スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    「魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えよ」

    「魚を与えるのではなく魚の釣り方を教えよ」
    「授人以魚 不如授人以漁」

    老子の言葉です。



    これはどういう意味かと言いますと,

    食糧に困っている人に魚を与えるのは簡単です。
    ですが与えられたものを食べるだけでは,
    また魚をもらわないとこの人は生きていけません。


    ではどうすればこの人を本当の意味で生かせるのかと言うと,
    魚の釣り方を教えてあげることでしょう。
    釣り方を覚えれば,自分で魚を釣って生きていける事になります。

    有名な言葉ですし,言われれば「まぁそうだよな」と感じると思います。



    ではみなさんの周りの教育はどうなっていますか?
    お父さんお母さんは子供に教える時,

    「こうやりなさい。」
    「こうやるんだよ。」


    って教えていませんか?
    これは先ほどの魚の話にたとえるなら,
    『魚を与えている教育』になるわけです。
    もちろん初めは真似する事も重要です。
    しかし逆に「与えなければいけない教育」はそれほど多くはないのです。



    実は保護者の方が子供に勉強を教える時,
    このように『与える教育』をしているケースが多く,
    大抵の場合親子喧嘩に発展します。

    子供は本能的に『自立』することを目指していますから,
    『与えられる教育』に嫌気がさすんですよね。
    親からしてみれば「与えられないと生きていけないくせに」
    ってなるんですけどね(笑)



    ではどのような教育をするのが『釣り方を教える教育』になるのでしょう?

    簡単です。
    教えなければいいのです。

    こういう言い方をすると,保護者の方はもちろん,塾や学校の先生にすら
    「教えない先生なんていないのと一緒!」
    と言われるのですが,いなくていいのではなく,
    昨今の教育は教えすぎなのだと私は思います。

    我々が教えるべきは

    「疑問に対する答え」ではなく,
    「疑問に対して答えを見つける方法」


    ではないでしょうか?



    PHIで実際にこのようなやりとりがありました。



    生徒 「先生,なんで温暖前線は通過前に雨が降るのに,寒冷前線は通過後に雨が降るの?」

    先生 「さぁ?なんでだろ。どこか書いてない?」

    生徒 「見たんだけど,こうなるとしか書いてないんだよね。」

    先生 「あ,ほんとだ。こっちの図は見た?」

    生徒 「うん,見たんだけどよくわからない。」

    先生 「わかるところまで説明してみ?」

    生徒 「えーっと,こっちが温暖前線で,こっちが寒冷前線。」
       (↑前線面を指して前線と言っている。)

    先生 「本当に?これ前線?」

    生徒 「え?違うの?」

    先生 「前線を調べてみて?」

    生徒 「えーっと…地面と接している部分。あ,前線はここか!」

    先生 「そうそう。雲と雨は?」

    生徒 「雲はここにこうやってできて,雨はここに降る。」

    先生 「うん。で,前線はどっちに動くの?」

    生徒 「こっち。あぁ,だから温暖前線は通過前に雨が降って,寒冷前線は通過後に降るのか!」



    大体こんな感じで指導していました。

    どうでしょう?
    先生は「釣るべき魚」と「釣る方法」は与えていますが,
    「知識」は与えていません。


    これを先生が教えてしまうと,大体最後の雨の位置と動く方法で話が終わってしまいます。
    実際多くの子がつまづくのはこの部分ですから。
    でもこの子がわかっていなかったのは「前線と前線面の違い」なので,この説明をされても
    わかった気になるだけになってしまいます。


    この方法はご覧になってわかると思いますが,非常に時間がかかります。
    じっくり時間が取れないとできない指導というのが最大のデメリットではあります。

    しかしこの方法で学んだ生徒は,同じようなつまづき方をしたときに,
    自分で調べて学ぶ事ができる
    ようになります。
    もちろん一朝一夕でできるようになるわけではないので,
    何度もこの指導を重ねていく必要があるわけですが。

    でも一度身についてしまえば勉強方法は一生ものの財産になります。

    そしてこの指導は親でも十分できます。
    わが子であるという感情を抜かして,時間さえたっぷり取れれば(笑)
    でもできないわけではありませんから,教えるのがうまくいかないという方はぜひ試して見てくださいね。

    コメント,相談もお待ちしております(^^)/
    学習法指導塾PHI 切替

    ↓ポチっと応援お願い致します(^^)
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
    関連記事


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。