スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    「1つ間違えただけでここまで!?」 ~進学塾PHIの試験対策~

    蘇我中では本日で2日間に渡る前期期末試験が終わりました。

    「PHIではどのような試験対策を行っているの?」
    というご質問を頂いたので,お答え致します。


    まず試験対策の開始時期。

    PHIでは1ヶ月前から試験対策を開始しています。
    今年の夏は8月から早速開始していました。

    1か月前からまず行う内容は,学校のワークの完成です。
    よくある「やっておきなさいよ」ではなく,
    PHIでは学校ワークそのものを持って来させて指導しています。

    指導している主な内容は

    試験範囲まで終わらせているか
    ○×はつけているか。
    学校に提出して点が取れるやり方になっているか。
    ・×の所は理解できているか。
    ・×はもう一度解いてできるようになっているか



    です。
    夏休みなので学校の授業もありませんから,
    1か月前には学校のワークを終わらせる事は十分可能でした。
    夏休みではない場合は,基本的に学校の進度に合わせて完成させていきますが,
    PHIでは先取り授業を行っていますので,
    試験範囲と思われる所まで学校のワークを終わらせてしまう事もできます。
    早期に完成させてより難しい,入試問題レベルに挑戦すべき子は早々に終わらせています。



    学校のワークが完成したら,次はチェックテストです。
    チェックテスト学校の教科書に準拠している教材を使用しています。
    教科書に準拠しているため,試験範囲通りのチェックをする事が可能です。
    このチェックテスト100点を取るまで繰り返します。
    その子のレベルやミスの具合などによって合格点を変えたりもしますが,
    基本的には目指せ100点です。
    塾に来る度に繰り返して,できるようにしていきます。

    よくチェックテストは簡単だから答えを覚えてしまって意味がない」
    という方がいらっしゃいますが,
    PHIで使用しているチェックテストは,教科書準拠ではありますが,
    教科書の発展的内容までチェックできるようになっているテストです。

    また,試験範囲を数枚で片付くレベルではなく,
    大体1回の試験範囲で全科目合わせて50~80枚ぐらいになります。
    単純暗記がよほど得意な子でなければ答えを覚えきれません(笑)

    さらに,チェックテストの答案は1人1人,1枚1枚全て目を通します。
    そこで

    ・点数,所要時間の記録
    ・弱点分野の把握
    ・ミスのパターンの把握
    ・理解が不足している部分の把握
    ・間違って解釈している部分の確認



    などを行います。

    PHIではチェックテストを実施後,採点,直し,まとめまでを1セットとしているため,
    子供達も1枚1枚の答案を割と丁寧に直し,まとめ,見せに来ます。
    答案チェックの時に本当に理解しているか,口頭で直接確認(試問)されますからね(笑)



    例えばこんな感じです。
    実際に昨日指導した例をお話致します。



    【ケース1】
    社会の地理の問題で「排他的経済水域」と答える所を間違えていた子に対して。


    先生 「排他的経済水域って何?」

    生徒 「その国だけが経済活動を出来る海です。」

    先生 「経済活動って何?」

    生徒 「え?えーっと。経済活動だから…魚を捕るとか?」

    先生 「それだけ?」

    生徒 「えーっと…石油?」

    先生 「そうだね,魚などの水産資源や,レアメタルや石油などの鉱物資源なんかもそうだね。
    では排他的経済水域ってどこまで?」


    生徒 「200海里!」

    先生 「何km?」

    生徒 「約370km!」

    先生 「そうだね。では領海,領空,領土って何?」

    生徒 「領土はその国の土地で,領海は領土から12海里,約22km。
    領空は領土,領海の上空です!」


    先生 「では排他的経済水域と領海の違いは?」

    生徒 「排他的経済水域は,他の国は経済活動できないけど通る事はできます。
    領海は無害交通以外はダメです。」



    こんな感じのやり取りが繰り広げられます。
    そのため,単純に間違えた場所だけ覚えるやり方では通用しません(笑)



    【ケース2】
    数学で,本当に理解しているのか怪しいと思われる子に対して。


    先生 「なんでここの式,こう置いたの?」

    生徒 「え?ここを求めたいから?」

    先生 「そこを求めたいならこっちをこう置いてもよくない?」

    生徒 「え?えーっと…わからないです。」

    先生 「だよね。答えのやり方そのまま覚えてきたでしょ。」

    生徒 「はい。」

    先生 「それじゃこの問題しか解けないよね?なんでこういう解き方をしたのかまで考えないと。」

    生徒 「はい。」

    先生 「この問題を解いてきて下さい。」

    生徒 「え?こんなにですか!?」

    先生 「よくわかってないんでしょ?」

    生徒 「でも時間が…」

    先生 「このテストの問題が7分で解けたんでしょ?
    ならこれ全部やっても1時間もかからないでしょ。」


    生徒 「はーい。やってきまーす。」




    このような感じで,正解していても間違っていても,
    怪しいなと思う所は口頭で徹底的に確認していきます。

    そのため,解答の丸暗記などのその場でしか使えないやり方は通用しません。
    いや,通用させません(笑)



    もちろんベースとなるのは学校のワークと教科書準拠のチェックテストですが,
    それ以外にも学校の授業で配られたプリントやノートなどを元に,
    完全オリジナルのその学校のためだけのチェックテストも作成
    しています。

    基本的に学校の定期テストは学校の先生が作りますからね,
    やはり授業でやった事を押さえておくのは非常に重要なテスト勉強です。
    子供達もそれがわかっているので,

    「学校でこのプリントが配られた!」

    とか

    「これを出すって言われた!」

    とノートを持ってきたりなどよくします。



    なお,PHIの授業としての試験対策は,
    中1・2は試験2週間前から,
    中3は1週間前から
    となっております。

    この期間は新しい内容に進めるのをストップして,
    学校の試験内容に合わせていきます。

    また,通常授業以外にも,テスト1か月前から,
    個別に定期試験対策も実施しております。
    こちらは通常授業とは別に,学校の試験対策として,
    授業内だけでは補えない部分を補っていくために併用して頂いております。

    どうしても個別のチェックテストの分析,口頭試問,学習指導などには時間がかかってしまいますからね。
    ある程度の成績を目指すとなると,そのギャップを埋めるための指導時間は別途必要となります。
    もちろん分析に基づいた最適なプランも提示致します。
    「PHIの授業はほとんど個別授業と一緒!」
    と言われるのはこのためです。
    授業は集団でも,徹底的に個別把握に努めますからね。



    さて蘇我中のみなさん。
    前期期末試験は終わったばかりですが,
    後期中間テストはすぐです。


    ・自分でやっていてうまくいかない。
    ・今のままじゃ伸びない。
    ・頑張っているのに結果がでない。


    そのような悩みを抱えている方は遠慮なくご相談下さい(^^)/

    今回は進学塾PHI 蘇我若草教室に関してのご案内となりましたが,
    遠隔地の方もノート指導はもちろん,学習法指導,遠隔指導なども可能です。
    お気軽にご相談下さい(^o^)


    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 効果的な学習法など
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。