スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    漢字や単語練習のさせ方と間違った練習法

    このところ面談続きで色々な相談が舞い込んできます。
    そんな中よく見かける漢字や単語の覚え方についてお話し致します。


    漢字の覚え間違え



    漢字や単語と言いますと,子供は

    「どうやって覚えればいいかわからないんですけど…」

    と質問してくるのに対して,
    保護者の方が

    「こんなのは書いて覚えるしかありませんよね,先生。」

    というようなお話をしている場面をよく伺います。

    確かに漢字や単語は覚えるしかありません。
    しかし,覚え方を工夫しないとただの作業になってしまうのです。



    例えばよくあるケースが漢字練習帳や単語練習帳。

    学校やご家庭で作られているケースが多いのですが,
    ただ,

    「漢字を何回書いて練習しなさい!」

    と指示しても,それは作業でしかなくなってしまう可能性が高いのです。
    漢字の練習がわからないと言っているならば,
    やはり効果的な漢字の覚え方を具体的に指示してあげるべきでしょう。

    漢字の覚え方だけとっても様々な覚え方があるのですが,
    ここではよくあるケースに対応するための方法を2つ紹介致します。


    漢字の練習に15分以上時間をかけないこと。
    同じ漢字を5回以上連続で書かないこと。



    以上!
    簡単でしょ?(笑)

    例えば学校の宿題で,1つの漢字につき10個練習してきなさい,
    と言われたとします。
    この場合もこのルールを守らせます。
    すると子供は最高5回までしか書けないため,
    最低でも2回に分けて練習することになる
    のです。

    そして15分縛り。
    これにより,まとめて一気に練習してしまうという「作業」を防止することができます。


    この2つの禁止事項を徹底するだけで,
    必然的に覚えやすい練習法,すなわち

    ・何回かに分けて練習する。
    ・短い時間で練習する。


    を実践できるんですね。
    簡単にできるので,
    是非みなさんもやって見て下さい(^^)/




    PHIの募集状況に関してはこちらをご覧ください(^^)/

    PHI 蘇我若草教室の募集に関して



    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    コメント,メッセージもお待ちしております(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村




    関連記事


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。