スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    選挙権が18歳からに変更!大人は子供に何を教えるべき?

    選挙権18歳からに変更されましたね。
    1945年に25歳から20歳へ変更されてから、実に70年ぶりの変更ですね。

    折角ですから,選挙権の変遷を見ていきましょう。


    まずはその内容の歴史から。

    ―――――――――――――――――――――――――

    1889年 直接国税15円以上納める25歳以上の男子

    1900年 直接国税10円以上納める25歳以上の男子

    1919年 直接国税3円以上納める25歳以上の男子

    1925年 25歳以上の男子(国税要件撤廃!

    1945年 20歳以上男女(現在までの制度)

    2015年 18歳以上の男女

    ―――――――――――――――――――――――――

    このように,高い税金を納めていた貴族のみが持っていた選挙権は,
    年齢は若く,そして男性だけではなく,女性にも選挙権を拡大してきました。

    この年齢については色々な理由を考えて決めたものですが,
    やはりちゃんと社会の仕組みを理解できる年齢になってからというところです。


    次に時代の流れも一緒に確認しておきましょう。

    ―――――――――――――――――――――――――

    1889年 直接国税15円以上納める25歳以上の男子
          同じ年に大日本帝国憲法が公布されています。
          大日本帝国憲法は伊藤博文がドイツのプロイセン憲法をもとに作成したもの。
          つまり,江戸時代が終わり,西洋に追いつくことを目指した中で決められたものです。

    1900年 直接国税10円以上納める25歳以上の男子
          この年に義和団事件が起きていますね。
          つまり,日清戦争の後,日露戦争の前に当たる年です。

    1919年 直接国税3円以上納める25歳以上の男子
          これはドイツが全ての植民地を失ったベルサイユ条約の年。
          つまり,第一次世界大戦の後で,関東大震災の前に当たります。
          この頃はまだ国税を納めている人が対象だったんですね。
          ちなみにこの頃の3円はまだまだ敷居が高く,
          国民の5%程度しかこの条件を満たしていなかったそうです。

    1925年 25歳以上の男子
          関東大震災の後,世界恐慌の前に当たる年です。
          この時に初めて納税要件が撤廃されました。
          これはやはりごく一部の人にしか選挙権が与えられない事により,
          国民からの批判が高まったためです。

    1945年 20歳以上の男女(現在までの制度)
          これは広島,長崎の原爆の年であり,終戦後に決まったものです。
          翌年の1946年には日本国憲法が公布されています。
          男女関係なく,国民が政治を決められる体制となりました。
          これで大体人口の50%程度の人たちが有権者となりました。

          なぜ50%なのか?
          それはこの時はまだ若い人たちの人数が多かったためです。

    2015年 18歳以上の男女

    ―――――――――――――――――――――――――

    さて,ここからが子供たちに考えて欲しい問題です。
    なぜ20歳だった選挙権んを18歳にしたのか?

    ヒントも書いておきましたので,もうお分かりになりましたか?



    有権者の年齢がどんどん高齢化に偏っている事と,
    若い世代の投票率が低く,高齢者に有利な政策ばかりできてしまうためです。

    この間の大阪都構想の投票もそうでしたが,
    高齢者による反対の投票が多く,それが勝敗を分けたと言われています。

    最も若い世代が投票に行かなかった事も大きな問題ですが,
    やはり選挙で勝つ事を考えると,政治家も年配者の顔色を窺った選挙活動をしなければならなくなるのが現状なようです。



    ここまで子供と色々と選挙について話す必要はありませんが,
    少しでも社会の仕組みについて触れる機会は持って欲しいなとは思います。

    それは,法律は18歳からとなりましたが,
    現状の社会科教育は18歳に適応させるような教育をしていないため
    です。

    そもそも今の教育は,選挙について概要を教えられるだけで,
    社会に興味を持って,自分たちが選ぶんだという感覚が欠如しています。
    せっかく18歳に引き下げられても,それでは投票率がますます下がるだけだと思うのです。

    社会に対する興味関心は学校で教えられるものではありません。
    やはり実際の生活を通して,家庭で話をする中で学んでいく事が多いのです。
    この話題を機に,子供たちと選挙や社会の仕組みについて,
    ちょっとでも話して,子供に考えさせるきっかけにしていけるといいのではないでしょうか。



    関連記事


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。