スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    一番無意味な言葉「勉強しなさい!」を言わなくて済む方法

    さて,昨日は勉強しない子に指摘したってしょうがないという話をしました。
    では勉強しない子に勉強させる方法は全くないのでしょうか?

    そんな事はありません。
    うまく勉強させる方法はちゃんとあります。
    どうすれば子供が話を聞いてくれるのか,
    今回はそれをお話しいたします。




    さて,まずは前回の話の復習から軽く。

    毎日部活で疲れてろくに勉強もしない。
    毎日毎日学校がないから家でぐうたらしてる。
    学校の宿題はもちろん,塾の宿題すらやらない。
    親としてはここで勉強して欲しい一心からついつい

    勉強しなさい!」

    とついつい言ってしまいがちです。
    しかし,勉強だけしてくれればそれで満足ですか?

    ダメですよね?(笑)
    いくら勉強時間を稼いだって,成績に結びつかなければ意味がありません。
    仮にこの掛け声で勉強したとしても,大して身が入っていない事が多いので,
    成績向上もあまり見込めません。
    まして年齢が上がるにつれて悪知恵も働いてきますから,
    一見勉強しているように見せかける事など造作もないことになってきます。

    よって,勉強しなさい!」
    ほど無意味な言葉はない
    ,という事です。

    もし仮にこの掛け声ぐらいで勉強してくれるのでしたら,
    それ程苦労なく勉強してくれているはずですから,
    今更こんなセリフ言う必要もない良い子になっているはずですしね(笑)



    ではなぜ子供は勉強しないのでしょう?

    簡単です。
    そもそも子供には「勉強するとこうなれる!」
    というビジョンが見えないから
    です。


    つまり,もし勉強させようと思うなら,
    まずビジョンを見せるべきなのです。

    そこでこんな技法を使ってみてはいかがでしょう?



    真面目な話をする雰囲気を作って3秒の空白ののち、
    こういうんです。

    「最近彼(彼女)とはどうなのよ?」


    普段からこういう会話を親子でしていると、
    さほど驚かないかもしれませんが、
    大抵の親子では子供は驚きます。

    そしてこの驚きによって,心理学的に無防備な状況を作り出せるのです(笑)
    予想していた話題とは違う話題が出てきたので、
    その話題の内容を理解しようと頭がフル回転するのです。



    題材は彼,彼女の話を例にあげましたが,
    意表を突くような話題なら何でも構いません。

    いつも「どうせ○○」という先入観で聞こうとしなかった事が、
    このように意表を突くと,この瞬間は耳に届くのです(笑)


    意標をついて驚かせた後は
    自分の昔話でも話しましょう♪

    「私が子供の頃はね~」

    もし可能ならばここで勉強を頑張ってた子の話をしたいところですが、
    無理する必要はありません。
    純粋に自分が好きだった子の話で盛り上がればそれで構いません。
    で、勉強をさせたいなら最後にこう付け加えればいいんです。

    「その子もね~今の○○(自分の子供)みたいに勉強嫌いだったんだけど、
    ○○だからって言って頑張りだして、
    今では立派に○○してれわ」


    みたいな(笑)

    もちろん話題はこれに限りませんが、
    思春期はバナがすりこみやすいのです(・∀・)
    とくに親のバナや失敗談となるとかなり食いついてくるもの。

    でもまぁ,
    要は今の自分とどなたかの未来の姿を
    一瞬だけ勉強でつないであげればいい
    のです。

    これで種まきは完了です。
    後は自分が種をまいた土壌を信じて育つのを待つだけです。



    もし種が1つで不安なら、
    5つぐらいまきましょう。
    だいたい5つぐらいまけば、
    ひとつぐらいは発芽するものです(笑)



    ちなみにPHIでも同じような手法を使っている例があります。
    うまく相手の心理に踏み込めると,後はうまく話に乗ってくれます。

    そのため,基本的に放っておいても最低限の勉強は勝手にやるようになります。
    今の所,PHIに入って勉強時間が少なくなったという子はいません(笑)
    ほとんどの子が勉強量が増えたと親も実感してくれています。
    そして「勉強しなさいって言う必要がなくなった!」という親も半数を超えています。

    ついつい「勉強しなさい!」と言ってしまいがちのみなさん,
    ぜひ試してみて下さいね(^^)/

    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。