スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    福島第一原発脇の常磐自動車道を通って見ました。

    出張ついでにちょっと常磐自動車道を通ったのでその時の様子をお話してみようかと。

    常磐自動車道といえば福島第一原発の脇を通っている高速道路ですが、やはり原発が近づくにつれて様子が違ってきました。


    まず、通れば誰でも気付ける違いは放射線量の掲示があること。
    4年も経って次第に感覚が薄れてきた放射線量。
    福島に入ったばかりの最初の放射線量の掲示は0.2マイクロシーベルトでした。

    それが福島第一原発に近づくに連れて放射線量は上がっていき、原発に一番近い浪江町付近での掲示は4.5マイクロシーベルト。

    こうハッキリと数字で掲示がされていると、やはり原発から放射線が漏れている事を実感させられます。
    写真をお見せできればと思い撮りたかったのですが、さすがに運転中に撮るわけにもいかず、残念ながらありません。



    そしてカーナビ。

    今回は車に標準でついている、5年ほど前のカーナビの地図と、最新地図となっているヤフーカーナビの地図とを同時平行で表示させながら走っていました。


    古いカーナビには載っている道が全くなく、明かりは何も見えません。
    唯一見える明かりは原発の方向の明かりだけ。
    真夜中に通ったので道そのものを見ることは出来ませんでしたが、おそらくまだまだ当時の状況とあまり変わらない現状があるのでしょう。


    仙台に近づくに連れて次第に道路の明かりも見えてきましたが、それでもそれ以上の明かりは何も見えません。
    ただただ道路の軌跡だけがくっきりと浮かび上がる光景。
    走る車も、その先に通じるはずの人々の生活の明かりはありません。
    夜景ではなく、星空の中を走っているような無機質な光景。



    サービスエリアも全くありませんでした。
    確かならはパーキングエリアから南相馬鹿島サービスエリアまでの約50キロ。
    ただただ出口と入口が時々ある高速道路が続きます。
    見た限り、この南相馬鹿島サービスエリアがおそらく福島県内唯一のサービスエリアであり、ガソリンスタンドがあるところでしょう。
    通常、ガソリンが足りなくて警告ランプが点灯してからでも間に合うように配置されているガソリンの補給が、ここ福島の常磐自動車道では通用しないかもしれません。


    福島の復興はまだまだ時間がかかりそうです。
    みなさんの生活が早く元に戻りますように。




    関連記事


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。