スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    褒めて伸ばすか、叱って伸ばすか。

    褒め教育するのと叱って教育するのはどちらの方がいいか。
    色々な意見や話がありますが、結論は出ていません。
    いや、結論が出ないといった方が正しいでしょう。
    なぜなら、誰に、何を目的として、どういう教育を施すかによって、
    どちらの方がいいかは変わってきてしまうからです。

    例えば自衛隊。
    もし自衛隊の訓練が褒めて伸ばす教育だとどうなるでしょう?

    ・朝の起床で起きられない
      「まぁそういう時もあるよね。」

    ・持久力がない
      「んーもうちょっと練習しておこうか」

    ・集合時間に遅刻する
      「今度から気を付けて。」

    ・訓練ノルマを達成できない
      「まず1回は命中させられるようにしようか。」

    どうですか?
    こんな自衛隊に国の防衛を任せられないですよね?(笑)

    では逆に考えてみましょう。
    幼稚園児に指導するときに、このような指導はいかがでしょう?

    ・おもらしをしてしまった時
      「おもらしするなって何度言えばわかるの!」

    ・足が遅い子に
      「100m10秒以内で走れるまで練習してこい!」

    ・ピーマンが食べられない子に
      「好き嫌いするな!食べなさい!」

    ・本を読ませるために
      「マンガじゃなくて伝記読みなさい!」


    どうでしょう?
    大半の人は「これは難しい要求をしているなー」と感じるのではないでしょうか?
    実際この要求は幼稚園児には厳しく、しつけになっていないのです。
    理由は教育の適齢期」に達していないためです。
    つまりこの教育が通用する年齢に達していないという事ですね。

    幼少期のおもらしは生理的なものですし、
    足が遅いのは発達の違いのせい。
    食べ物の好き嫌いも本能的なものによることが大きく、
    活字を覚えたばかりの子に伝記は読めないし理解もできません。



    では次のような場合、どのように指導しますか?
    多くの方がこのような指導していませんか?

    ・朝自分じゃ起きられないとき
      「早く起きなさい!遅刻するわよ!」

    ・携帯やゲームばかりやっているとき
      「いつまでやってるの!いい加減勉強しなさい!」

    ・門限を守らず帰って来なかったとき
      「6時には帰って来いって言ったでしょ!」

    ・テストで点が悪かったとき
      「勉強しないからこんな点を取るんでしょ!」


    勘のいい方ならお分かりだと思いますが、
    これ、全部「教育の適齢期に合っていない指導なのです(笑)

    「もう中学生なんだし、これぐらいできて当然でしょ?」
    という方も多いと思いますが、合っていないものは合っていないのです。
    年齢ではなく、精神年齢の問題です。
    もし中学生なんだからできて当たり前と思う事が出来ていないとすれば、
    それは「中学生になるにもかかわらず、それすらできるように育ててこなかった親のせい」です。

    別に責任を感じなさいとか反省しなさいとか、そういうことを言いたいわけではありません。
    そうではなく、
    「年齢不相応な過剰な期待はせず、精神年齢で見て適齢期に合わせた教育をしてあげてください」
    という事です。

    では試してみましょう。
    自分のお子様だという考えは捨てて下さい。
    誰かご友人のお子様を想像するのがやりやすいでしょう。
    そして年齢を3歳ぐらい低く見積もって先ほどの例に対応してみましょう。



    ・朝自分じゃ起きられないとき
      「朝ですよー。今日は○○君と遊ぶ約束してるんでしょ?」

    ・携帯やゲームばかりやっているとき
      「そろそろやめてお母さんのお手伝いしてね。」

    ・門限を守らず帰って来なかったとき
      「6時に帰って来るって約束したよね?どこ行ってたの?」

    ・テストで点が悪かったとき
      「次はちゃんと勉強して行こうね。」




    上記はあくまで考え方の例です。
    正しい対応の例ではありませんのでご了承ください。
    今回注目して欲しいのは、対応の仕方ではなく、対応が優しくなっていることです。

    つまり、子どもが小さければ小さいほど優しく対応できるという事なんです。
    言い換えれば、普段から叱って接している親は、子どもに自分の理想を押し付けて教育していることになります。
    それがいけないとは言いませんが、結果的に年齢不相応な教育をしていることになるんですね。


    さて、話を戻しましょう。
    子どもを教育する場合、褒める教育と叱る教育、どちらが適切か。
    最初に申し上げた通り、誰にでも当てはまる答えはないのですが、
    一般的には「褒める教育があっている」という事になります。

