スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    PHIのまとめはなぜ強いのか?

    成績UPしたよ!

    みなさんPHIの問い合わせですごい!」と言って下さるのが,
    実際に生徒が作ったノートまとめです。

    見本用にいくつかのノートも取ってはあるのですが,
    大抵は回収したばかりのノートを見せてしまいます。

    正直な所,まだ未完成の子供たちのノートもあるのですが,
    面談に来て下さった子となるべく似ていた状況の子の生のノートを見せるようにしています。



    さて,そんなまとめノートですが,
    PHIのノートは何がそんなにすごいのでしょうか?
    ただ綺麗に書いているだけでは?



    いいえ,違います。
    PHIまとめに要求している事は大きく3つです。

    ① 後でパッと見た時に思い出せるようにすること。
    ② どこでつまづいたのか,足取りをたどれるノートにすること。
    ③ 先生にアピールできるノートにすること。



    ①の思い出せるノートというのは,いわゆる復習です。
    これは綺麗にまとめておけばいいというものではありません。
    見た目だけ綺麗でも,思い出せなければ意味がないのです。
    よって,一瞬見ただけで思い出せる,
    もしくは見なくても覚えているノートにする事
    を求めます。


    ②足取りをたどれるノートは,いわゆる解き直しです。
    解き直しをするときに,どうして自分はこう考えてしまったのか,
    それがわかるようにしておかなければ,
    また同じ間違いをしてしまう可能性が高くなります。

    正しい答えを理解する事も大切ですが,
    自分が出した答えでは何がいけないのかを考える事もとても重要なのです。


    ③先生にアピールするノート。
    これは入試を意識しての事です。
    要するに答案作成。

    いくら理解していても,その理解している事を相手に伝えられなければ,
    答案として意味を成しません。

    そして,先生がそれを見ることで,
    自分が出来ていない場所をわかってもらう効果もあります。

    そのため,答案はもちろん,解き直しに至るまで,
    先生が見て理解できるものでなければならないと話しています。



    この3つが満たされているノートが伸びる子のノートなのです。
    字が綺麗とか,カラフルとか,そんなことは二の次なのです。



    今後期の受験を目前にした中3。
    彼らの授業は今はほぼ自分たちで行っています。
    必要な事を調べたりまとめたりしてきて,それを発表。
    質問も生徒達自身でやり取りし,知識の抜けを確認しています。

    先生はほとんど聞いていて,生徒達では解決が難しい問題に直面した時,
    受験に必要なテクニックや考え方を補うときなどに手を差し伸べたり,
    間違った考え方をしていないかをチェックしているだけ
    です。

    しょっちゅう消さずにそのまま残しているので,
    面談に来た方に「生徒が書いたものですよ。」とお見せすると,
    とても驚かれます。
    それくらい完成度が高くなっています。


    つい先ほどはこんな質問が出ていました。

    「何で南アフリカの赤道の北は砂漠気候,
    南はサバナ気候が広がっているの?」


    要するに,赤道をはさんで北と南なだけなら,
    気候区分は同じになるはずじゃないか?

    という疑問です。

    これは普通の中学生なら
    「そういうものだから」
    暗記しがちな所です。
    こんなところに疑問を持てるなんて,
    さすがPHIの生徒達だなーとか,
    手前味噌ながら嬉しく思っておりました。


    あれこれ色々な意見が出て,
    色々考えた結果,一つの結論を導きました。

    生徒 「土地の高低差!合ってますか?」

    先生 「正解!」

    実際はもっとちゃんとしっかりした答えを出してきましたが,
    省略しました。
    でも大体こんな感じです。
    とりあえず自分たちの考えを導き出して確認する。
    さすがはPHIの受験直前の中3ですね(笑)


    まとめとは,ただ写すだけでは意味をなしません。
    それではただのコピーです。
    コピーならコピー機に任せればいいことです。


    まとめを通して本質を考える。
    これがPHIのまとめであり,
    伸びる理由です。

    PHIの見本のノートを見せて,
    「こうやってやれば伸びるのよ!真似しなさい!」
    と言ったところでなかなか成績には結びつきません。
    真似させるなら,見た目ではなく,
    本質の部分を真似させる
    ようにして下さいね(^^)/


    関連記事


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。