スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    「今回は満点取りますよ!」 PHIの定期試験に対する取り組み

    いよいよ夏も終わりですね。
    さて,二期制の学校では夏休みが終わるとすぐに試験の学校も多いのではないでしょうか。

    進学塾PHI 蘇我若草教室でも蘇我中の試験がすぐ目前にせまってきたため,
    皆試験対策に必死です。

    今日はそんな進学塾PHI 蘇我若草教室の1コマをお話します。



    本日の生徒との会話を。

    生徒A 「先生見て下さい!今回はしっかり練習したので割とできるようになりましたよ!」

    生徒B 「いつも時間ばかりかかってるじゃん(笑)」

    生徒A 「今回はスピードも重視したから大丈夫!テストして下さい!」

    しばしテストタイム・・・



    先生 「本当に出来てる。良く頑張ったね!」

    生徒A 「でしょ?」

    生徒B 「すげー本当にできるようになってる。」

    生徒A 「見てて下さい!今回は満点取りますよ!」

    前回数学63点だった子のセリフです(笑)
    もちろん頑張っているのは数学だけではありません。
    他の教科も満点目指すとまでは行きませんが,
    それでも90点は目指せそうな完成度の高さです。

    PHIの子供達は非常に意欲的で,向上心が高く,
    割と自ら先生にせっついてきます。

    もちろんそういう雰囲気づくりを心掛けているのは言うまでもありません。
    上記は一例ですが,今日だけで満点取る宣言をした子が9人もいます。

    実際に取れるか怪しい子もいますが(笑)
    それでもやる気に偽りはなく,非常に頑張っています。



    進学塾PHI 蘇我若草教室では後期の入会を受け付けております。

    ・成績に不満がある方
    ・伸び悩んでいる方
    ・現状の学習状況に不満がある方


    お子様が頑張ると決めた時が応援するタイミングです。
    お気軽にご相談下さい。



    最後に進学塾PHI 蘇我若草教室の夏の指導と今後の見通しについてお話します。

    夏休みが始まるとすぐに学校よりも先行して授業を進め,
    お盆前ぐらいまでで中1,中2は後期半ばぐらいまで,
    中3は受験までの内容を一部残して全て終わらせました。

    先行型の授業は負担が大きいという話もありますが,
    それは先行型に変える段階での負担が非常に大きいだけで,
    一度波に乗れてしまえば,後追いの補習型よりもスムーズに勉強が進みます。

    例えば中1はこれから方程式,一次関数に入って行く学校も多いと思いますが,
    もし予めこの単元を夏の間にやっておくと,
    学校で習った時の予習となるため,
    授業を理解しやすく
    なります。

    もちろん初めて塾で習う時の負担は大きくなります。
    塾は学校とは違って授業時間が非常に短い中で一気に教えなければならないので,
    基本的に演習時間をほとんど確保できません。
    そのため,塾が先行型の場合は復習と演習が必須となります。

    まぁやらなくてもある程度は頭に残るでしょうから,全く無意味という事はありませんが,
    やはりある程度の効果を望むなら,復習の徹底は絶対です。
    波に乗って来て慣れてしまえば大した負担にはなりません。



    数学は現在中1,中2,中3とも計算分野がメインのため,
    夏休み前の時点で終了させている事は非常にアドバンテージになります。
    夏の前半は先行学習をしているとはいえ,
    別途平行して計算練習ができますからね。
    PHIの子達は計算練習に多くの時間をかける事ができました。

    多くの塾では「現在習っている所」を宿題に出すのが基本ですが,
    PHI宿題は「現在習っている所」と「復習分野の演習」を混ぜている所もポイントです。
    特に復習分野の演習に関しては,ほぼ個別に指導をしているため,
    「私には何が必要か」がわかりやすく,勉強に手をつけやすくなります。



    英語も全学年教科書の内容の先取りを行っているため,
    よくありがちな「学校の授業で習った時に初めて聞く単語が出てきてよくわからない」
    といった事も防げます。

    学校の教科書に出てくる単語って結構難しいんですよ(笑)
    大手進学塾に通っている子でも知らないような単語が出てきたりする事があります。
    そのため,予習していないと,英語が得意な子でも
    「え?あれ?」
    という事が起きかねません。
    ただ単に内容を先行しておくだけではなく,
    教科書を先行させておくことも意外と重要なんですね。



    中3に関しては理科,社会も中3の内容を一部残してほぼ終了しました。
    これは学校の後追いでやっていては入試対策に出遅れてしまうんですね。
    学校の授業では大体の場合,12月,1月まで。
    遅い学校ですと普通に2月までのカリキュラムを組んでいたりもします。
    つまり,もし終わるのを待っていると,2月3月の入試対策ができません。
    よって理科,社会に関しては早期に一度均しておくにこした事はないという事です。



    もちろんこれには欠点があります。
    中3のこの時期は入試対策の戦略として大きく2つに分かれます。

    1つは入試対策として先行学習をしてしまう方法。
    もう1つは復習に徹する方法。

    PHIでは入試対策として先行学習をしていますが,
    そうすると復習に徹している子達には模擬試験や実力テストなどでかなわなくなります。
    そのため,一時的に成績が下がったりする事も多々あります。

    しかし長い目で見た場合,入試直前まで伸びていくのは先行学習です。
    先行学習型の場合は,9月からでも過去問を開始できます。
    よって入試対策に多くの時間をかけられるという最大のメリットがあります。
    多くの私立中高一貫校で高2までに高3までの内容をほとんど終わらせてしまうのもこのためです。
    ※千葉の入試システムに合わせた場合です。内申重視の場合はこの限りではありません。



    もちろん早く終わらせればいいというものでもありません。
    学習の体制がしっかり整っていないと消化不良を起こしてしまいます。
    しっかりとした学習体制を整える事が大前提である事は言うまでもありません。

    学習法が心配な方は,直接教室に通えない子でも指導致します。
    メール,電話,コメント,いつでも遠慮なくご相談下さい(^^)/

    進学塾PHI 蘇我若草教室 切替


    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 効果的な学習法など
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。