スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    先生とは何か?-「”hu”って”間”って意味なんですか?」

    これは先生それぞれが様々なポリシーを持って指導にあたっていますから,
    正解などありません。

    強いて言うならば,
    賛同してくれる方がいれば,
    その方にとってはその先生考え方が正解となるでしょう。

    今回はあくまで一般論とPHIの指導方針についてお話します。



    あなたは「先生」とはどんな人の事を指すと思いますか?

    国語辞典にはこうあります。

    1 学問や技術・芸能を教える。特に、学校の教師。また、自分が教えを受けている人。師。師匠。
    2 教師・師匠・医師・代議士など学識のある人や指導的立場にある人を敬っていう語。呼びかけるときなどに代名詞的に、また人名に付けて敬称としても用いる。
    しみやからかいの意を含めて他人をよぶこと。
    4 自分より先に生まれた人。年長者。



    漢字の意味を考えるとやはり
    4 自分より先に生まれた人。年長者。
    これが先生の語源でしょう。
    つまり,本来先生とは年齢が上の人の事であり,
    年上であれば年下の人にとっては誰でも先生になりうると言う事です。

    最近は何でもかんでも学校の先生に責任を押し付けるような風潮もあるようですが,
    本来の意味で考えれば,とて先生なのです。
    いや,こそ先生と言うべきかもしれません。



    さて,ではの先生と言うとどのようなイメージでしょうか?

    多くの方が子供教える仕事」考えている事と思います。
    実際私の友人にも先生は多くいますが,
    ほとんどの方が教えるのが仕事だと考えているようです。



    ではの先生とは何か?の前に,教える」とは何でしょう?
    これも語源を考えてみましょう。



    この「教える」という漢字。
    元々は「子を鞭で叩く」という所に由来しています。
    教える」という漢字の左下に「子」という漢字が入っていますよね?
    右側は鞭で叩いている様子が変形してできたものです。
    「子」の上の土にスラッシュが入ったような部分は,
    元々×が縦に並んでいるもので,「学校」を意味しています。
    「学」という字は旧字体で「學」と書き,真ん中に×が二つ縦に並んで入っていますよね?
    この×二つは木造校舎の骨組みをイメージしています。

    よって,「校舎で子供を鞭で叩いて教える」
    これが教えるの語源となったイメージなのです。
    今これをやったら体罰で一発アウトですけどね(笑)



    ようは何が言いたいのかと言いますと,
    「教える」の意味が時代に合わせて変わってきているのと同様に,
    「先生」の意味も時代に合わせて変わっている
    と言う事です。

    今の意味での「先生」や「教える」はどうなってきているのかと言いますと,
    時代の流れ,文部科学省の方針から考えると
    「考えるを身につけさせる」
    という方針に変わってきていると考えられます。

    これは私の意見ではなく,
    世界的に見てもこの流れは明らかであり,
    誰もが言っている事です。

    テストはもちろん,中高一貫の問題を見てもそれは明らかであり,
    ただパターンに当てはめて解くだけの一昔前の問題は減りつつあります。
    「答えがひとつではない入試」
    これが増えてきたといえばイメージしやすいでしょうか?
    ただ解法を覚えて解くのではなく,
    自分で解法を考えて道筋を立てて解く必要が出てきました。



    こういう話をすると「学歴社会の入試では解法を覚える勉強も必要!」
    という方もいらっしゃるのですが,
    その学歴社会のトップに君臨する東大の入試は昔からそんな感じです。
    そりゃ学歴社会がなくなるとは私も思ってはいません。
    しかし学歴で人生が決まるとも思っていません。

    今は東大に行ったから安心とか幸せとか,そういう時代ではありません。
    東大なんか行かなくても幸せを感じている人はたくさんいます。
    この「幸せを感じる生き方」こそが,
    よく世間で騒がれているゆとり教育が目指した本当の姿であったはずです。
    その方針とやり方には問題点が多数ありましたが…(^^;)



    さて本題に戻ります。
    今の時代で先生というとどういう人の事を指すのか?

    先ほども申し上げたように答えは様々ですが,
    我々PHIが考えている先生とは,
    子供に教える人」ではなく,
    子供に考えさせる人」だと考えています。

    いくら一般的にいう教えるのがうまい人でも,
    考えさせる事が出来なければ教えた事にならない。
    これがPHIの考え方です。

    だからどんな些細な疑問でも大切にします。
    すっごくくだらない質問でも子供と一緒になって真剣に考えます。
    昨日も一つ面白い疑問がありました。



    「”hu”って”間”って意味なんですか?」

    最初聞いた時は「は?」と思いました。(笑)
    彼の考えた理論はこうです。

    human = 人間
    man = 人
    human-man=hu=間



    まさか英語で方程式をやられるとは思ってもいませんでした(笑)
    受験という一つの枠組みにあてはめてしまえば
    「バカな事言ってんじゃないよ!」
    で終わりなんですが,こういうくだらない事を子供と一緒になって真剣に考えるのがPHI!
    だってすごいじゃないですか,こういう子供の発想

    昨日も真剣に論議しましたよ。

    「じゃあウルトラマンはどうか?」
    「ウルトラマンはそれでひとつの名前なんじゃね?ウルトラ太郎とかいるし。」
    「じゃあスパイダーマンはもし女性だったらスパイダーウーマンなのか?」
    「なんでキャリアウーマンはあるのにキャリアマンって言わないんだろう?」


    出てくる出てくる(笑)
    この子はそんなに学が高くない子です。
    でもこの話をして考えてる時は真剣なんですよね。
    もちろん我々も茶化さずに真剣に聞いているからという事もありますが。



    PHIでは子供が質問できないという話は聞きません。
    こういうくだらない質問でも真剣に考えるから,
    子供としても安心して質問出来ると言う空気が生まれている
    のだと思います。
    アンケートを見ると

    質問しやすい。」
    「どんな事でも一緒に考えてくれるから楽しい。」
    質問しても怒られないから安心して聞ける。」


    と言った答えが多くあります。
    子供って意外と臆病なんですよ。
    「質問してバカにされたらどうしよう」とか色々考えちゃうんです。



    さて,最後にまとめです。
    PHIの方針がメインとなってしまいましたが,
    これは何もPHIに通っていなければ出来ない事ではありません。
    先にも話した通り,
    先生とは先に生まれていれば先生なのです。
    でも先輩でも。

    そして今の時代求められている「教える」というのは
    「子供に考えさせる事」
    です。
    これは誰でも出来ますよね?
    もし今のPHIの考え方に賛同して頂けるのでしたら,
    ぜひこれを実践して見て下さい。
    となるとついつい自分の意見や考えを子供に押し付けがちですが,
    この「考えさせる」という事を意識するだけで,
    子供はグッと変わってきます。


    ぜひやってみて下さいね(^^)/



    学習法指導PHI 切替

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    コメント,メッセージもお待ちしております(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    関連記事


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。