スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    子供達は自分でわからない所はわかっている!

    わからないところ


    わからない所がわからない
    といった話をよく聞きます。

    しかしこれは本当にわからないのではなく,
    単にわかろうとすることから逃げているだけなんですね。



    例えば今皆さんに専門違いの専門書を与えたとします。
    そうですね,例えば
    「転写制御とエピジェネティクスについて」
    専門書などいかがでしょう?


    と言われてわかる方いらっしゃいますかね?
    わかってしまう方はきっと専門職の方なので,
    そういう方はあくまで専門外の専門書という事にしておいて下さい。


    おそらく読んで見て下さいと言われて渡されて,
    理解できる人はそういないはずです。
    きっと読み終わった後の感想を聞かれたら

    「全然わからなかった。」

    となる事でしょう。
    逆に,主婦の方に

    「ちょっとした工夫でお金が貯まる,経済の仕組み」

    みたいな本をお渡しすれば,
    興味があって読む方はいらっしゃるはずです。
    そして全部は理解できなかったとしても,
    少しぐらい読んで理解できるはずです。


    この違いはなんだと思いますか?



    そう,興味です。

    興味がない事は読めと言われても理解できないのです。
    よって「全然わからないとなってしまいます。


    したがって,

    「全然わからない
    「どこがわからないのかわからない」


    と言ってくる状態の子に対しての対応は3つです。


    ① 誘導しながらどこがわからないのか一緒に探る。
    ② 強制的に考えざるを得ない状況を作る。
    ③ 興味を持たせる。きっかけを与える。


    最終手段として放置するという方法もありますが,
    これでは数が取れないので今回は外します。

    ①②に関しては我々プロが使う手法なのでこれも今回は置いておきます。
    ご家庭でも出来るのは③の興味を持たせる,です。



    一番手っ取り早くて簡単な方法が,
    きっかけだけ与えて放置する方法です。

    例えばPHIの場合,チェックテストを実施します。
    数をみんなの前で公開してしまいます。
    後は放置(笑)

    やりなさいとも何とも言いません。
    やるかやらないかは自分で考える事です。
    きっかけは与えました。
    悔しいと思えば勝手にやるでしょう。


    そして何にせよ興味を持てばわからない所が見えてきます。
    特にPHIでは常日頃

    「先生は勉強のやり方は教えます。
    でもを取るのはあなた達です。
    が欲しければ勉強しなさい。」


    と言っています。
    そのため子供たちは,
    が欲しければ自分で勉強するしかない事は分かっているのです。

    だから子供たちに

    「どこがわからない?
    どこを教えて欲しい?」


    と聞けば,ほぼ必ず「ここを教えて下さい!」と言って来ます。


    そしてこれはPHIの子供たちに限った事ではありません。
    PHIではそういう状況を作り出す工夫をしているだけで,
    本来誰でも,興味を持っている物に関しては,
    自分がどこがわからないのか,ちゃんとわかっている
    のです。
    が取りたい子も,ちゃんとわかっているのです。



    ではどうして「どこがわからないのかわからない」
    なんていう状況を作ってしまうのでしょうか?



    興味を失わせている何か,があるからです。
    先ほども申しあげたとおり,本来子供は何にでも興味を持つものなのです。
    それが興味を持てず,成績も上がらないという悪循環にはまっている。
    何が興味を失わせているのでしょうか?



    ここから先はご自身で考えて見て下さい。
    答えは人によって違いますからね。
    ただ,多くの場合,興味を失わせている原因はです。
    特に言動態度

    興味を失わせるのは一瞬ですが,
    興味を持たせるのはとても大変
    ですからね。
    十分お考えになって接してあげて下さいね(^^)/


    関連記事


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。