スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    ただ書きまくるだけの漢字でなぜ子供はつまづくのか?

    前期入試が終わり,定期試験も終わり,新年度の準備もし
    という感じでドタバタになってしまっています。
    ブログで書きたい事は山ほどあるのですが,
    ここ最近途切れ途切れで申し訳ありません(^^;)


    さて,今回のテーマはこれ。
    漢字練習

    そう,漢字です。
    漢字なんてただ書いて覚えればいいとおっしゃるかたも多いのですが,
    PHIではちょっと違います。
    新規の問い合わせの方でも問題が多かったのでご紹介致します。



    漢字というのは一つ一つに意味があります。
    普段大人は大して意識せずに使っていますが,
    漢字を見た時に,それを理解できるというのは,
    そのイメージや感覚が出来上がっているためです。


    例えば『街路樹』
    この漢字を見れば頭にその光景が思い浮かぶから理解できるのです。
    しかし小中学生の行う漢字はそもそも『街路樹』が何かわからない状態から学んでいきます。
    ここが大人と子供の決定的に違う点なのです。


    多くの方は
    「漢字なんてひたすら書いて練習するだけだろ!」
    とおっしゃいますが,
    それは子供にとって,意味の分からない記号を丸暗記させられているに過ぎません。
    もちろん一定の効果はありますし,点には結びつきますが,
    これをやらされていると楽しさを感じないのです。
    ただの作業ですから。


    そのため,大人の
    「漢字忘れちゃった!」
    と,子供
    「漢字忘れた!」
    全く異なるのです。



    そこで何が重要なのかと言いますと,
    ちゃんと意味理解した上で漢字を覚えるが必要になります。
    とくに小学生は語彙力が少ないため,
    なるべくイメージさせて覚える事が大切です。

    それがPHIで行っている漢字練習です。
    上記のように漢字を理解しているか確認し,
    よくわかっていないところは,子供がイメージできるレベルの話に落とし込んで話します。
    さらに漢字の練習ではありますが,
    子供の話から発展させて考えさせたりします。

    今回は『街路樹』がわかっていなかったので話したのですが,
    子供がこんな事を言いました。

    生徒 「あー!葉っぱがたくさんある木!」

    先生 「そうそう!なんで葉が沢山ある木が街路樹に使われるの?」

    こんな感じで『街路樹』という言葉を多用しながら,
    色々考えさせます。
    そして

    「夏は葉が茂り,日蔭が多く作れる。
    冬は葉が落ちて,日が当たりやすくなる。」


    というところまで持っていきます。
    これ,ただ雑談している訳ではなく,
    実は中高一貫で出題された事がある問題なんですよ。


    このように,ただの漢字ですが,
    ちゃんと意味理解していかないと,ただの作業になってしまうので注意が必要なのです。
    もちろん本当は中学生でもやりたいところですが,
    さすがに中学生の漢字は自分で意味も調べられますし,
    「調べてもよくわからない漢字があったら言いなさい」
    という程度の留めていますが,
    基本的には意味理解しながら覚える必要があるのは,
    中学生も,高校生だって同じ
    です。



    そしてもう一つ漢字練習の重大な落とし穴があります。
    子供は漢字をちゃんと練習しているようで,
    ちゃんとしていない事が多いのです。

    これは手を抜いているという事ではありません。
    大人ほど注意力のキャパがないのでしょうがないのです。
    上記の右二枚の写真がそれなのですが,
    気を付けて見てあげないと,
    このように漢字を間違えたまま覚えてしまう事もしばしばあるのです。
    そしてこの漢字間違いは国語の勉強に限らず,
    他の科目でも随所に現れます。
    これではいくら漢字練習しても点になりません。


    よくこの現象を

    「この子ったら,本当に雑なんだからー!」

    とおっしゃる方もいるのですが,
    雑だからという理由だけで起こるものでもありません。
    注意力が未熟な内は,誰にでも起こりうることなのです。
    もっとも中学生になると,その雑さが習慣化されてしまっているケースもありますが(^^;)



    以上,ただの漢字で子供がつまづく原因でした。
    ただの作業にさせず,少しでも漢字を楽しく覚えられるようにするためにも,
    漢字でつまづいている子は怒らずに,
    一緒に一語一語,言葉の意味を考えてお話ししてあげて下さいね(^^)/



    関連記事


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。