スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    自衛隊って何?憲法第9条で戦争の放棄を掲げてるのに何であるの?

    全国あちこちに基地があるので見た事がある人も多いでしょう。
    迷彩柄のジープやトラック。
    灰色で包まれた飛行機や船。

    陸上自衛隊の富士総合火力演習を見た事が人なら,
    あれは軍隊以外何物でもない組織だと思う事でしょう。

    ところで小中学校で誰もがならう日本国憲法
    日本は第9条で戦争の放棄を掲げています。
    戦争を放棄した日本がなぜ自衛隊という軍隊そのものの組織を持っているんですかね?



    話は第二次世界大戦の終戦までさかのぼります。

    まずは大雑把な流れを確認します。

    1945年8月 ポツダム宣言受諾 ⇒ 戦争終結

    1946年11月3日 日本国憲法 公布 ⇒ 憲法第9条に戦争の放棄を記載

    1947年5月3日 日本国憲法 施行 ⇒ 日本国憲法が効力を有した日

    1950年 朝鮮戦争勃発!

    軍隊がない日本は巻き込まれたらヤバい!!!でも軍隊は持てない…どうしよう…

    そうだ!あくまで警察という事にしよう!⇒警察予備隊発足

    1954年 自衛隊法・防衛庁設置法制定 ⇒ 現在の自衛隊の形に組織を再編。






    1946年 日本国憲法の公布。
    この時点では日本やアメリカはこれで戦争がなくなると思っていた訳です。
    「もう二度と戦争をしちゃいけない!」
    そういう思いで日本国憲法を制定
    したのです。



    ところが,1950年 朝鮮戦争が勃発。
    この朝鮮戦争は第二次世界大戦の時に日本が占領していた事に端を発します。

    戦争が終結した1945年,日本は占領していた朝鮮の統治権を放棄する事になりました。
    この時にアメリカとソ連が朝鮮半島を38度線で分断する事に決めました。
    実はこの38度線,根拠はあるとはいえ,30分程度の話し合いだけで勝手にパパッと決めちゃったものです。

    なぜ1つにまとめずに2つに分けたのかというと,
    終戦直後までソ連と日本は領土の奪い合いをしていたんですね。
    朝鮮半島もその1つでした。
    実際ソ連は日本はポツダム宣言受諾後も数日に渡って侵略しています。
    北方領土もその1つですよね。
    日本がポツダム宣言受諾後に占領されています。

    つまり,朝鮮半島は,日本がポツダム宣言を受諾後にも侵攻してくるソ連に対して,
    アメリカが「もうおしまい!ここまでにしよう!」
    とソ連に掛け合って,38度線で分けたために2つに分断された
    のです。
    結果,ソ連側が現在の北朝鮮,アメリカ側が韓国となりました。



    さて,そんなこんなで決められた38度線。
    守られる訳もなく,韓国と北朝鮮は戦争に突入していきます。
    それが1950年 朝鮮戦争です。

    この戦争が始まった時は,中国からの援助を受けていた北朝鮮側が有利でした。
    それゆえ,北朝鮮は武力により朝鮮半島を統一しようとして韓国に攻め入りました。
    つまり,どちらかというと韓国が負ける可能性が高かった訳です。
    もし韓国が負けたらどうなるか?
    次は日本にまで戦争をしかけてくる可能性も十分考えられました。
    そこでGHQのマッカーサーは日本にある指令を出します。



    1950年 警察予備隊の発足



    1947年の時点で日本国憲法を施行した日本は,その憲法の第9条に戦争の放棄をかかげ,
    軍隊を持たない事を明言していました。
    よっていくら朝鮮戦争に巻き込まれるかも知れないからといって,
    軍隊を持つ事は作った憲法にいきなり違反する
    ことになる。
    そこで考えられた方法が,

    「あくまで警察(治安維持)の延長である!
    軍隊(敵国占領目的)ではない!」


    という名目のもと,実質軍隊と同等の武力を持ちながらも,警察予備隊としました。
    そのため,募集もあくまで「警察」として行われ,軍人としての募集は行われていません。
    もうお分かりだと思いますが,この警察予備隊が後の自衛隊へとなります。



    自衛隊になるまでの流れを詳しく話しておきたい所ですが,
    今回は割愛し,流れだけ話しますね。

    第二次世界大戦で実質権力を持っていた旧帝国海軍は,海上保安庁(現国土交通省管轄)となり海上警備隊に。
    その後は警備隊(現防衛省管轄)へと分離して再編。
    1954年に自衛隊法が出来てからは海上自衛隊として組織された。
    海上自衛隊の旗が昔ながらの旭日旗(きょくじつき)なのはこのためです。

    募集されて新たに出来た警察予備隊保安隊に改組。
    自衛隊法が出来てからは陸上自衛隊となっています。

    航空自衛隊は自衛隊法により新たに組織されました。
    こうして日本は陸上自衛隊,海上自衛隊,航空自衛隊を持つ事になったんですね。



    なお,ドラマ「海猿」で有名な白のベースに青いロゴの船は海上保安庁(Japan Coast Guard)であり,管轄は国土交通省
    こちらは明確に軍隊ではなく警察であると明言している組織で,軍事行動は一切行いません
    それゆえ尖閣諸島問題などで中国船とやり合う時も,相手をするのはあくまで民間船,民間人のみ!
    中国軍管轄の船,飛行機には絶対に手を出さない。
    軍としての活動が必要だと判断された場合は海上自衛隊(防衛省管轄)が動く事になります。

    ニュースなどで映像が流れる事も多くなってきていますので,
    何かの折に触れられるといいですね(^^)/


    学習法指導塾PHI 切替



    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    コメント,メッセージもお待ちしております(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    《関連記事》
    憲法第9条の改正,集団的自衛権とは何か?




    関連記事


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 時事ネタhot評論
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。