スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    「勉強しなさい!」って言わないと勉強しない?

    勉強しなさいって何度言ってもやらないんですよ…」

    よくお母さんがおっしゃっているセリフです。
    塾の先生ですら保護者の方にこんな説明をしている方がいらっしゃいます。

    勉強してないのはわかってる。
    じゃあどうすればいいの?」


    この部分が解決出来ていないから何度も言わなければならなくなりますし、
    言ってもやらない
    という事になります。

    もちろんPHIにもそういう子はいます。
    そういう時,PHIではこうします。


    放置(笑)

    こういうと大抵の保護者の方は失笑しますが,
    まぁ最後まで聞いて下さい。



    PHIのスタンスは基本的に強制はしないスタンスです。
    本人の意思に任せます。
    もちろん保護者の要望として「強制的に!」という事でしたらそういう指導も致しますが,
    基本的には本人の意思に任せます。

    そのため、本人がやりたくないと言うなら,
    「そっかー!じゃあやらなくてオッケー!」
    と平然と言います。



    言葉って不思議なものでして,
    同じ内容でも言われたらやりたくなくなるのに,
    自分でやると言ったものには多少なりとも責任を感じるものです。

    そのため、命令や強制はしません。



    PHIがやるのは,本人がやると決めた時に空回りをしない布石を打っておく事です。

    本人がいつやる気になるかなんてわかりません。
    気まぐれで一時だけやる気になるかもしれません。
    半年ぐらいやる気を失っているかも知れません。
    でも人の感情なんて波がありますから,
    放っておいてもいずれは「勉強やらなきゃな」って思う瞬間があります。

    その時に空回りをしないように準備をしておく。
    これが布石です。



    多くの方が,多くの先生が,
    この勉強しなきゃなっていうタイミングを見逃しているから,
    子供勉強しようと思ってもできないのです。

    そりゃ四六時中「勉強しなさい!」って言っていれば,
    子供の小さい変化に気付けるわけないですよね?


    また,多くの子供達がせっかく勉強しようと思って頑張っても,
    全然結果が出ずに挫折していきます。


    冷静に考えれば当たり前じゃないですか。
    今までのやり方が正しいのなら,
    そもそも今こんな状態になっているハズもない
    ですからね。

    今この現状になったのは,
    今までのやり方が間違っているからです。

    それをまた繰り返して伸びる訳がないと思いませんか?(笑)



    話を戻しましょう。
    PHIはなぜ放置するのか。

    気分が乗らない時にやらせても意味がないからです。
    そして気分が乗るタイミングを見計らうためです。
    見守っているだけで,完全に放置なんてしません。




    では具体的に何をしているのでしょうか?

    PHIでは勉強やらなくなった時期の抜けを細かく把握しています。
    どの分野でどのように抜けているかが分かっていれば,
    入試においても遅れを取り戻しやすいですからね。

    さらに勉強のやり方がどう崩れていったのかもチェックしておきます。
    どう崩れていったのかがわかれば,
    どのような勉強法なら続けやすいかの参考にもなります。
    個別に勉強法をカスタマイズしているのは,
    こういうデータの集積からなんですね。



    こうして勉強やりたいという時期タイミングを待ちます。

    そして子供から前向きな発言が出て,
    勉強をやり出そうとしたタイミングで,
    適切な勉強法の指導をします。

    タイミングを間違えなければ,
    子供はすんなり受け入れてくれやすいので,
    空回りを極力なくして結果を出して上げられます。



    つい先日,こんな話をしてくれた子がいました。


    「確かに先生はやれって言わないけど,
    それ,すっごく怖いんですよ。

    勉強なんてするかー!って思って塾サボったりもして,
    でもそんな時って,みんな勉強してるのかな…
    とか,このまま勉強しなかったらどこ行けるのかな…
    とか考えちゃって,
    サボっても公園で結局テキスト開いてみたりして,
    きっとこのままサボり続けても先生は何も言わないんだろうけど,
    でもそれって自分からやるって言わないと教えてくれないって事で,
    まぁ結局自分で自分に追い詰められて戻ってくるんですよ。

    戻ってきた途端,みんなの倍以上の課題を出されたのにはびっくりしましたけどww
    こういう時って普通優しい言葉とかかけてくれるものじゃないですか?(笑)」





    「そんなことするわけないだろ。」
    と答えたら
    「まぁわかってましたけどー。」
    と言われました(笑)



    要は余程行くところまで行っちゃっていなければ,
    大抵の子は言われなければ勝手に考えるんです。
    それを横やりを入れるから思考がストップするんです。

    成績が全てじゃないですから,
    勉強なんてしなくても放っておきましょ(笑)


    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。