スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    ウクライナ情勢-なぜクリミアでトラブルが起きているのか?

    《時事問題としてのポイント》

    ウクライナの南部,クリミア半島が独立を宣言。
    ロシアへの編入を求め,ロシアプーチン大統領がこれを承認,
    クリミア自治共和国とする事を宣言。
    しかしこの編入に際しロシアが軍事行動を起こした事が問題視され,
    ウクライナの新大統領ペトロ・ポロシェンコはもちろん,
    EUなど欧米諸外国はこの独立及び編入を認めていない。



    《場所の確認》



    クリミア半島の場所は黒海の北部にある半島部分
    2014年のソチオリンピックが開かれた場所は黒海の東側なので非常に近い。
    1945年にヤルタ会談が開かれたヤルタはこのクリミア半島の南東に位置する場所。
    また,銀行強盗がよく使っている目と口だけ穴があいている覆面(バラクラバ)はクリミア戦争の時にバラクラバで用いられたもの。




    1945年 ヤルタ会談が開かれた場所,ヤルタ。
    アメリカ(ルーズベルト),イギリス(チャーチル),ソ連(スターリン)が会談した。
    第二次世界大戦後の国際秩序に関する方向性を定め,約束事を交わした。
    北方領土問題,北朝鮮と韓国の領土問題など,現在にまで影響を及ぼしている問題の発端となった会談でもある。





    2014年 ソチオリンピック(冬季)が開催された場所 ソチ。





    銀行強盗が使う覆面(バラクラバ)が使われた,名前の由来となった場所,Balaklava
    1853年からのクリミア戦争の時に,寒冷な土地(バラクラバ)で少しでも暖かくして戦えるようにと兵士に持たされた。




    《時代背景と流れの詳細》

    クリミアの歴史は紀元前にまで遡(さかのぼ)り,
    何度も侵略,支配されてきた。
    13世紀にはモンゴル帝国
    15世紀にはオスマン帝国からの支配も受けている。
    1783年にロシア帝国のエカチェリーナ2世がクリミア・ハン国を併合。(ロシアの南下政策の一環)
    ここでロシアがクリミアに関わってくる。

    この後,1853年からフランス,イギリス,オスマン帝国などが宗教上の問題からロシア帝国と激突。
    その戦場となったのがこのクリミア。
    これがナイチンゲールが活躍した事でも有名なクリミア戦争

    ナイチンゲールは知ってる?
    そう,クリミアの白衣の天使
    複数の言語を操り,数々の学問を習得した彼女は,
    戦場で敵見方関係なく傷病者の看護した天才少女。
    色々な話があるのですが,ここでは割愛(笑)



    大切なのはこの1853年,今から150年ほど前
    ヨーロッパとロシアが大規模衝突したということ。
    そしてその場所がクリミアだったということ。
    ロシアは産業革命を経験していなかったので,その武力差は歴然。
    結局ロシアは負けたんだけど,宗教戦争が原因だったので,
    クリミアは領土的にはロシアのまま。
    だからロシアにとってクリミアは特別な場所であり,因縁の場所でもあるんだよね。



    ところが1917年にはロシア内戦によりロシアはソ連へ
    その時,クリミアはクリミア自治ソビエト社会主義共和国としてソ連に編入
    第二次世界大戦の時にはナチスドイツが占領。
    ドイツが負けてからはソ連に戻されるも,
    1954年にはウクライナ・ソビエト社会主義共和国へと移管
    ソ連が崩壊してウクライナが独立してしまい,
    クリミアはそのままウクライナに編入された。



    そんなわけで,クリミアは何度も侵略,編入を繰り返しているものの,
    基本的にはロシア中心の政治だったわけだ。
    よってロシア派が多い
    ところがウクライナはソ連から独立した事を考えてもどちらかというと親欧米派なんだ。
    独立した時に一緒にウクライナになってしまったけど,
    クリミアは本当はロシアとくっ付きたかった。

