スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    入会率80%とも言われる体験授業をなぜPHIはやらないのか?

    とある子供が言っていました。


    先生,なんで体験授業やらないの?
    体験やった方が絶対沢山入るでしょ!」


    なんて経営感覚が鋭い子なんでしょう!
    卒業したらPHIに就職してね!(笑)


    PHI君

    とまぁそれはさておき,
    体験授業がとても重要な営業手法の1つであることは間違いないのです。
    実際体験を受けると80%以上の人はそのまま入会するというデータもあります。
    そのため,今や体験授業を実施していないはほぼないに等しいのではないでしょうか。
    私はコンサルを手掛けている関係で多くのを知っていますが,
    少なくとも私の知る限りありません。

    ではなぜそんなに重要な営業PHIではしないのでしょうか?
    せっかくなので,ちょっとお話ししたいと思います。



    まずPHIが一番に大切にしている事は何か,ということです。
    PHIが大切にしている理念は,

    『今通って下さっている方へ全力を注ぎたい。』

    ということです。


    体験授業は通常行っている授業に参加するだけだと思われるかも知れませんが,
    実はとんでもなく大変な営業なのです。

    授業時間はもちろん,授業前の営業準備も割と大変なのです。
    そして授業では初めてなので仲良くなるためにあの手この手を使い,
    気に入ってもらえるように様々な演出を施します。
    そして授業後には子供を誘導し,保護者へは締めの営業トーク

    私も散々やって来ましたが,
    どうしてもそれだけの手間暇をかけるなら,
    今目の前にいる生徒にやってあげたいことが沢山ある
    のです。
    それゆえ思い切って廃止してしまった。
    これが1つの大きな理由です。



    一応補足しておきますが,
    他の営業に力を入れて通っている生徒をおろそかにしているとは思っていません。
    根本的にシステムが異なるためPHIでは手間になるのです。


    通常のでは授業に力を入れていますが,
    PHIでは学習法指導(考えさせる授業)と分析に力を入れています。
    一般的な学校やで行うタイプの教える授業にはそこまで重点を置いていません。
    しかしPHIでは授業時間外での分析には多大な時間をかけているのです。


    例えば定期テストが終わった後の答案分析。
    これはどうして間違えたのか,どうすれば点にできたのか,
    など1問1問分析します。
    これが生徒にもよりますが,大体1人あたり2~3時間程度かかります。


    さらに通常行うチェックテストやノートも回収して,
    生徒が帰った後にチェックしていきます。
    生徒がいなくても,先生指導は終わらないのです。

    ここまでやるから,PHIにとってはどうしても体験授業は大きな負担になってしまうのです。



    次に,

    『自分を変えてでも勉強を頑張りたいと思っている子を教えたい。』

    という思いです。


    PHIが教えるのは勉強ではなく,勉強のやり方です。
    勉強は聞いてさえいれば学べますが,
    勉強のやり方は聞いているだけでは学べません。
    教えられた通り実際にやってみて,
    できるようになって,初めて身に着くものです。

    そのため,「ただに通えばいいや。」と思って通っている子と,
    「PHIで自分を変えよう!」と思って入ってくる子とでは雲泥の差となります。
    だから覚悟を決める前に体験してしまうより,
    覚悟を決めてから入塾して頂く方が子供のやる気も断然良いのです。
    入ってからその大変さを知っても逃げられませんから(笑)



    そして3つ目が,PHIの一番のウリは体験授業ではお伝えできないためです。

    体験授業を通して子供たちが感じて帰るのは,雰囲気とわかりやすさです。
    これはこれでとても大切な感覚だと思いますが,
    PHIの授業は何も知らない人たちにとっては,基本的にわかりにくいのです。
    なぜなら教えませんから(笑)

    体験授業をやって親が子供に「どうだった?」と聞いて,
    返って来る答えはおそらく

    「何も教えてくれなかった。。。」
    「よくわからなかった。」
    「難しすぎた。」


    でしょう。
    子供に考えさせるというのは,想像以上に難しいことなのです。
    だから同じ教育業界の人であっても,
    PHIの教え方を知りたいという方が多い
    のです。
    それをこれから塾に入るかどうか決めようとする子供に理解できるかどうか…

    だから入会して,そこでやっていくしかない状況にしてから学ぶ方がいいのです。



    実際子供たちがこのような事を話してくれました。

    「あー確かに。
    もし
    体験授業とか受けてたら私きっと入ってなかったもん。」

    「細かすぎるよねー。
    今でこそ当たり前になったけど,
    体験でこんなこと言われたら絶対来ないでしょ(笑)」

    「それに怖いし!
    追い詰められなきゃここまでできるようにならなかった
    と思う。」

    「自分で調べろとか,何のための塾だよって思ってたよ(笑)
    でも
    そうじゃなきゃ家で勉強なんてできるようになってなかったと思う。」

    「私は他の塾の体験にいくつか行ったけど,
    結局体験がないPHI選んじゃったしww
    やっぱり
    自分が変わらないと成績上がらないだろうなって思った。」



    そんなわけで,大変申し訳ないのですが,現在PHIでは体験授業は行っておりません。
    車や家をオーダーメイドで買う時は完成形は見ないまま買いますよね?
    PHIの指導もそれらと同じようなものです。
    子供を見ながら,子供に合わせた指導を1から考えていきますので,
    完成形をお見せしたくても見せられない
    のです。

    そのかわり,入会前に何度でも,
    納得のいくまで指導方針についてご相談に乗ります

    過去には5回,7回と面談をして入会をして下さった方もいらっしゃいました。
    PHIとしても,それだけお子様についてお話しして,
    納得して頂いてから入って頂けるので助かります。

    面談では勧誘をしておりません。
    お子様について,何が必要か,PHIではどういう事ができるのか,
    どういう事は出来ないのか,お子様に合った指導ができるかどうか,
    などをご相談致します。

    入って頂くための営業ではなく,
    出来ること,できない事をしっかりお話しして,
    ご家庭でゆっくり考えて結論を出して頂く
    ようにお願いしています。


    また,学習法のアドバイスも,
    面談では包み隠さずお話し
    致しております。

    体験授業を受けられない代わりに,
    この入会前の面談はしっかりと行わせて頂きますので,
    ご理解頂ければ幸いです。



    最後に,これは検討中のことではありますが,
    子供たちが考える楽しさを知るためのきっかけを与えるセミナー
    をやってみようかなと考えております。
    いわゆる一般的な体験授業ではありませんが,
    実際の指導のモデル化したものを見て,感じて頂ければと考えています。

    いつものペースでペラペラ話してしまうと,
    また子供たちに「敵に塩を送ってる!」
    って怒られてしまうので,まだ検討中ですが(笑)
    そして今,子供たちに書いてほしいと言われている記事をどうするべきか悩んでいます(^^;)

    ではでは,またチェックに戻るので今日はこの辺で(^^)/



    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    コメント,メッセージもお待ちしております(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村




    関連記事


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。