スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    発言からわかる,伸びる子と伸びない子の差!

    「学力が高い子はずーっと勉強してる,
    いわゆるガリ勉タイプに違いない。」


    そんな一昔前のイメージはだんだん薄れてきて,
    最近は普通にしている子でも学力が高い子が出始めています。
    さて,同じように遊んで,同じように勉強しているはずなのに,
    この差はどこから来るのでしょうか?



    結論から言ってしまいますと,
    学力の高い子とそうでない子の差は,
    ゲーム携帯などの遊びに対する意識の差が大きい事が多いのです。



    例えば実際こんな会話がありました。

    先生 「明日,急だけど18時から補講やるよ。」

    生徒1 「えー!?テスト終わったばかりなのに!」
    生徒2 「カラオケに行く約束が…」
    生徒A 「あ,また雑草でボーボーになる…」



    私も最初聞いた時は何のことやらサッパリわからなかったのですが,
    聞いてみるとこの雑草でボーボーになると言うのはゲームの話だったそうです。
    育成ゲームか何かで,世話をせずに放置しておくと草でボーボーになってしまうそうな。



    他にもこんな会話がありました。

    先生 「最近メールの返事が返って来るのやたら遅いけどどうしたの?」

    生徒B 「あ,俺携帯の画面壊れちゃったんですよ。だからマウスつないでメール打ってるんです。
    だから打つの遅くなっちゃってるんです。」


    先生 「え!?マウスで打ってるの!?めんどくさくない?」

    生徒B 「すごくめんどくさいです。時間めっちゃかかります。」

    先生 「直さないの?」

    生徒B 「直した方が楽なんですけど,不便な方が携帯から離れられるかと思ったので,
    直さなくていいって言ったんです。」




    ちなみにこの子はその後,祖父母の家に携帯を忘れて来たそうです。
    その時はこんなことを言っていました。

    生徒B 「あ,先生。携帯をばあちゃんちに忘れて来たからメールできないです。」

    先生 「あら,それはそれは。送ってもらうの?」

    生徒B 「いえ,多分親もばあちゃんも気付いてないです。どうせ最近はそんなに使ってなかったし,
    無くてもいいからそのまま放置しようかとww」


    笑って言っていましたが半年前のこの子からは想像もつかない状況です。
    つい半年前までは携帯依存症で,携帯が手元にないだけでイライラしてあたり散らしてた子ですから(笑)
    携帯を祖父母の家に忘れて来た事に親が気付かないぐらい携帯離れをしていた事もまた,
    この子にとってはありえない状況だった訳です。



    そしてこんな例も。

    生徒C 「先生!ゲーム(アプリ)はもう辞めました!今は勉強に集中してますよ!」

    先生 「そう,じゃあこれで心おきなくロックかけられるね!」

    生徒C 「いや,それはちょっと…」

    先生 「なんで?使ってないならいいじゃん♪魔が差さないうちに先生がロックかけておくよ!」

    生徒C 「いや,やってないですけど,それは遠慮しておきます…」



    さて,今3人分の例をあげましたが,いかがですか?
    一応3人とも1年前と比べると成績伸びていますが,
    この夏の取り組みには大きな差が出ていました。
    果たしてどのような差が出ていたでしょう?



    誇張して書いている部分もあるのである程度予想はつけやすいかと思いますが,
    「雑草ボーボー」発言をした生徒Aは宿題に合わせて勉強時間を確保しています。

    そう,この子はいつもゲームをしている時間を補講に取られた訳ですが,
    「雑草でボーボーになるけど,まぁいいか。」
    程度にしかゲームをとらえていないのです。
    この子の中で優先度が高いのは勉強だった。
    だからこういう発言になった訳です。



    生徒Bはかなりマゾっ気がありますよね(笑)
    でも言いかえるとそれはストイックでもあります。
    自分が携帯に振り回されているのを知っているから,
    敢えて携帯から離れるように意識を持っていった
    訳です。
    なかなかできる事ではありません。

    正直彼はめちゃくちゃ勉強している子ではありませんが,
    半年前と比べたらかなりやるようになりました。
    自分でやると決めた事もできるようになってきましたし,
    チェックテストの点も取れてきています。



    最後の生徒Cは実は勉強できる子です。
    しかし伸びが非常に遅い
    勢いがないんですね。
    夏は本人なりには頑張っているつもりなのですが,
    実際時間はかなりかけているようなのですが,
    それでも中身は全然伴っていません。



    さて,3人の発言を見てきましたがいかがでしたか?
    成績がいい子と悪い子はどれだけ遊んでいるかで決まるわけではありません。
    どれだけけじめをつけられているかで決まります。
    ちゃんとけじめをつけられる子は,遊びは二の次であり,優先順位は低いのです。

    同じ「遊ぶ」でも,それに対する発言の違いで意識の違いがわかります。
    意識の違いがわかれば,伸びる見込みもわかります。
    ぜひお子さんの意識がどのレベルにあるのか,発言を通して見てみて下さいね(^^)/

    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。