    だから1992年にはクリミアはウクライナからの独立を決議してクリミア共和国を立ち上げる宣言をした。
    ところがウクライナは大切な領土が減る事になるのでそれを許さなかった。
    それに反発したのがロシア。
    「独立したいって言ってるんだからさせてあげればいいじゃないか!」
    と独立を支持。

    そして2014年。
    ウクライナ経済の低迷によりヴィクトル・ヤヌコーヴィチ政権が崩壊
    今がチャンス!とばかりにロシア派と親欧米派の対立激化。
    その時に武装勢力が政府の建物と議会,空港などを一挙に占拠。
    これはロシア軍と見られるが,プーチンはこれを否定
    もしこれがロシア軍なら,立派な軍事介入で国際的にも大問題!

    この占拠された状態でクリミアはロシア編入の住民投票を実施し,
    9割以上の賛成を経てウクライナからの独立を宣言
    ロシアのプーチン大統領もこれを承認し,
    「自国民(編入されたのでロシア人でしょ!)を守るため!」
    と言って公式に宣言してクリミアを占拠

    6/7にやっとウクライナは新大統領をペトロ・ポロシェンコとしたが,
    その時クリミアはすでにロシア軍が占拠。
    ペトロ・ポロシェンコプーチンと直接会談をし,
    「クリミアはウクライナの領土だ。」
    と明言。
    ヨーロッパ,欧米諸国も軍事介入をした違法な編入だとして認めていない。
    それゆえクリミアでの軍事衝突はもちろん,
    ロシア対欧米諸国という対立も生み,
    世界情勢にまで不安定な影響を及ぼすまでになっている。



    《ちなみに…》

    ペトロ・ポロシェンコチョコレート王とも呼ばれ,
    チョコレートの会社で大金持ちになった人物。
    その前のヴィクトル・ヤヌコーヴィチは贅沢三昧の生活をしており,
    税金を私腹を肥やすために使ったとされて相当批判を浴びた。
    それゆえすでにお金持ちならそういう心配もないだろうという考えから
    チョコレート王のペトロ・ポロシェンコ氏が支持されたと思われます。



    クリミア戦争があった1853年は日本にとっても重要な年だったはず。
    そう,ペリーの黒船来航
    このクリミア戦争でロシアもヨーロッパもみんなクリミア地区に注目が集まっていたから,
    誰も日本を相手にしようと思っていなかったんだよね。
    そこにサッと目をつけて入りこんできたのがペリーの黒船来航。


    吉田松陰もクリミア戦争の影響を受けた人物の一人。
    長崎からの密航を計画していたが,
    クリミア戦争が始まってしまったためにロシア艦が予定より早く引き上げたため失敗
    その後,捕まって処刑された。



    天気予報ができたのもこの時期。
    フランス政府がこの戦争のために暴風雨の研究をパリ天文台に指示したのがきっかけ。



    ノーベル賞で有名なアルフレッド・ノーベルも関係している。
    ロシア軍の機雷設置,兵器開発などでかなり儲けた。
    そのため,「死の商人」と言われていた。



    アームストロング砲が開発されたのもこの時期。
    同時代の大砲に比べて軽量,装填が早い,楽,命中率が高いなど,
    圧倒的に優れた性能を持っていた。



    さらに女子高生に大人気のカーディガン
    クリミア戦争バラクラバの戦いの時に無謀な突撃をして大損害を出した事で有名なカーディガン伯爵が考案した服。
    彼は軽騎兵旅団673名を率いてロシア軍砲兵陣地に正面から突撃し,
    死傷者278名という大損害を出した。
    これは「無謀ではあるが勇敢である」と評価されていて,
    数多くの絵画や文学、音楽等の創作の題材となっている。



    疑問,その他,何でも気軽にメッセージをどうぞ(^^)/
    学習法指導塾PHI 切替

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    今後ともよろしくお願い致します♪

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    関連記事


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 時事ネタhot評論
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。