    理由は「子どもの年齢が小さい方が優しく接している」
    という事です。
    赤ちゃんまで年齢を下げれば、大体の方が褒めることが多くなるでしょう。
    それが大人の理想と段々離れてきて叱る事が多くなってきただけです。
    つまり、理想とのギャップを無視して指導すれば、褒める方が自然という事です。



    では先ほどの例に褒めて対応するとはどうする事か。

    ・朝自分じゃ起きられないとき
      ⇒早く起きた時に褒める

    ・携帯やゲームばかりやっているとき
      ⇒自分でやめた時に褒める

    ・門限を守らず帰って来なかったとき
      ⇒門限を守って帰ってきたときに褒める

    ・テストで点が悪かったとき
      ⇒いい点を取ってきたときに褒める


    簡単でしょ?(笑)
    ハッキリ言いますが、今の時点で親が当たり前と思う事を出来ていないのは、
    できた時に褒めて来なかったせいです。
    褒められなかったので何が正しいのかちゃんと認識できなくなったせいです。

    「そんな褒めるような事は一度もして来なかった!」
    とおっしゃる方もいらっしゃいますが、
    一度もないなんてことはほとんどなく、
    単に褒めるチャンスを見逃してきただけです。
    もし本当になかったのだとしたら、褒めるチャンスを与えなかったのも親です。

    子どもを変えたいと思ったら、変えたいと思う行動をしたときに見逃さず、
    すかさず褒めて
    あげて下さい。
    もしその行動を取らないというのなら、きっかけとなるチャンスをどんどん作ってあげて下さい。
    環境を変えるというのもその一つです。
    待っているのではなく、チャンスを作ってあげて下さい。
    多くの場合、その行動で褒められる事が多くなれば次第に自然と親の理想に近づいていきます。



    さて、こう書いてしまうと「叱るのが悪」みたいな気がしますが、そうではありません。
    叱るのも非常に重要な教育の一つです。

    というのもですね、褒めて伸ばす方法には最大の欠点があるんですよ。
    それは「時間がかかる」という事です。

    例えば受験生などはそうですね。
    受験は期限が決まっていますし、緊張感の中で戦わなければなりません。
    にもかかわらずのんびりと褒めて育てようなどとしていると、
    受験に間に合わず落ちてしまう事にもなりかねません。

    でもですね、叱って伸ばすのは実は褒めて伸ばすよりも難しいのです。
    叱っても聞いてくれない、変わらないというのはこの典型的な例で、
    叱って伸ばすやり方がわかってないのです。
    これでは子どもにとっては怒ってるのと一緒なんですね。



    非常に難しいのでザックリと書きます。
    叱るために絶対必要なのは「尊敬と信頼」です。
    これがない状態で叱っても「うるさいなー!」となります。
    「親を尊敬しているか?」と子どもに聞いて
    「いや…」と答える子の場合、まず親が叱っても改善しないと思って間違いない
    でしょう。

    次にタイミングです。
    叱るのはいつでもいいというわけではありません。
    やってはいけないことをしたらそのタイミングで叱らないと効果がありません。

    また叱りです。
    ガツンと叱った方がいいのか、
    説得するように叱った方がいいのか、
    これはその子の状況と性格に合わせる必要があります。

    最後に、叱るデッドラインがハッキリわかるようにする事。

    これをやったら叱られる!
    という明確な基準が子どもに伝わらないと、結局うやむやにされてしまうのです。
    つまり、叱るときの明確な基準が必要という事です。
    もし叱るときは、必ず明確な基準を持って、
    「あなたはこのやってはいけないラインを越えたから叱られてるんだよ」
    という事がハッキリ伝わるようにして下さい。
    よくありがちな、他の事も一緒に混ぜてしかったり、兄弟や周りの友達の話を出して来たりするのは逆効果です。
    基準がボケるので。



    ザックリとでしたが、褒める方がいいか、叱る方がいいかの区別はついたでしょうか?
    どちらがいいかは状況に合わせて変える必要があるという事です。
    そして褒め方、叱り方にはやり方があり、
    そのやり方を外してしまうと効果が薄れるという事です。

    褒め方、叱り方に関してもっと具体的な例は今後話して行こうと思います。
    それでは今回はこの辺で失礼します。
    コメント,相談もお待ちしております(^^)/

    学習法指導塾PHI 切替

    ↓ポチっと応援お願い致します(^o^)
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
    関連記事


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。