スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    なぜ先生の話は聞くのに、親の話は聞かないのか?


    お母さんありがとう

    の言うことは聞かないのに先生の言うことは聞くんですよ。
    なんでですか?」


    よくこのように相談されます。
    まぁ当たり前です。
    我々は教育のスペシャリスト。
    実績もありますし結果もあります。
    それに対しては常に初めての事だらけ。
    言葉の重みが違うのは当たり前です。



    我々が子供叱るとき、
    とは決定的に違う点が1つあります。
    なんだと思いますか?



    子供が自分を守ってくれる存在だと知っているのです。
    それに対して先生、赤の他人は守ってくれるとは限りません。
    この違いは叱るときに決定的な差を生みますよ。


    卒業した子供たちは私に叱られた事を振り返ってこう言います。

    「殺されるかと思った。」
    「見捨てられると思った。」



    がどんなに頑張っても子供恐怖で縛り付ける事なんてできません。
    というよりしてはいけません。

    子供は守ってくれる人が誰もいないと悟った途端、
    心が崩壊していきます。
    だからにはできないのです。


    親が子供を直接叱って教えられるのは小学校低学年くらいまでです。
    比較的親の言うことをよく聞く子でも小学生まで。
    それ以降は子供が親が言いたい事を学べる環境に入れて学ばせるのが理想でしょう。

    ある程度心が成長したら、
    親ができるのは環境を与えてあげることぐらいです。



    親が子供に言うことを聞かせたいのなら、
    誉めて伸ばすのが一番簡単なのです。
    誉めるのは他人様より親の方が断然効果がありますから。


    他人でも出来ること、
    親にしか出来ないこと。
    ぜひ意識して接してあげて下さいね(^o^)





    学習法相談会のお知らせ》 ※無料
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
    好評につき、一般の方の無料受付は終了致しました。
    今後はご紹介の方のみ承ります。
    また、人数が集まるようでしたら、出張による合同セミナーを開催致します。
    ⇒ 詳しくはこちら
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――

     
    関連記事

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。