スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    子供のおこづかいとその影響


    貯金箱


    おこづかいは家庭により様々です。
    多いなと思う家庭もありますし、
    全くあげていないという家庭もあります。
    これに関しては家庭の方針もあり、
    いついくらあげるのが正解というのはないでしょう。


    しかし多くの子供たちを見ていると、
    やはり傾向は見えてきます。



    まず小学生

    小学生はあげていないという家庭も割とあります。
    もしくはあげても数百円。
    1,000円以上与えている家庭はあまり聞きません。

    これは子供が欲しいものの金額が高くなっているからではないでしょうか。
    欲しいものに合わせておこづかいをあげてしまえばどんどん高くなる。
    だから3,000円を超すようなものなどを与える時は、
    何か条件を付けてクリアしたら与えるなどの方法を取ることが多いですね。


    子供の傾向としては、おこづかいをもらっている子より、
    もらっていない子の方が甘ったれに育つ感じはしますね。
    それがいいとか悪いとかではなく、
    判断にしても発言にしても、大人度が低いようです。
    行動の内容や犯罪性はともかく、実は素直!
    という子に多いのもこのタイプです。


    それに対しておこづかいをもらっている子は、
    割とシビアな考え方を持っていたりすることが多いようです。
    シビアと言っても小学生なので全然甘々ですが、
    ものに対する考え方にハッキリ違いが出ているなと思う事は多くあります。


    小学生で1,000円以上のおこづかいをもらっている子も何人かは見てきましたが、
    大抵買い物を自慢したり、他の子におごって歩いていました。
    社交性という意味ではそれもありかなと思います。
    お金は子供にも自信を着けさせるんですかね(笑)



    中学生ぐらいになると、1,000円以上の割合も増えてきます。
    そして面白い事に、おこづかいの金額と、ファッション性が連動してきます。
    特に女の子。
    筆箱の中身を見るだけで、おこづかいがいくらぐらいかある程度予測できますからね(笑)

    男の子は遊びやおもちゃに費やすことが多くなるようです。
    最近はネットゲームの課金なんかも増えてきているようで、
    「いくら使った!」「マジで!?スゲー!」
    などと言った会話もよく耳にします。
    よくよく聞いてみると、やはり課金している子は強く、
    そのゲームの主導権を握っている子が多い
    みたいですね。
    よくも悪くも、まさに今の経済社会の縮図ですね(^^;)


    おこづかいをもらっていない、比較的少ない子はというと、
    成績や家事手伝いなどを餌に交換条件を提示されていることが多いので、
    それを目標に頑張る子も多いようです。
    そのためか、成績は割といい子が多いのですが、
    ただ、やはり考え方は甘い子が多いですね。
    特に自分への甘さが目立つ傾向にあります。


    逆におこづかいを周りより多くもらっている子は、
    付き合いが広い子が多いですね。
    話を聞いていても、割とよく遊んでいます。
    お金があるところに人は集まるという事なんですかね。
    勉強しないで遊んでばかりというのは、
    おこづかいが多い子の特徴
    とも言える傾向の1つです。

    他にも趣味にお金を使っている子も多くなります。
    そのためか、物の好き嫌いがハッキリしている子も比較的おこづかいに比例します。
    センスが良い悪いなどという話ができる中学生は、
    ほぼ間違いなくおこづかいが多いですね。



    そして中学生ぐらいになると、
    意識的に子供にお金のやりくりを通して自分のやりたいことをハッキリさせるご家庭が出てきます。
    例えば、塾や習い事のお金、交通費などを全て自分のおこづかいから出させているケースです。

    「習い事のお金ってが出すものじゃないの?」
    という方も多いのですが、
    子供にお金の話を見せて、
    「それでもやりたいなら自分のおこづかいから出しなさい。」
    というご家庭も実は割とあります。

