スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    部活と勉強の両立

    新中1となった子はそろそろ部活も本格的に始まりだした時期でしょう。

    運動部に入ると早速体力的にキツくなり,疲れも見え始めているのではないでしょうか。

    さて,長年教育の現場に立っておりますと,

    部活勉強両立ができていないのですがどうすればいいですか?」

    という相談をよく受けるのですが,どのようにすれば部活勉強両立ができるのでしょうか。



    まず,中学1年生の4~5月。

    多くの方がは様子を見てから考える」と言います。

    しかしよく考えてみてください。

    この時点で部活優先の生活が決定してしまっている
    のです。

    だってそうでしょう?

    部活が始まって,生活に部活が馴染んでから勉強の事を考えてるのですから。

    中学2,3年で「なんで両立ができないんでしょう?」と相談されても,

    それを認めて来たんですから当たり前ですねとしか言いようがありません。




    ではどうすれば部活と勉強両立がしやすいのでしょうか?

    もしまだ小学生,もしくは中1が始まったばかりなら簡単です。



    勉強優先の生活を身につけさせてから部活に馴染ませる。



    のです。

    勉強優先だと両立じゃないんじゃないか?と思うかも知れませんが,
    そもそも部活と勉強はやる場所が違うので,平等には比べられません。
    しかしながらこれだけはハッキリしています。

    部活のストレスは半端じゃない!

    ということです。

    肉体疲労もさることながら,精神的疲労も非常に大きなものになります。

    そんな子供たちにとって,家とはどういう場所でしょう?

    くつろぎの場所になりますよね?

    それなのに家に帰ると親に「勉強したのか?」「勉強しなさい!」と言われる。

    誰の目も気にせずくつろげるはずの家がストレスの場所に変わる瞬間です(笑)

    そしてますます子供は勉強が嫌になりやらなくなる。

    結果部活と勉強の両立に失敗する。


    だから家で勉強する事が当たり前になっていないと勉強の両立はできない,

    つまり部活の生活に馴染む前に勉強する事を優先しておく必要があるのです。




    ではどのようにすれば勉強が当たり前の生活になるのでしょう?

    実はこれも簡単な事なのです。

    「勉強する時間を親が確保する事」

    です。

    勉強しなさいというよりも,親が勉強する姿を見せる。

    これに尽きます。

    勉強と言っても子供と同じ勉強をしなさいというわけではないですよ?

    親は親の思う勉強をすればいいのです。

    子供に机に向かわせる勉強をさせたければ,親も机に向かう時間を作る。

    本を読ませたければ,親も読書の時間を作る。

    新聞を読ませたければ,親も新聞を読む時間を作る。


    ただこれだけです。

    簡単でしょ?(笑)



    え?

    親には親のやるべき事があるからそんなことやる時間がない?

    ならばを活用しましょう。

    は勉強するのが当たり前の環境が整っています。

    とりあえずに行く間だけでも勉強時間は確保できます。

    とにかく大切なのは,自宅でやるにせよに任せるにせよ,

    部活が本格化する前に家庭での勉強を当たり前の環境にしておく

    事が重要なのです。



    指導してきた生徒の実例をあげてみますね。

    中学1年生の最初から入った子と中学1年生の冬に入ってきた子の差です。

    中1の初めに入っていた子は部活に入る前か入ったあとすぐの子だったので,

    部活があっても宿題もやるのが当たり前という意識が根付き,

    先生が宿題を出し忘れると「宿題は?」と自ら聞いてくるぐらい当たり前になっています。

    しかし冬から入ってきた子はやはりどうしても部活優先の習慣が抜けず,

    なかなか宿題を完結させる事ができませんでした。


    これはこの例だけの例外ではなく,わりとよくあることなのです。

    それゆえ,もし部活と勉強の両立を考えているのなら,

    部活が馴染む前,できれば部活が始まる前から勉強の習慣をつけさせる
    ようにして下さい。




    中2・中3の生徒はどうすればいいの?

    という声が聞こえてきそうですが,正直部活優先になってしまった生活を変えるのはそんなに簡単な事ではありませんから,今度別の機会にお話し致します(笑)


    コメント,相談もお待ちしております(^^)/
    学習法指導塾PHI 切替

    ↓ポチっと応援お願い致します(^^)
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    関連記事


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中高生の親
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。