難しくなります。



    PHIには他塾でうまくいっていない子の相談が良く来るのですが,
    そういう子たちの中にもこれはよく見られます。
    1速の勉強法で無理矢理70点,80点を取らせていて,
    試験を重ねるたびに点数がどんどん下がっていってしまうのです。

    もし当てはまっている気がするのなら,これを疑ってみるといいでしょう。



    ちなみにPHIに来ると成績が上がると思っている方がいらっしゃるのですが,
    そんなことはありません。
    ギアを変える時にクラッチを外すので,
    勉強のやり方を変えるとほぼ間違いなく失速します。


    速度は落ちてもそのギアに慣れてくれば,
    限界値は以前よりも高くなります。

    これがPHIの子が大きく伸びる理由です。



    言うまでもありませんが,いくらギアを上げても,
    アクセルを入れなければ速度はあがりません。
    勉強のやり方が正しくても,やらなければ伸びないのです。



    最後にクラッチについて。

    先ほども説明しましたが,クラッチは緩めると力が伝わらなくなります。
    クラッチをしっかりとつなげれば,力もしっかり伝わります。
    つまり,勉強をするときにはクラッチをしっかりつないで勉強しなければならないのです。

    が,このクラッチをうまくつなげない子が多いのです。
    その原因のほとんどが親にあります。

    子供が安心してクラッチをつなげる状況にない,
    精神的にブレーキをかけている状況ですと,
    いくら勉強しようとしてもそれが行動へと伝わらないのです。

    安心してクラッチをつなげない状況を作り出してしまう原因は,

    ・子供の成長を認めない,認められない
    ・子供の成長を見つけられない
    親の管理下で勉強している。
    親の管理下で生活(行動)している。
    褒められない。


    などです。
    管理下というのは,子供自身による自己決定権がない状態のことです。
    言い換えると親の言う通りに指示されて行動しているような状態のことです。

    このような状況にある子供は自信を持ってクラッチをつなぐことができず,
    いつまでたっても親のご機嫌をうかがいながら,びくびくしながら勉強します。
    だから一向に速度が上がっていかない。



    ざっくりとこんなところでしょうか。

    子供に限界があるのは事実です。
    しかしその限界を作っている要因を取り除くことで,
    子供を伸ばして行くことはできる
    のです。

    大切なのはその原因をしっかりと見極めること

    限界は様々な要因が絡み合って作り出されてしまいます。
    それをしっかり見極めて,ひも解いていければ確実に伸びる
    のです。

    子供の限界値が気になっている方はお気軽にご相談下さい(^^)/
    長く見ていればその分的確に様子を把握できますが,
    子供の答案を見るだけでも結構わかるものですよ!





    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    コメント,メッセージもお待ちしております(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村






    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    秋の募集に関して(学習法指導塾PHI)

    2015年度,秋の募集についてのお知らせです。
    告知前にすでに多くのお問合せを頂いており,
    その方々の中から入会が決定している
    ため,
    以前までのHPによる告知よりも募集人数は減ってしまっています。

    受け入れ枠にとらわれず,学習法相談は受付致します。
    入会するしないは関係ありませんので,お気軽にご相談下さい。。

    今回はちょっと立て込んでいるため,予約可能な日時の公開は致しません。
    日程はすり合わせ致しますので,個別にご相談下さい。

    なお,新年度は3月から授業開始となりますが,
    面談をしてからの入会となるため,ゆとりを持ってご連絡下さい。
    今年度の新中1は1月末時点ですでに定員に達していますのでご注意下さい。

    生徒のノート

    ◆小学生

    小3 : 2016年度,新小4(3月開始)の相談,予約受付致します。

    小4 : 今年度の募集は終了致しました。
         2016年度,新小5(3月開始)の相談,予約受付致します。

    小5 : 2名まで受け入れできます。
         2016年度,新小6(3月開始)の相談,予約受付致します。

    小6 : 新中1の準備のみ受け入れ(2名まで)できます。
         ※中1の授業は3月からスタートですが,
           今年は1月末時点ですでに満席となっていましたのでご注意下さい。

