スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    生しらすって,何で生なのに生きてないの?

    みなさんは生しらすという食べ物をご存知でしょうか?
    非常に傷みやすく,生しらすを取り扱っている漁港付近など一部地域でしか食べられません。
    首都圏では江の島あたりが有名ですね。
    食べた事がある人はご存知と思いますが,
    あのつるっとした触感,たまらないですよね♪

    さて,この生しらす,どうやって作っているのでしょう?
    何で生なのに生きていないのかご存知ですか?


    まずしらすについて。

    しらすとは,主にイワシ(カタクチイワシ)の稚魚ですが,
    イワシ・イカナゴ・ウナギ・アユ・ニシンなど,
    体に色素がなく白い稚魚の総称でもあります。
    通常しらすというのはかま揚げや日干し(しらす干し)が一般的です。
    これはしらすが痛みやすいからなんですね。



    ではどうやって捕っているのかというと,
    2つの漁船で囲み,網目の小さい網ですくい上げていきます。
    そして取ったそのあとが大切!
    すぐに氷水に入れて冷やしてしまいます。

    これによりしらすは絞められるんですね。
    こうしないとすぐに傷んでしまって食べられません。
    生きているしらすがいないのはこのためです。
    そして一気に冷やしたまま漁港を目指します。



    さて,漁港についたらすぐにセリにかけられます。
    しらすはとにかく鮮度が第一ですからね。
    この時により新鮮なしらすを生しらすとして選びます。
    この選ばれたものだけが生しらすになるという訳です。



    この生しらすがそのままお店で出されるか,
    一度冷凍されてお店に持っていかれるかになります。
    いずれにせよ常温で置いておくとすぐに傷んでしまうので,
    とにかく早めに提供するか,冷凍しておくしかないわけです。



    ちなみに魚が傷むと強烈な腐敗臭がします。
    食べると腹痛などを招く恐れがあり危険です。
    生しらすを提供しているお店で食事をすると,
    早く食べろとせかされる事がありますが,このためなんですね(^^;)

    いくら新鮮とはいえ生食にリスクはつきもの!
    傷んでいるものは食べないように気をつけて下さいね(^^)/

    学習法指導室PHI 切替



    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 時事ネタhot評論
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。