スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村




    「どうして子供は勉強してないのにしたと言い張るの?」

    全く勉強している様子がない子供
    でも勉強したの?」と聞くと
    「した!」と。
    でも実際はやってない。
    先生にも宿題はやってないと言われる。


    どうして子供勉強してないのにしたと言い張るのでしょう?
    今日はその謎についてお答えします。



    ズバリと子の意識のズレが関係しています。

    が考える勉強とは、結果が出る勉強を指す事が多いはずです。
    しかし子供の考える勉強とは、
    指示されたページやプリントをやっておく事が勉強なのです。
    答えを写そうが何だろうが、言われた物が埋まっていれば勉強した事になってしまうのです。
    自分が子供の時の事を考えると経験ありませんか?(笑)



    子供の勉強に対する意識は次の5段階にわけられます。

    レベル1:指示されたページやプリントを埋めるだけ
    レベル2:丸付けをする。答えを書く
    レベル3:解説を写す
    レベル4:自分は何がわかっていなかったか考える
    レベル5:ちゃんと理解したか確認する



    小学生はほとんどの子がレベル1(指示されたページやプリントが埋めるだけ)です。
    このレベルの子はすぐに「勉強終わった!」と言うのでわかりやすいでしょう。

    小学生でもそこそこ意識が高い子、中学生ぐらいになるとレベル2(丸付けをする。答えを書く)になります。
    相変わらず「勉強終わった!」と言うのが早いのでこれもすぐわかります(笑)

    レベル3(解説を写す)ぐらいになるとある程度勉強量と成績が連動してきます。
    時間ばかりかけて成績になかなか反映されないのもこのレベルの子が多い。
    学年が上がるに連れてやる事も多くなりますからね。
    時間数が増えないと成績も伸びないのです。

    レベル4(自分は何がわかっていなかったか考える)ぐらいの子になると要領がよくなります
    要領がいいというか、最低限やるべき事をちゃんとわかってるだけなんですけどね(笑)
    このレベルになると勉強時間を増やすだけで成績が上がったりしやすくなります

    レベル5、ちゃんと理解しているか確認する所まで自分で出来る子は放っておいても成績は心配ないでしょう。
    考えるクセがちゃんとついているので、やればやるだけ身になっていきます。
    受験に間に合うかどうか、それだけです。



    子供と勉強の話をする時にはどのレベルにいるのかは認識しておいた方がいいでしょう。
    どのレベルにいるのかによって対応の仕方が異なります。
    子供のレベルに合わせて話をしないとまず聞いてくれません。
    そしてこのレベルを口で言ってわからせるのも容易ではありません。
    これこそ学校や塾の先生にしっかりと相談すべきです。

    勉強しなさいって言わなくて済むように頑張って下さいね(^^)/

    学習法指導塾PHI 切替

    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    コメント,メッセージもお待ちしております(^o^)

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村



    1
    宿題 出す先生、出さない先生―一人ひとりを伸ばすために
    ¥ 1,512

    2
    子どもの力を引き出す自主学習ノートの作り方 (ナツメ社教育書BOOKS)
    ¥ 1,944

    3
    自主学習ノートへの挑戦
    ¥ 1,836



    関連記事


    いつもランキング投票のクリックありがとうございます!
    非常に喜んで次も頑張ります(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

    ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村


    テーマ : 子育て・教育
    ジャンル : 学校・教育



    コメントの投稿

    非公開コメント

    カレンダー
    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    学習法指導塾PHI

    Author:学習法指導塾PHI
    子供のWhy?「なぜ?」を大切にし,
    勉強法をゼロから教える。
    「子供の変化が目で見てわかる」
    と大好評のPHI(ファイ)ならではの学習法指導をぜひご覧ください。
    コメント,相談はお気軽にどうぞ(^^)/

    リンク
    最新記事
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    バナー
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    最新コメント
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    本の紹介
    お勧め商品
    Googleサイト紹介
    ブログ村ランキング
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。