スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    2015年10月21日の未来を描いた物語

    2015年10月21日16時29分。

    わかる人にはわかるこの時間。
    バックトゥーザフューチャーという三部作の映画で、
    過去から30年後の未来に来たその到着日時が今日のこの時間でした。
    そろそろマーティーが30年前の過去から来た頃ですね。


    という事で、当時映画で設定されていた未来が現実にどうなっているのかをサクッと見てみましょう(^^)



    ・空飛ぶ車

    無くはないみたいですが、その辺を普通には飛んでいませんね。


    ・秒単位の天気予報

    秒単位とまてまではいかないまでも、分単位での予報は実現しつつあるようです。


    ・ホバーボード

    地面から浮いているスケボーのようなもの。
    車を作っているあのレクサスが見事作り上げたようです。
    まだ今年出来たばかりなようで、市販もされてませんけどね(笑)


    ・タイムマシン

    映画の描写でもまだドクしか作るのに成功していなさそうです。
    そして現実にもまだまだ。


    ・画面から飛び出る立体映像

    3Dメガネをかけなければならないとはいえ、
    普通に映画や家庭用テレビでも立体映像が楽しめるようになりました。
    また、メガネをかけなくても3Dに見える画面はニンテンドウのゲーム機、
    3DSなどで実用化されています。
    ま、映画で出てた程ダイナミックには飛だして来ませんけど(笑)


    ・すぐに乾く服

    形は違えど、乾きやすい服は実用化されていますね。


    ・自動で体にフィットする服

    これはまだのようですが、いずれ出来てもおかしくなさそうな雰囲気です。


    ・ばらまかれたLD

    LD事態を知らない人も多いのではないでしょうか。
    たしか2000年頃には消えて,DVDに置き換わったものです。
    録画もできなかったので,家庭で録画するためにはVHSが使われていましたね。
    という事は,これは映画の時代背景の技術よりもはるかに先行していそうですね。



    サクッと思い付くままに書いてみましたが、どうでしょうか?
    そのままとはいかないまでも、割と現実にも出来そうなものもありますよね。


    私は25年前のニュートンという雑誌を持っているのですが,
    ここに20年後の未来の世界について,
    何が実現しているかという予想を書いてありました。


    そこに書かれている未来は,実現しているものと実現していない物が半々
    その半分の実現されていないものの現在を調べて見た事があるのですが,
    ほとんどが費用面から研究や開発が中断されていました。
    まぁこの雑誌が発刊された当時は世界的にも景気がいい時代でしたからね(笑)
    その後だれがあんな世界的大不況が来ると予想したことか。
    研究と開発にはやはり莫大な費用がかかるということでしょう。


    もちろん研究が間違った方向に進んでいる事がわかり,
    中断された研究
    もありました。
    いずれにせよ夢見た未来が着実に現実のものになっていっています。

    思えば今の子供たちは電話はスマートフォンや携帯電話が当たり前で,
    ダイヤル式の電話の使い方を知っている子もいるくらいです。
    テレホンカードを知らない子もいます。
    テレビも薄いのが当たり前で,ブラウン管というものを知っている子も少なくなりました。
    ヒートテックも初めて来た時は驚きましたね。
    今ではヒートテック的な技術は普通に衣類に導入されており,
    冬も大分楽に過ごせるようになりました。
    ジェネレーションギャップというやつですね。



    これらのものはみんな想像する事から実現してきました。
    こんなのがあったらいいな,あんなのがあったらいいなという所から生まれています。
    子供じみた発想から生まれたものも多々あります。

    ま,要するに子供想像力や発想力をバカにせずに鍛えてあげましょうということです。
    今はバカみたいな事に聞こえる事も,
    話していくうちに次第に現実へと姿を変えていくものです。
    昔の人が無理だと言ってきた事を,
    次の世代の人々が実現して技術は発展しています。

    最近子供たちから
    「無理」
    とか
    「できない」
    といった言葉をよく聞くようになってきたので書いてみました。

    これらの言葉をどこから覚えて来たのかは分かりませんが,
    その原因の多くに周りのいる大人たちによる影響があると思います。
    子供たちは大人と違って考え方が柔軟ですから,
    大人たちの偏見で子供たちの想像する未来に制限をかけないようにしたいものですね(^^)






    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    コメント,メッセージもお待ちしております(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村





    関連記事


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 中学受験
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。