スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    なんで学校の授業はつまらないの?

    ぷすぷす
    よく

    先生学校でも授業やってくれればいいのに」

    という話を聞きます。
    PHIに限らず,多くの方が学校よりもの方が授業が面白いと感じているのではないでしょうか。
    つい先日も

    学校先生が言ってる事全然わからないし,
    授業を受けていても意味がないと思う。」


    と訴えてきた子供がいました。
    みなさんはこの学校授業つまらない原因は何だと思いますか?



    教え方が下手?
    公務員だから?



    確かに70年代に採用された先生「でもしか教師」などと言われたりもしましたが,
    その時代に採用された先生はほとんど定年退職を迎える時期。
    今現役の先生たちは,ほとんどが教師になりたくてなったはずです。

    私の友人には公立の教師,私立の教師,先生
    学校の先生から大学の教授まで,
    同じ教育業界でもジャンルが違う教育が沢山います。

    それらの友人らの話も踏まえて私が感じているのは,
    学校の先生には一部やる気を失った教員がいるのも事実です。
    しかしそれは業界でも全く同じことが言えるんですよね。
    むしろ業界の方が多いのではないかと思います。
    そのため,子供に教えたいという気持ちにそんなに差があるとは思えません。



    決定的に違うのは,「何を教えたいか」です。

    と言うのは,試験に合格させる事を目的としている場合が多いでしょう。
    そのため,試験に出る内容を教えるが圧倒的に多いのです。
    当然,試験に出る内容を教えているので,
    学校のテストでも点が取りやすくなります。
    テストで点が取れるので,「わかりやすい」となるわけです。



    それに対して学校というのは勉強以外の事を教えている場です。
    勉強はそのための1つの手段でしかありません。
    決して入試に合格させるためだけの事を教えているわけではないのです。

    そのため,小学校,中学時代の思い出と言ったら,
    塾の思い出よりも学校の思い出の方が多い人が多いのです。
    思い出を聞いて

    「塾でこんなこと習ったよね!」

    という話を真っ先に出す人はあまり聞いたことがありません(笑)
    学校というのはこういう事を勉強以外の事を学ばせる場だと思います。



    他にも学校の先生は多忙すぎるとか,
    束縛が多いと言う話もよく教育問題として取り上げられますが,
    要するに塾とは根本的に教える内容も環境も違うという事です。

    極端な話,塾はいらないと思った子はやめさせちゃえばいいのですから。

    でも学校はそうもいきません。
    私立ならできなくもないですが,
    学校側だって率先して退学にしたいわけではないはずです。
    それが公立の学校となれば,退学なんてまずさせられません。

    人を選んで環境を整理できるかできないか,
    この差はとても大きい
    のです。

    社会に出れば,合う人とも合わない人とも付き合いをしていかなければなりません。
    会社の同僚,先輩はもちろん,隣人,ママ友などなど。

    学校というのは,このような考え方もレベルも全く異なる人たちとの生活の基礎となる場です。
    これは受験勉強以上に大切な事ではないでしょうか。



    ちなみにPHI学校教育こそ,指導の根本だと考えています。

    あ,教育の根本は家庭ですからね?(笑)
    生活から何から,全ての教育の根本は家庭です。
    他者が指導する場という意味での根本は学校教育だという話です。

    塾,受験業界なんてその隙間産業でしかないのです。
    受験指導だけ取り上げて学校を非難するのはいかがなものかと思うわけです。



    しかし現実に受験というものがあり,
    学校の授業だけではまかない切れるだけ教えられないのも事実。

    だからPHIとしては,勉強のやり方を教えたいと思うのです。
    勉強のやり方がわかれば,学校の授業はもちろん,
    その後の人生において学んでいく時に効率よく学習できます
    からね。

    他の一般的な塾とは決定的に異なるのはこの部分です。
    目で見て効果がわかるものとして成績や合格実績を一応出していますが,
    特に狙ってそれだけのために勉強なんてしていません。
    第一目標はあくまで勉強スタイル,意識の改善。

    子供たちが正しい勉強のやり方を身に着けて,
    勝手に勉強して,勝手に成績が伸びているのです。
    成績アップや合格なんて,
    正しい勉強を身に着けた副産物でしかありません。




    学校の授業はつまらない
    確かにその事実はあるのかも知れませんが,
    学校を楽しくするかどうかも結局は自分次第だと思います。

    学校が教えるべきは受験勉強だけではない点を踏まえて,
    子供たちには学校生活を有意義に過ごしてもらいたいですね(^^)



    関連記事


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。