スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    子供の話の受け止めて,簡単に「はい」と言わせる方法。

    歯が痛い

    先日子供を受け止めてからしつけをというをしました。
    では子供を受け止めるとは、
    具体的にどのようにすることでしょうか?



    色々方法はあるのですが,
    一番手っ取り早いのが復唱です。

    復唱というのは,相手のを繰り返すこと。
    例えば,

    「なんで時間通り帰って来なかったの?」
    「だってゆう君に物を取られて返してくれなかったから!」
    「そう,ゆう君,返してくれなかったの。」


    「どうして洗濯もの取り込んでくれなかったの?」
    「帰って携帯で友達としてて忘れちゃいました。」
    「そう,携帯でして忘れちゃったの。」


    こんな感じで子供のセリフを復唱するだけです。
    子供は全く同じことでも,復唱されただけで
    「理解してもらえた!」
    と思ってしまうものです。


    そして復唱すると,まず間違いなく子供の次のセリフは,
    「うん。」
    とか
    「そう。」
    とかという,肯定の返事になります。


    この肯定の返事をさせる事が重要なんですね。
    肯定の返事というのは,
    続けると次も肯定しやすくなります。


    心理学ではイエスセット言う手法なのですが,
    イエスと答える質問を続けて行い,
    最後にお願いをすると,イエスと言いやすくなるというものです。


    子供が言い訳をした時点では,返事は「ノー」
    つまり,何を言っても受け入れる気はないという事です。
    しかし,復唱して「うん」と肯定させると,
    そのターンで「イエス」を言った事になります。



    あとは同じことを何回か繰り返して,
    子供に肯定の返事を3回ぐらい誘導したところで,
    「こうして欲しい!」というお願い
    を言うと,
    大抵の子供は「うん,わかった。」って言います(笑)


    子供ととりあえず会話ができているのでしたら,
    これが一番手っ取り早くて簡単です。
    復唱なら何も考えなくてもできますからね(^^)


    子供の教育は力付くでやればいいものでもありません。
    こういうテクニックも割と使えるので,
    ぜひやって見て下さいね(^^)/


    《来年度に向けての学習法相談会》
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――
    ただ今冬期講習に入ってしまったため,
    相談会は一時休止させて頂いております。
    入会に関する面談のご予約は承っておりますので,
    お問合せ等は遠慮なくお電話下さい。

    なお、来年度の募集人数は

    新小4~小6 : 曜日により数名空きあり。
    新中1 : あと4名 ※増設なし
    新中2 : あと1名 ※増設なし
    新中3 : 増設入会予約のみ受付
           ※入会を希望する方が一定数に達しましたら増設致します。
    新高校生 : PHIの卒業生のみ

    となっております。
                                             ⇒ 詳しくはこちら
    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――

    関連記事


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。