    当然おこづかいだけではまかない切れないので、
    連動させる形でおこづかいを減らすか、
    お年玉などを蓄えさせておいて、使わせるか、
    もしくは講習や補講などのお金だけ負担させるかという形になります。

    いずれにしても、
    「それでもやりたいの?」
    と考えさせる事により、
    真剣に自分と向き合うきっかけを与えられるようになります。

    このようにして塾や習い事を頑張っている子は、
    その習い事に対して割と自分でやっているんだという意識を持ちやすく、
    取り組みが前向きな子が多いのが特徴です。

    もちろんデメリットもあり、
    お金に対する考え方がゆがむ傾向にあります。
    「お金は大事」とはみな言いますが、
    こういう子の言う「お金は大事」は重みが全然違います。
    どちらかというと、「人よりお金」「お金が全て」という感じの重さです。



    いかがでしたか?
    たかだか数100円から数千円程度のおこづかいですが、
    そのおこづかいが子供の性格や考え方に影響を及ぼしている事は間違いありません。
    もちろんお金が全ての要因ではありません。
    他にも周辺の要因が絡んできてこのような傾向が生まれます。


    お金の教育は非常にデリケートな問題です。
    「お金で苦労させたくない。」
    とお金を意識させない生活をさせていても、
    お金の使い方を知らないまま大人になり、
    結果的に苦労するなんて話はザラです。

    おこづかいをいつ、いくらあげるかも大切ですが、
    それ以上にそのお金を何にどう使うか、
    そちらの方がとしての責任は重い
    ように感じます。



    え?
    私?
    私は子供にお金の話をされた時は、
    しっかりと向き合って話すように心がけています。
    授業料の話はもちろん、お父さんやお母さんがどこからそのお金を出してきているかまで。
    子供の話を聞きながら、考えさせています。
    正直な実感としては、お金の話は難しくてほとんどわかってもらえません。
    子供の頭の上にハテナマークが浮かんでいるのが見えるぐらいです(笑)

    それでもなるべく、
    が稼いできてくれたお金がどれだけ大切なものなのか、
    どれだけ大変な思いをして稼いでいるのか、
    お金よりも大切なものが見つけられるように話をしています。


    つい先日も経済の授業でその話が出て、子供とお金の話をしました。
    そうしたら帰り道で色々考えてしまったらしく、
    泣きながら家に帰って、「お母さんごめんなさい。」
    と謝ったそうです。

    そんなに重たい話をしたつもりはなかったんですけどね(^^;)
    後日聞いたところによると、
    「塾に通うのって当たり前だと思ってたけど、
    自分のために通わせてもらってるんだって思ったら、
    なんか自分がやってた事が申し訳なくて悲しくなってきた。」

    と。


    あくまで経済の授業だったハズなのですが…(。-∀-)
    まぁやっぱり難しい話は伝わっていないということでしょう。
    それでも子供は子供なりに考えるのです。

    それでもいいんじゃないでしょうか。
    おこづかいというのは、色々な事を考えるきっかけになります。
    ある意味机で教科書を開いて学ぶ事よりも、
    沢山の実用的なものを学ぶ機会になります。

    そしてその時一番身近にいる教育者は
    ただおこづかいを与えるのではなく、
    ただ必要なものを買い与えるのではなく、
    きっかけを与えて、考えさせ学ばせる。

    そこまでを「おこづかい」としてとらえ、
    子供を育てて欲しいな。

    というのが私の考えです。



    いつも読んで下さってありがとうございます(^^)/
    ぽちっとよろしくお願い致します♪


    《学習法相談会のお知らせ》 ※無料
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
    前回好評だった学習法相談会を再開致します!
    「うちの子はどうやって勉強したらいいの?」
    「今の勉強のやり方はあってるの?」
    「成績が上がらないのはなぜ?」
    そんな悩みに個別で相談にのります。
    塾に通う通わないは関係ありませんので、
    遠方の方でもお気軽にお問合せ下さい。
    ※先着5名様 完全先着予約制です。
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
    関連記事


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。