         中学受験の子の募集家庭教師かプレミアムのみ受け付け致します。



    ◆中学生

    中1 : 次回の募集12月に1名を予定しています。
         10月,11月の募集は定員に達しました。

    中2 : 次回の募集は新年度(新中3)の3月開始を1名を予定しています。
         今年度の募集は予定していません。

         なお,現在の中2はすでに学習法がよく整っているため,
         次回以降の募集では学力を考慮
    させて頂きます。

    中3 : クラス授業の今年度の募集は終了致しました。
         高校受験家庭教師かプレミアムのみ受け付け致します。



    ◆高校生

    PHIの卒業生のみ受け付けております。



    以上,ご不明点は電話,もしくは問合せフォームからご連絡下さい。


    ――――――――――――――――――――――――――――――
    株式会社 学習法指導PHI(ファイ)
    蘇我若草教室
    043-375-6137
    担当:切替

    問合せフォーム : http://shingakuzyuku-phi.com/inquire.html

    〒260-0821
    千葉県千葉市中央区若草1-16-20
    ――――――――――――――――――――――――――――――




    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    コメント,メッセージもお待ちしております(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村






    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    前期期末の講評

    蘇我では前期期末テストも終わり,秋休みを迎えようとしています。
    テストの結果を生かした秋休みを迎えられるといいですね。



    さて,PHIの中学生のテスト結果がなかなか公表できずに申し訳ありません。
    実は分析の仕方を変えましたところ,負担が倍以上になり,
    相当手こずっております(^^;)


    問合せも多数頂いておりますので,
    さっくりとお答えしておこうと思います。



    中1は前期中間で知識重視だったのに対し,
    今回は理解力重視の試験となりました。
    そのため平均点もかなり下がりました。
    一問一答形式で勉強していた子には辛かった事と思います。

    PHIの中1に関してはやっている子とやらない子の差が如実に出た形となりました。
    小学生から通っている子はやはり勉強の質が良く,
    指示もすぐ通るので順調に伸びています。

    やっていない子はもちろんマークしていたので,
    想定通り下がった感じです。
    わかってて放置したのかと言われそうですが,
    中2,中3となるにつれて放っておくのは難しくなりますからね。
    自由にやらせてその結果をハッキリ見せることで,
    本人が自覚するならそちらの方がいいのです。

    そしてPHIの中1はスタートダッシュが効いているので,
    下がったとはいえ想定の範囲内。
    通い出した頃の実力と比べれば伸びているので,
    まだ挽回できるでしょう。



    中2はいい感じで伸びているのですが,
    正直な所無理矢理引っ張っている感じが否めません。
    指摘しなければバックれる状況にあるので,
    手綱を緩めればやらなくなるのは目に見えています。
    まぁ中2の夏なんて放っておけば羽を伸ばしきってしまうものなんですけどね(^^;)

    中学生活も折り返しに入りますので,
    そろそろ時間感覚を身につけさせていきたいと思います。



    PHIの中3は勉強のやり方,質,習得度など,伸ばせる段階には来ています。
    個々に状況は異なるので,一般論の話をします。

    この時期やっても伸びない子には3つのパターンが存在します。

    1.そもそも勉強のやり方が間違っている子
    2.時間が伸びるレベルまで確保できていない子
    3.伸びている事を認められていない子

    1番目のやり方に関してはもし心あたりのある方は早急に改善しましょう。
    PHIの中3に関しては,
    勉強のやり方は間違っていない事を学校のテスト,模試で確認しています。

    2番目の時間の確保は,単純に時間を確保していないケースと,
    中味の薄い時間の使い方をしているケースがありますが,
    いずれにしても一般的に部活との兼ね合いで決まってしまいます。
    中3にとっては今更ですが,やはり部活優先の生活をしてきたゆえの弊害。
    みんな時間をかけますから,とにかく時間を確保するようにしましょう。

    これから中学に上がる小学生の方は,勉強優先か,部活優先か非常に大切な問題です。
    両立というのは理想であって,現実はどちらかに偏ります。
    部活を一生懸命やっていて,部活が終わって伸びた子は,
    部活をやりつつも勉強優先の意識があるものです。

    3番目の伸びている事を認められていない子というのもかなり多いのです。
    この時期「伸びていない」という意識を植え付けられると,
    「この先も伸びないのではないか。」
    という不安によりブレーキがかかります。

    そのために下がり出すケースもありますので,
    伸びた伸びないの判断は子供に任せて,
    子供自身を認めるようにしてあげて下さいね。




    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    コメント,メッセージもお待ちしております(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村






    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 高校受験
    ジャンル : 学校・教育



    カレンダー
    09 | 2015/10 | 11
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。