スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    久々にこんなダメダメなやり方を見ました…

    TEL帳

    これは全国高校入試問題正解という過去問を実施している所です。
    数学の問題を解いているのですが、
    これはノートを見るまでもなく伸びない勉強の仕方とわかります。

    どこがいけないかおわかりになりますか?



    私が一番驚いたのは、問題の横についている横棒です。
    PHIでは間違えたところはチェックをつけさせているので、
    問題集の方もチェックしているのですが、
    このチェックは見た事ありません。


    何なのかと思い本人に聞いてみると、
    「何回間違えたかわかるように正の字を書いた。」
    との事でした。


    いやーありえないですね。
    何回やってもできないような直しをしていると、
    自分で認めているということです。


    「一度間違えたら二度と間違えない。」
    そういう意気込みで解き直しをしていたら、
    こんなチェックのつけ方にはならないはずです。




    次にちょろちょろっと空白地帯に書いている計算メモ
    この手の書き方をしている子は天才型か勉強できないかのどちらかです。

    天才型は計算を書く量が少ないのでちょろちょろで済んでしまうのですが、
    勉強できない子がこれをやっているのはただ面倒臭がっているだけです。
    実際、天才型の子は書く量が結構ある場合にはノートに綺麗に整理して解くことができます。

    よってこのようにちょろちょろと空白地帯に書く子はある程度できても、
    それ以上は伸びません。
    限界が生まれてしまいます。



    最後に解き方
    これは見てお分かりにはならないと思いますが、
    この子の解き方PHIで先生が教えている解き方ではありません。
    教えられた解き方が使えないようでは入試での戦略に影響が出ます。



    このように、問題を見ただけでもその子の伸びの見込みがわかるんですね。
    ぜひお子様の問題を見てみて下さい(^^)/

    あ、ちなみにこの子は解き直しをやり直して明日の朝、再提出ですww



    《学習法相談会のお知らせ》 ※無料
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
    好評につき、一般の方の無料受付は終了致しました。
    今後はご紹介の方のみ承ります。
    また、人数が集まるようでしたら、出張による合同セミナーを開催致します。

    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


    関連記事


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。